青柳いづみこのおすすめランキング

青柳いづみこのおすすめランキングのアイテム一覧

青柳いづみこのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『指先から感じる ドビュッシー』や『ショパンに飽きたら、ミステリー (創元ライブラリ)』や『どこまでがドビュッシー?――楽譜の向こう側』など青柳いづみこの全58作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

指先から感じる ドビュッシー

29
3.64
青柳いづみこ 2009年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

写真や楽譜を使ってドビュッシーの音楽をどう弾いていくか解説した本。ピアノ弾けないので作曲の背景とか文化を中心に読みましたが、CD聞きながら該当箇所を読んだ... もっと読む

ショパンに飽きたら、ミステリー (創元ライブラリ)

27
2.89
青柳いづみこ 2000年11月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ピアニストの視点から推理小説を語っているところが、視点が新しくておもしろかった。ただ、背景になっている推理小説をほとんど読んだことがないので、いまいち、... もっと読む

どこまでがドビュッシー?――楽譜の向こう側

27
2.83
青柳いづみこ 2014年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドビュッシー弾きとして読む価値ありだった。素人趣味のピアノ弾きには難しい面もあり。引用元とか紹介されてるものも調べて、また繰り返して読まないと理解ができる... もっと読む

無邪気と悪魔は紙一重 (文春文庫)

24
3.33
青柳いづみこ 2010年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ファム・ファタル(宿命の女) オペラの稿は面白かったが、文学はマイナーすぎて理解しがたかった。 もっと読む

我が偏愛のピアニスト (中公文庫)

24
3.50
青柳いづみこ 2014年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ピアニスト青柳いづみこによる、ピアニストとの対談をもとにしたエッセイ。  同業者が同業者を語るというのは、ちょっとなくてそれだけで新鮮。  かっ... もっと読む

音楽と文学の対位法

20
3.30
青柳いづみこ 2006年9月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

名前負け。数ページ面白いところもあったが。 もっと読む

我が偏愛のピアニスト

20
3.75
青柳いづみこ 2010年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本にとどまらず海外でも活躍する10人のピアニストについて。 ピアニストは今私の中で最も興味深い人種のひとつなんだけど、この本では更に青柳いづみこさ... もっと読む

青柳いづみこのMERDE! 日記

20
3.75
青柳いづみこ 2015年3月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ブログの単行本化。 字数制限がないから?すごい量の文章なんですけどーさ雑誌掲載等のエッセイも書きたいだけ書いてから字数制限にあわせて削る方式だそうだから... もっと読む

問いかける教室 13歳からの大学授業 (桐光学園特別授業)

19
4.00
外山滋比古 2013年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<閲覧スタッフより> 「大学の学びとは何か」「学問とは何か」を中高生に伝えるための特別講義をまとめた本。文学、芸術、数理科学、文化人類学など、多くの学問の... もっと読む

「阿佐ヶ谷会」文学アルバム

17
4.50
青柳いづみこ 2007年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

阿佐ヶ谷駅を中心として中央線沿線に居住した文士達が親睦を目的として結成した会「阿佐ヶ谷会」。戦争による休止を挟みつつ30年以上続いたこの会についての、参加... もっと読む

ドビュッシー最後の一年 (単行本)

17
青柳いづみこ 2018年12月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

没後100年。55歳で生涯を終えたドビュッシー。最後の一年はどうだったか。作曲家の「終活」を追い、そこに凝縮された真実を探る もっと読む

翼のはえた指 評伝 安川加壽子

16
3.80
安川加壽子 2005年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

弟子の書いた評伝というものはどうしても師をたたえる立場になってしまう。別に、称えるのが悪いと言うわけじゃないし、ピアニスト安川加寿子は称えられて当然の人な... もっと読む

ドビュッシー 想念のエクトプラズム

16
3.43
青柳いづみこ 1998年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

演奏家でもある著者の感性を通してドビュッシーの世界を見ると… あら不思議。 とても親しみを感じるではありませんか。 え? なに?こんな人だと思... もっと読む

翼のはえた指―評伝安川加壽子 (白水uブックス)

15
3.33
青柳いづみこ 2008年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の師匠であった、安川加壽子を間近から見た著者でなくては書けない本。 もっと読む

ピアニストたちの祝祭 - 唯一無二の時間を求めて (中公文庫)

14
3.80
青柳いづみこ 2017年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ピアニストから見た演奏会にまつわるエッセイ。  ある時は演奏者で、ある時は観客で、と立場がかわると見方も聞き方も変わる。変わるけれど、変わらない部分... もっと読む

アンリ・バルダ 神秘のピアニスト

9
2.33
青柳いづみこ 2013年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

青柳さんが今まで書いたピアニストについての本とはちょっと趣が違う。 グールドや安川加寿子、リヒテルやアルゲリッチのようなある程度評価の定まった名ピアニス... もっと読む

ドビュッシーのおもちゃ箱

8
2.50
青柳いづみこ 2018年7月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドビュッシーの演奏家兼評論家のCDと文章。 口絵は、アンドレ・エレとドビュッシーが共作したバレー「おもちゃ箱」の台本と挿絵となった絵本。そして、アン... もっと読む
全58アイテム中 21 - 40件を表示

青柳いづみこに関連する談話室の質問

ツイートする