青野聡のおすすめランキング

青野聡のおすすめランキングのアイテム一覧

青野聡のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ありきたりの狂気の物語 (新潮文庫)』や『町でいちばんの美女』や『ハサミを持って突っ走る』など青野聡の全43作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ありきたりの狂気の物語 (新潮文庫)

512
3.61

感想・レビュー

自分は人生をうまく乗りこなしている!と勘違いをしている虚栄心を持った全ての人間に冷や水をぶっかける。そんな作家の短編集です。 もっと読む

ハサミを持って突っ走る

63
3.31

感想・レビュー

とにかくクレイジーでユーモアに満ちている。 母親はおかしくなってしまい、父親には関心を持ってもらえず、変人の精神科医の家に預けられてしまうという悲劇のど... もっと読む

愚者の夜 (文春文庫 (299‐1))

19
3.00

感想・レビュー

 村上春樹の「風の歌を聴け」を押しのけ、第81回芥川賞を受賞した青野聰。その受賞作品。彼も海外を放浪しその体験の中から書き始めた人で、ここでは国際結婚した... もっと読む

愚者の夜 (1979年)

15
4.00

感想・レビュー

1979年上半期芥川賞受賞作。東京の現在と過去のパリとが交錯しつつ語られる。作者自身の経験とまったく同じであるとは思わないが、その時々の感情のありかはこの... もっと読む

南の息

7
2.75
青野聡 2002年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

長編かと思ったら短編集でした。20代の登場人物かなと思う人物像ですが、中身はみんな成熟している落ち着きを感じるので不自然な大人っぽさがあります。 もっと読む

母と子の契約 (河出文庫―BUNGEI Collection)

7
3.00
青野聡 1993年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読 いつ読んでも辛い 子どもは親の前ではほんとうにほんとうに無力だ 「母」が来る前ののんびりした時間と来てからの切羽詰った時間 「母」とは居ても居なくて... もっと読む

人生の日付を求めて

5
2.50

感想・レビュー

よく分からない、読みやすかった、文章が熟れていて、でもよく分からない もっと読む
全43アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×