須原一秀の人気ランキング

須原一秀の人気ランキングのアイテム一覧

須原一秀の人気が高い作品のランキングです。ブクログユーザの評価が高い順で並んでいます。
『“現代の全体”をとらえる一番大きくて簡単な枠組―体は自覚なき肯定主義の時代に突入した』や『自死という生き方 (双葉新書)』や『自死という生き方―覚悟して逝った哲学者』など須原一秀の全7作品から、ブクログユーザの間で人気の作品がチェックできます。

“現代の全体”をとらえる一番大きくて簡単な枠組―体は自覚なき肯定主義の時代に突入した

45
3.90
須原一秀 2005年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

須原教授の本。ぼくが勝手に恩師とおもってる人。亡くなられて5年くらいになるはず。教室でとにかく質問したのは懐かしい思い出。そんな補正が入っているので、どう... もっと読む

自死という生き方 (双葉新書)

133
3.63
須原一秀 2009年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「どのように死ぬか」ではなく、「どのように生きていくか」を論じている印象でした。 内容には自分自身の考え方に合う部分も多く、また、著者の時に辛辣な言葉遣い... もっと読む

自死という生き方―覚悟して逝った哲学者

207
3.54

感想・レビュー

皆さんのレビューが素晴らしい。 私は「老人のみつぎもの」を頂戴する前に逝きたいが、それがいつ来るのか予測できない。加齢臭に自分で気づく事も出来るか否か。... もっと読む

高学歴男性におくる 弱腰矯正読本―男の解放と変性意識

48
3.23

感想・レビュー

―――――――――――――――――――――――――――――― 認知しているものは、芸術の場合とと同様に、《非日常的な何か》です。 あるいは《何か異... もっと読む
全7アイテム中 1 - 7件を表示
ツイートする
×