須賀敦子のおすすめランキング

プロフィール

1929年兵庫県生まれ。著書に『ミラノ 霧の風景』『コルシア書店の仲間たち』『ヴェネツィアの宿』『トリエステの坂道』『ユルスナールの靴』『須賀敦子全集(全8巻・別巻1)』など。1998年没。

「2019年 『地球は破壊されはしない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

須賀敦子のおすすめランキングのアイテム一覧

須賀敦子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『インド夜想曲 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)』や『コルシア書店の仲間たち (文春文庫)』や『ヴェネツィアの宿 (文春文庫)』など須賀敦子の全119作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

インド夜想曲 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

1332
3.76

感想・レビュー

この何かを忘れているような気持ちにさせられる不安定さが何故だか心地良かったのです。 ずっとこのまま眠っていたいような。ずっとこのままこの場所にいたいような... もっと読む

コルシア書店の仲間たち (文春文庫)

1174
4.03
須賀敦子 1995年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読めば読むほどに味わいが深くなり、ミラノの街の風景とその世界にどんどん引き込まれていく。 でも何だかもの悲しく感じる。 30年の時を経て紡ぎ出される、遠い... もっと読む

ヴェネツィアの宿 (文春文庫)

860
3.97
須賀敦子 1998年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 イタリア生活を書いた内田洋子さんのエッセイ集を読んだので、今度は須賀敦子さんのイタリア地名の付いたエッセイ集を読んでみた。  お二人とも素晴らしい文章力... もっと読む

木をかこう (至光社国際版絵本)

806
4.07

感想・レビュー

人間とサルとの違いを示すキーワードは何か?私は「抽象化」だと思っている。 たとえばサルは、バナナという抽象概念として理解していない。 えっ、「チンパン... もっと読む

須賀敦子全集 第1巻 (河出文庫)

802
4.25
須賀敦子 2006年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ヴェネツィアの宿」がとても面白く、須賀敦子の他の作品も読もうと調べたら、8巻+別巻、計9冊からなる文庫版の全集があることを知り、まずは1巻目を買い求めた... もっと読む

塩一トンの読書 (河出文庫)

629
3.51
須賀敦子 2014年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

須賀さんの文章を読むと背筋が伸びる。そして読書は、本が好きな人たちだけの趣味ではなく、人間が豊かに生きていくのに欠かせないものであるということに気づく。 ... もっと読む

供述によるとペレイラは… (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

618
4.11

感想・レビュー

ファシズム勢力が拡大し、暴力的な政治権力に監視され、思うように行動を起こせない1938年という設定。 主人公のペレイラは、文芸担当の新聞記者であり、政治に... もっと読む

トリエステの坂道 (新潮文庫)

616
4.00
須賀敦子 1998年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

哀しいほど、やさしくて、つよい文章。 うつくしい日本語。 亡き夫の家族と、イタリアという国と、須賀さんの敬愛している作家についてのエピソード。 ... もっと読む

遠い朝の本たち (ちくま文庫)

598
3.98
須賀敦子 2001年3月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 学校の職員室に筑摩書房のおじさんが教科書の宣伝にやってこられることがありました。  「先生、これ、どうぞ。」  そういって、机上にそっと置いていただいた... もっと読む

ミラノ霧の風景―須賀敦子コレクション (白水Uブックス―エッセイの小径)

550
3.99
須賀敦子 2001年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミヒャエル・エンデ『ものがたりの余白』でドイツ人のイタリアに対する憧憬に触れて、イタリアに接したくなった。それで『世界は文学でできている』で一読み惚れ(?... もっと読む

ユルスナールの靴 (河出文庫)

510
3.97
須賀敦子 2010年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

色合いも質感も異なる主に二種の薄布を、わざわざ絶妙な大きさの「はぎれ」にした後、丁寧に縫い合わせ、時には幾重にも重ね合わせて、複雑な陰影と静かな光沢を放つ... もっと読む

地図のない道 (新潮文庫)

458
3.80
須賀敦子 2002年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

美文というのはこういう文章をいうのだな、と思う。 ヴェネツィアの街の、きらびやかな中心には背を向けて、須賀さんの視線は市井のひとびと、世の中から目を向け... もっと読む

こうちゃん

437
3.79
須賀敦子 2004年3月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書は、1960年12月、『どんぐりのたわごと』第7号で初出された、須賀敦子さんの文に、酒井駒子さんが画を付けた作品で、四季折々の様々な場所に現れる、「こ... もっと読む

なぜ古典を読むのか (河出文庫)

420
3.81

感想・レビュー

実は、表題作の英訳版を持っていて、ちまちま読んでいました。そこへ「邦訳が文庫に!」という情報で、渡りに船と飛びついた弱虫は私です(笑)。 イタロ・カ... もっと読む

ある家族の会話 (白水Uブックス―海外小説の誘惑)

418
3.75

感想・レビュー

この小説(回想録?)には何度も、「ふりをしている」という表現が出てくるとおり、作者ナタリア・ギンズブルグは鋭い洞察力で知人や友人たちの本質を見抜いている。... もっと読む

霧のむこうに住みたい (河出文庫)

384
3.98
須賀敦子 2014年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

わりと読む本が偏っている私がいつ、どうやって須賀敦子という作家を知ったのか記憶にないけれど、なんだかとても惹かれて、全集もほぼ買い集めた。何度も読んだわけ... もっと読む

須賀敦子全集 第2巻 (河出文庫)

377
4.19
須賀敦子 2006年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全集の第2巻。 収められているのは、「ヴェネツィアの宿」「トリエステの坂道」「1957年から1992年までに書かれたエッセイ」。 「ヴェネツィアの宿」は、... もっと読む

本なんて!作家と本をめぐる52話

339
3.25
芥川龍之介 2015年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

秘め事のように本を読む。古書のページのあいだに残る誰かの痕跡を愉しむ。人生のうち死ぬまでに読書できる時間を数えてみる。崩れた本の山に滑って転ぶ。同じ本を3... もっと読む

本に読まれて (中公文庫)

330
3.72
須賀敦子 2001年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カフェでおばさまたちが「あなたまだ須賀敦子読んだことないの? とても素敵なかたよ」という会話をしていて自分も混ざりたかった、という話を知り合いに聞きました... もっと読む

太陽をかこう (至光社国際版絵本)

273
3.87

感想・レビュー

もっと簡単な内容を想像していたら、スモッグがあると太陽が見えない、とか、黒点をガリレオが発見したとか、平易な言い方に努めつつ、説明されている内容は深い。か... もっと読む
全119アイテム中 1 - 20件を表示

須賀敦子に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×