額賀澪のおすすめランキング

プロフィール

額賀 澪(ぬかが みお)
1990年、茨城県生まれ。日本大学芸術学部卒業。
2015年、「ウインドノーツ」(『屋上のウインドノーツ』に改題)で第22回松本清張賞、同年、『ヒトリコ』で第16回小学館文庫小説賞を受賞。
ほかの作品に『沖晴くんの涙を殺して』(双葉社)、『風に恋う』(文春文庫)、『できない男』(集英社)、『タスキメシ 箱根』(小学館)、『タスキメシ』(小学館文庫)など。

「2021年 『風は山から吹いている ―― Why climb mountains with me?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

額賀澪のおすすめランキングのアイテム一覧

額賀澪のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『タスキメシ』や『ヒトリコ』や『風に恋う』など額賀澪の全90作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

タスキメシ

591
3.65
額賀澪 2015年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タスキメシ。 2015.11発行。字の大きさは…小。 膝の故障により、走ることを諦めた兄・眞家早馬は、料理をつうじて弟・春馬の偏食を治しマラソンと係わり... もっと読む

ヒトリコ

533
3.76
額賀澪 2015年6月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

深作日都子は小学5年生の時、担任の女性教師から 金魚を殺した濡れ衣を着せられ、クラスメイトから苛められるようになった。 その時から、日都子はいつも一人... もっと読む

風に恋う

423
4.02
額賀澪 2018年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 西関東吹奏楽コンクール。茶園基の中学校の吹奏楽部はそこから全日本吹奏楽コンクールに進めずに終わった。もう燃え尽きたと感じていた基は,中学校で吹奏楽をやめ... もっと読む

屋上のウインドノーツ

400
3.71
額賀澪 2015年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 高校生の吹奏楽青春ストーリー。  高校進学した志音は、一人屋上にいたところを、吹奏楽部部長の日向寺大志に誘われ吹奏楽部に入部する。  人見知りで、友達... もっと読む

ウズタマ

399
3.80
額賀澪 2017年11月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不穏なイントロ。そこからの話の展開が実に巧い。主人公の幼年期に起こった出来事と、青年に成長した現在の状況が代わる代わる描かれ、徐々に徐々に長年隠されてきた... もっと読む

拝啓、本が売れません

385
3.47
額賀澪 2018年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

平成生まれの、ご本人曰く‘糞ゆとり作家’の額賀澪さんが、本が売れないこの時代に、自らの生き残りを賭けてその道のプロに教えを請いにいく本書。 とにかく... もっと読む

できない男

342
3.75
額賀澪 2020年3月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み終わった今、なんとも言えない爽快感! 仕事も彼女も『できない男』芳野と、仕事もできるしモテるけど覚悟が『できない男』河合。 これが女性同士の話ならドロ... もっと読む

女ともだち (文春文庫)

330
3.56
村山由佳 2018年3月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

COPY 村山由佳 ト・モ・ダ・チ 坂井希久子 卵の殻 千早茜 水底の星 ... もっと読む

沖晴くんの涙を殺して

322
3.91
額賀澪 2020年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日陰と日向を感じた一冊。 一気に惹き込まれラストまで導かれた時間は日陰と日向を感じる時間だった。  まるで日陰で、心の外に弾き出された感情を一つずつ救... もっと読む

タスキメシ 箱根

296
4.22
額賀澪 2019年11月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タスキメシ 箱根 「タスキメシ」の2冊目 2019.11発行。字の大きさは…小。 大学を卒業し、管理栄養士として企業に3年勤めた眞家早馬は、大学に... もっと読む

転職の魔王様

265
3.69
額賀澪 2021年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドラマ化向けな作品だった。 人生に悩む主人公が「魔王様」に振り回されつつ、自分の進路を決める。魔王には謎が多くて気になる。助けてくれる同僚や、社長である叔... もっと読む

さよならクリームソーダ

261
3.28
額賀澪 2016年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

凄く繊細なお話だったな~ 美大に通う新入生と先輩。 お互いの家族環境が似てる。親が再婚、それぞれ連れ子ありで。 家族になろうと思う友親。家族から... もっと読む

競歩王

245
3.74
額賀澪 2019年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

競歩王。 2019.09発行。字の大きさは…小。 スポーツ小説を読むのは、ほぼ始めてと思います。とても面白く読めました。 読みながら時々笑いが出... もっと読む

小説 空の青さを知る人よ (角川文庫)

242
3.35
額賀澪 2019年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2020年2冊目。映画も良質で興味深かったので、小説版も堪能してみました。メディアの違いならではの楽しみ方がしっかりできる作品。エンディングが特にそうで、... もっと読む

さよならクリームソーダ (文春文庫)

232
3.76
額賀澪 2018年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【松本清張賞作家の描く美大生の青春】美大合格を機に上京した友親に、やさしく接する先輩・若菜。しかし、二人はそれぞれに問題を抱えており――みずみずしい青春の... もっと読む

イシイカナコが笑うなら

211
3.52
額賀澪 2019年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

よくあるタイムリープものだが、普通は過去に戻る時、自分に・・・なのだが、クラスメートにというのが鍵。色んな人に乗り移り、途中女子に入り自分に告白してしまう... もっと読む

タスキメシ (小学館文庫)

210
3.92
額賀澪 2019年11月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校駅伝好きの 私にとっては とても 楽しく読めました。 でも 先に 箱根編のほうを 読んでしまったので。   ちょっと やってしまったかな。と... もっと読む

放課後探偵団2 (書き下ろし学園ミステリ・アンソロジー) (創元推理文庫)

177
3.59
青崎有吾 2020年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

五人の作家達が、高校生の青春をテーマにしたミステリーです。 初めてアンソロジーという作品を読みましたが、それぞれの作家さんの色が出ていて、面白かった... もっと読む

拝啓、本が売れません (文春文庫)

160
3.23
額賀澪 2020年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

額賀澪さんのレベルで焦り、動き、焦り、動く。文壇は大変な戦場だなと感じられました。 対談の相手の方々のお考えもたいへん素晴らしく、マーケティング戦略の大... もっと読む

完パケ!

159
4.02
額賀澪 2018年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

額賀さんの青春モノ、いいなぁ。と思いながら読んでいたら、前作の家庭小説を汲み込んでいる作品にもなっていて。大好きな作家さんなので、進化の過程を見ているよう... もっと読む
全90アイテム中 1 - 20件を表示

額賀澪の関連サイト

ツイートする
×