飯嶋和一のおすすめランキング

プロフィール

小説家。1952年山形県生まれ。1983年「プロミスト・ランド」で小説現代新人賞を受賞しデビュー。88年「汝ふたたび故郷へ帰れず」で文藝賞受賞。(上記の二作は小学館文庫版『汝ふたたび故郷へ帰れず』に収録)2008年に刊行した単行本『出星前夜』は、同年のキノベス1位と、第35回大佛次郎賞を受賞している。この他、94年『雷電本紀』、97年『神無き月十番目の夜』、2000年『始祖鳥記』、04年『黄金旅風』(いずれも小学館文庫)がある。寡作で知られるが、傑作揃いの作家として評価はきわめて高い。

「2013年 『STORY BOX 44』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯嶋和一のおすすめランキングのアイテム一覧

飯嶋和一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『始祖鳥記 (小学館文庫)』や『黄金旅風〔小学館文庫〕』や『神無き月十番目の夜 (小学館文庫)』など飯嶋和一の全86作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

始祖鳥記 (小学館文庫)

650
4.11
飯嶋和一 2002年11月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2017年は酉年、ということで選んだ1冊。(鶏ではないけれど…) 江戸時代、岡山の町では夜な夜な藩の失政を嘲笑う鵺が飛ぶという。 民衆たちは藩を非... もっと読む

黄金旅風〔小学館文庫〕

542
3.71
飯嶋和一 2008年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「飯嶋和一にハズレなし」ーこのキャッチだいすき。正にその通り。面白いのはわかっているが、寡作なので、あえて取っておいて何年かに一回一作毎読んでる。 骨太... もっと読む

神無き月十番目の夜 (小学館文庫)

422
4.02
飯嶋和一 2005年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんな時代小説はじめて。 史実から掘り起こしているからリアリズムもあるのにファンタジー もっと読む

出星前夜

420
3.83
飯嶋和一 2008年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この作者への信頼がなければ、読まないテーマ。 島原の乱は、歴史で習った通り、悲惨な結末しかありえないからだ。 しかし、飯嶋和一さんの腕前はやはり期待を... もっと読む

出星前夜 (小学館文庫)

305
3.92
飯嶋和一 2013年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

島原の乱について詳しく知ったのはこの小説が初めて 水軍の武将として戦の経験もある甚右衛門達が、城跡に立てこもり、幕府側の何万人という兵士に一歩も引かない... もっと読む

雷電本紀 (小学館文庫)

301
4.01
飯嶋和一 2005年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

序 蒼竜篇 朱雀篇 白虎篇 玄武篇 著者:飯嶋和一、1952-、山形県、小説家) 対談:久間十義、1953-、北海道新冠町、小説家) 解... もっと読む

狗賓(ぐひん)童子の島

255
3.79
飯嶋和一 2015年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 傑作『出星前夜』から6年。稀代の寡作家、飯嶋和一さんの新刊がついに読める。前作はこれまた傑作の『黄金旅風』から4年だったので、大いに気を揉んだ。今回は隠... もっと読む

星夜航行 上巻

231
3.69
飯嶋和一 2018年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歴史は勝者の視点で語られがちであり、大河ドラマやゲームだけで歴史を知ったつもりになってはいけない。謀反を企てたとして死んだ家康の嫡男に仕えていた主人公の甚... もっと読む

黄金旅風

192
3.56
飯嶋和一 2004年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鎖国される前 徳川家光が実権を握ろうかという江戸時代初期 キリシタン弾圧がされる長崎で民を守ろうとする末次平蔵の息子、平左右衛門をメインに描いた時代小説。... もっと読む

星夜航行 下巻

163
3.83
飯嶋和一 2018年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

甚五郎は時々出てくるが、要は秀吉の朝鮮戦役の結末までの話が詳細に書かれている。あまりに細かく書かれているため。読む速度が非常に遅くなってしまう。内容は濃い... もっと読む

汝ふたたび故郷へ帰れず(小学館文庫)

144
3.78
飯嶋和一 2003年4月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おもろかった、たまらんタギリます、。もともと獏本餓狼伝とかあっち系等が非常に好きだったのですが、こういう静かな格闘系もええですねぇ。いや〜〜もー、読んでい... もっと読む

始祖鳥記

123
3.79

感想・レビュー

私の知能が著しく低いため、読了するのがひたすらに苦痛であった 未開の専門的知識をどうにかうまく飲み込むためにはどうすればいいんだろうナ もっと読む

狗賓童子の島 (小学館文庫)

110
4.47
飯嶋和一 2019年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやー参った。700ページを超える大作に、完読できるだろうか?と不安だったけど、最後の方になったら、読み終わりたくない、このままずっと読み続けたい、と思う... もっと読む

星夜航行(上) (新潮文庫)

103
3.00
飯嶋和一 2021年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説とは分かっているけれども、詳細に描写された内容に歴史書であるように錯覚してしまう。 会話文は少なく、説明が多いため読むのにすごく時間がかかった。 武将... もっと読む

神無き月十番目の夜

96
4.12

感想・レビュー

慶長七年(1602年)、今の茨城県北部で起きたらしい、一村まるごとの大虐殺事件。 古文書に数行記されただけのこの事件を、倒叙法で書ききった小説。 ... もっと読む

星夜航行(下) (新潮文庫)

73
3.64
飯嶋和一 2021年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻に引き続き朝鮮出兵及び貿易や国内情勢が詳細に描写されている。 市民の苦渋に見向きもされず、なおも強硬に戦おうとする秀吉に終始ムカムカしながら読んだ。 ... もっと読む

STORY BOX 09 血筋

65
3.88
森見登美彦 2010年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んだのは「四畳半の眠れぬ姫君」のみ。部屋の穴は前に空いたやつですね。 もっと読む

神無き月十番目の夜 (河出文庫―文芸コレクション)

44
3.81

感想・レビュー

大昔、知り合いに借りて読んでおもしろかった記憶はあった。だからこそ始祖鳥記とかも読んだ。古本で見かけて買って再読。いや、やっぱりオモロい。飯嶋和一の最高傑... もっと読む

STORY BOX 10 救出

33
3.80
五條瑛 2010年5月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 遂に「救出」が最終回。「ザ・キャビネット」、「偏差値70の野球部」はますます面白くなってきた。森山大道氏のスナップ写真は猥雑さを増してきた。   「... もっと読む
全86アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×