飯嶋和一のおすすめランキング

プロフィール

小説家。1952年山形県生まれ。1983年「プロミスト・ランド」で小説現代新人賞を受賞しデビュー。88年「汝ふたたび故郷へ帰れず」で文藝賞受賞。(上記の二作は小学館文庫版『汝ふたたび故郷へ帰れず』に収録)2008年に刊行した単行本『出星前夜』は、同年のキノベス1位と、第35回大佛次郎賞を受賞している。この他、94年『雷電本紀』、97年『神無き月十番目の夜』、2000年『始祖鳥記』、04年『黄金旅風』(いずれも小学館文庫)がある。寡作で知られるが、傑作揃いの作家として評価はきわめて高い。

飯嶋和一のおすすめランキングのアイテム一覧

飯嶋和一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『始祖鳥記 (小学館文庫)』や『黄金旅風 (小学館文庫)』や『出星前夜』など飯嶋和一の全67作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

始祖鳥記 (小学館文庫)

449
4.13
飯嶋和一 2002年11月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2017年は酉年、ということで選んだ1冊。(鶏ではないけれど…) 江戸時代、岡山の町では夜な夜な藩の失政を嘲笑う鵺が飛ぶという。 民衆たちは藩を非... もっと読む

黄金旅風 (小学館文庫)

393
3.72
飯嶋和一 2008年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

“放蕩息子”と言われた、実は広い視野を備えていて、正論を胸に秘めた、強い心を持つ男が代官に就任し、恐るべき陰謀を動かす敵役達と対峙…非常に痛快な物語だ!!... もっと読む

出星前夜

362
3.85
飯嶋和一 2008年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

天草四郎による島原の乱が背景の歴史小説。寿安という若者がこの小説の主人公で、天草四郎は完全に脇役に。 徳川幕府によるキリシタン弾圧と長期江戸幕府の中での... もっと読む

神無き月十番目の夜 (小学館文庫)

319
4.03
飯嶋和一 2005年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんな時代小説はじめて。 史実から掘り起こしているからリアリズムもあるのにファンタジー もっと読む

雷電本紀 (小学館文庫)

220
4.04
飯嶋和一 2005年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

相撲界は相変らず問題続きで、ワイドショウの恰好の餌食となつてをります。では角界といふのは、昔は良くて最近急に駄目になつたのか。いやいやさうではありますまい... もっと読む

狗賓(ぐひん)童子の島

194
3.72
飯嶋和一 2015年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 傑作『出星前夜』から6年。稀代の寡作家、飯嶋和一さんの新刊がついに読める。前作はこれまた傑作の『黄金旅風』から4年だったので、大いに気を揉んだ。今回は隠... もっと読む

出星前夜 (小学館文庫)

178
3.86
飯嶋和一 2013年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2015.8.20.読了。島原の乱の背景を描いた作品。島原の乱は、弾圧されたキリシタンの信仰のための抵抗戦争だと思っていたが、背景にこんなことがあったんだ... もっと読む

黄金旅風

165
3.55
飯嶋和一 2004年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

勝手に題名から想像したもののと違い、少しがっかりした。話も冗漫で、人物は魅力的ではあるのだが、今一生き生きとはしてない感じがした。 取り上げた時代が渋い... もっと読む

汝ふたたび故郷へ帰れず (小学館文庫)

104
3.70
飯嶋和一 2003年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

おもろかった、たまらんタギリます、。もともと獏本餓狼伝とかあっち系等が非常に好きだったのですが、こういう静かな格闘系もええですねぇ。いや〜〜もー、読んでい... もっと読む

始祖鳥記

97
3.91
飯嶋和一 2000年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いい意味で、思っていた話とは違った。Amazonの紹介文を読んで、「天地明察」のような、夢を追いかける男を描いたわかりやすいエンターテイメントだろうと勘違... もっと読む

神無き月十番目の夜

80
4.20
飯嶋和一 1997年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

関ヶ原の戦い後、小生瀬(茨城県北部)の村人が突然姿を消し、鳥や野犬に食べ荒らされた状態で発見される所から話が始まる。 それまで自治が認められていた豊... もっと読む

STORY BOX 09 血筋

63
3.88
森見登美彦 2010年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んだのは「四畳半の眠れぬ姫君」のみ。部屋の穴は前に空いたやつですね。 もっと読む

星夜航行 上巻

41
4.00
飯嶋和一 2018年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「飯嶋和一に外れなし」 上下巻合わせて1000ページを超えるので、寝転んで読むのはなかなか大変だったけど。読んだ甲斐はあった。 もっと読む

復活する男 (冒険の森へ 傑作小説大全11)

38
3.89
飯嶋和一 2015年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルの通り「復活」をテーマに短編・長編と色々な作家の作品を集めた一冊。 色々な作家の作品を知るために、また復活というテーマにひかれて買ったが、実際に読... もっと読む

神無き月十番目の夜 (河出文庫―文芸コレクション)

36
3.80
飯嶋和一 1999年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大昔、知り合いに借りて読んでおもしろかった記憶はあった。だからこそ始祖鳥記とかも読んだ。古本で見かけて買って再読。いや、やっぱりオモロい。飯嶋和一の最高傑... もっと読む

STORY BOX 10 救出

29
3.80
五條瑛 2010年5月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 遂に「救出」が最終回。「ザ・キャビネット」、「偏差値70の野球部」はますます面白くなってきた。森山大道氏のスナップ写真は猥雑さを増してきた。   「... もっと読む

星夜航行 下巻

29
4.20
飯嶋和一 2018年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いただきもののプルーフ読んでました。飯嶋和一、オモロいよ、それは知ってんねん。ただ、雷電にせよ始祖鳥にせよ、ヒーローがかっこ良過ぎ、話全体のトーンが明る過... もっと読む

STORY BOX 11 夜行

28
4.25
飯嶋和一 2010年6月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 今回は長岡弘樹氏の「初任」が良かった。「ザ・キャビネット」(室積光)、「偏差値70の野球部」(松尾清貴)は絶好調だ。   「夜行」(森見登美彦) ... もっと読む

STORY BOX 12

26
4.67
黒野伸一 2010年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

津市安濃図書館。再読。 黒野伸一「限界集落株式会社」の第1回。 もっと読む

STORY BOX 07 異境

25
3.00
飯嶋和一 2010年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

野球部の話の展開がおかしな方向に・・・。 もっと読む
全67アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする