飯野友幸のおすすめランキング

プロフィール

上智大学文学部英文学科教授。オースター詩集の翻訳も手がける。

「2013年 『ポール・オースター』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯野友幸のおすすめランキングのアイテム一覧

飯野友幸のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ビリー・バッド (光文社古典新訳文庫)』や『おれにはアメリカの歌声が聴こえる―草の葉(抄) (光文社古典新訳文庫)』や『ブルース・ピープル-白いアメリカ、黒い音楽 (平凡社ライブラリー)』など飯野友幸の全25作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ビリー・バッド (光文社古典新訳文庫)

139
3.42

感想・レビュー

「神の天使に打たれて死んだのだ! それでも、天使は吊るし首にせねばならん」 「中動態の世界」で触れられていて、読みたいと思っていた。 どう受け止めていい... もっと読む

おれにはアメリカの歌声が聴こえる―草の葉(抄) (光文社古典新訳文庫)

120
3.30

感想・レビュー

なんとなく、なんとなくだけどニーチェのツァラトゥストラを思い出した。翻訳のべらぼう口調からくるものはかなりあると思うけど、精神よりも肉体を、歴史よりも現在... もっと読む

壁の文字―ポール・オースター全詩集

56
3.35

感想・レビュー

壁に描かれた詩。 どれもオースターの気持ちが 伝わってくる。 心動かされる。 装丁画も秀逸。 もっと読む

消失―ポール・オースター詩集

53
3.21

感想・レビュー

「白い空間」で彼は、何かを伝えるために言葉が不可欠であること、しかし言葉にあてはめた途端、伝えたかったものとは違ったものになってしまうこと、そのジレンマに... もっと読む

ブルースに囚われて―アメリカのルーツ音楽を探る

42
3.50
飯野友幸 2002年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「黒人による魂の叫び」というくらいの漠然としたイメージしかなかったブルースについて、歴史や文化的背景からリズムや歌詞のスタイルまで知ることができた。昨日、... もっと読む

ブルースピープル リロイジョーンズ(アミリバラカ)著

28
3.78

感想・レビュー

ブルース・ジャズなどのアメリカの音楽が好きな人には必読の書。1960-70年代のアメリカの黒人の芸術運動の第一人者の著者が、音楽と、音楽が生まれた時代の黒... もっと読む

おれにはアメリカの歌声が聴こえる―草の葉(抄) (光文社古典新訳文庫)

21
4.00
ホイットマン 電子書籍 2007年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原文付き orz さすがに、英語の詩を読めるだけの力はない こんなにも ! の多い詩は初めて読んだ もっと読む

凸面鏡の自画像

20

感想・レビュー

難解でも飽きさせない、ユーモアと驚き 詩人ジョン・アッシュベリーを悼んで 飯野友幸:朝日新聞デジタル (有料記事 2017/9/27) https://w... もっと読む

ビリー・バッド (光文社古典新訳文庫)

18
5.00
メルヴィル 電子書籍 2012年12月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ビリーは無垢な幼子の魂を持つように描かれているけど、殺人者でもある。船長は理不尽でやるせない状況の中でも為すべき事を為す偉大な人物のように描かれているけど... もっと読む

ポール・オースター (現代作家ガイド)

10
3.29

感想・レビュー

オースターを読むためのキーコンセプト集 ・ユダヤ性、アメリカ性、フランス、野球、政治性。オースターとロマンスの伝統、探偵小説、メタフィクション、孤児の文... もっと読む
全25アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×