飴村行のおすすめランキング

プロフィール

飴村行 1969年、福島県生まれ。東京歯科大学中退。2008年『粘膜人間』で第15回日本ホラー小説大賞長編賞を受賞。デビュー第2作『粘膜蜥蜴』で第63回日本推理作家協会賞を受賞。特異な作品世界で注目を集める。著書に『粘膜兄弟』『粘膜戦士』『路地裏のヒミコ』『粘膜黙示録』『ジムグリ』など。

「2018年 『粘膜探偵』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飴村行のおすすめランキングのアイテム一覧

飴村行のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『粘膜人間 (角川ホラー文庫)』や『粘膜蜥蜴 (角川ホラー文庫)』や『粘膜兄弟 (角川ホラー文庫)』など飴村行の全37作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

粘膜人間 (角川ホラー文庫)

1015
3.25
飴村行 2008年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エログロなんだけど、不思議と読みやすい。 もっと読む

粘膜蜥蜴 (角川ホラー文庫)

655
3.72
飴村行 2009年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なんとも衝撃的な作品だった! カバーデザインから単におどろおどろしいだけの話を想像していたが、実際はとてもしっかりした小説。ホラー/ミステリー/コメディ... もっと読む

粘膜兄弟 (角川ホラー文庫)

345
3.67
飴村行 2010年5月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

粘膜シリーズ三作目。1番ストーリーがしっかりしていた。絶妙なファンタジック具合も良かった。一作目の耽美な感じももっと欲しかったけど満足出来る作品だった。 もっと読む

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

207
3.69
飴村行 2012年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「変態!」を褒め言葉と受け止める人種のための短編集と言えましょうか。こういう作家がいてくれるだけでホラーファンとしてはありがたい、、、へもやん大好き! もっと読む

爛れた闇の帝国

152
3.36
飴村行 2011年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

陰惨な雰囲気たっぷりのホラー。まったくかけ離れたように思える二つのパートが徐々に繋がって一つの物語になるさまは、かなりミステリ的でもあります。ホラーミステ... もっと読む

厠の怪 便所怪談競作集 (MF文庫ダ・ヴィンチ)

105
3.18
飴村行 2010年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

配置場所:摂枚文庫本 請求記号:913.68||K 資料ID:95100497 もっと読む

爛れた闇 (角川ホラー文庫)

82
3.47
飴村行 2013年3月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数年前に読んだので、細かいところは正直覚えてない…。 でも主人公の口調がなんか面白かった記憶がある。 もっと読む

路地裏のヒミコ

68
3.15
飴村行 2014年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題作を含む、中篇ふたつからなる作品集。 飴村氏と言えば「粘膜シリーズ」ですね。グロテスクでインモラルな毒々しい世界観を これでもかと披露する「粘膜人間」... もっと読む

粘膜黙示録 (文春文庫)

56
3.80
飴村行 2016年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の作品は一つも読んだことがございませんが(!)、このエッセイは面白かったですねぇ…! 僕も著者と似たような立場に居るため、←つまりは底辺労働者というこ... もっと読む

まんが秘宝 男のための青春まんがクロニクル (洋泉社MOOK まんが秘宝)

46
3.14
町山智浩 2013年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ピックアップされた作品の候補の選出が不明瞭で それゆえに、なんでこれが入っていないの? みたいな漏れや全体としてのまとまりがなくて 物足りない。 ... もっと読む

ジムグリ

40
2.63
飴村行 2015年6月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

独特な世界観は健在。後半以降は設定の説明で終わってしまったのが残念。 もっと読む

暗闇を見よ: 日本ベストミステリー選集 (光文社文庫)

36
2.75
日本推理作家協会 2015年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

長い間、探偵小説=ミステリーの書き手は、そのまま怪奇小説・幻想小説の書き手でもあった。 「恐怖と理性」現代日本ミステリーの多様性、その振り幅の広さを証明... もっと読む

粘膜探偵 (角川ホラー文庫)

33
3.27
飴村行 2018年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

和風奇談の中にぶち込まれたドラッグセックスバイオレンスを期待した粘膜ファン(なんだそれ)としてはどうしてもちょっと破壊力が欲しかったところですが、他にない... もっと読む

粘膜人間 「粘膜」シリーズ (角川ホラー文庫)

15
3.00
飴村行 電子書籍 2008年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

よくわからんが物語は面白かった。どう話が進んでいくのか予測できないのが良い。 もっと読む

ジムグリ (集英社文庫)

13
2.25
飴村行 2018年1月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

設定は相変わらず奇想天外で良かったのですが、それに拘りすぎて読者からしたらちょっとストーリが物足りなかった印象です、、 しかし近日粘膜シリーズ最新刊がやっ... もっと読む

粘膜戦士 「粘膜」シリーズ (角川ホラー文庫)

10
2.50
飴村行 電子書籍 2012年12月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

粘膜シリーズ初の短編集。 各話それぞれ安心の面白さだが、オチらしいオチは(あまり)無い。しかし前作までの登場人物が意外な形で登場していたり(前日譚等... もっと読む

ノベルアクト3 カドカワキャラクターズ (単行本)

6
鈴木光司 2013年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

貞子特集。「リング」シリーズの系譜や作者インタビュー、グラビアページ(笑)等読みどころは盛りだくさんですが。やはり貞子トリビュート小説がどれも素晴らしい。... もっと読む
全37アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする