香西秀信のおすすめランキング

プロフィール

1958年、香川県生まれ。筑波大学第一学群人文学類卒。同大学院博士課程教育学研究科単位修了。琉球大学助手を経て、宇都宮大学教育学部教授。専攻は修辞学と国語科教育学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

「2009年 『読んですぐに身につく「反論力」養成ノート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

香西秀信のおすすめランキングのアイテム一覧

香西秀信のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『論より詭弁 反論理的思考のすすめ (光文社新書)』や『レトリックと詭弁 ─禁断の議論術講座 (ちくま文庫)』や『反論の技術―その意義と訓練方法 (オピニオン叢書)』など香西秀信の全24作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

論より詭弁 反論理的思考のすすめ (光文社新書)

533
3.52
香西秀信 2007年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いわゆる「正論」というものが極めて限定された条件においてのみ有効であるということからスタートして、実際の人間関係などを踏まえた上での「詭弁」の有効性・重要... もっと読む

レトリックと詭弁 ─禁断の議論術講座 (ちくま文庫)

450
3.90
香西秀信 2010年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 論点のすり替え、無理矢理どちらかを選ばせる二者択一の力、相手に沈黙を強いるための問い、ディレンマの応用、などなど、議論にしばしば仕掛けられる「罠」から身... もっと読む

反論の技術―その意義と訓練方法 (オピニオン叢書)

366
3.95
香西秀信 1995年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

反論に対してネガティブな印象を持っていたが、そもそもあらゆる主張は、主張しなければならない時点で、別の主張に対する反論になっている…等、反論という概念その... もっと読む

論理病をなおす!―処方箋としての詭弁 (ちくま新書)

280
3.59
香西秀信 2009年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人間には考えるにあたっての「癖」のようなものがあり、どうしてもある種の非論理的な思考法を採用しちゃう。 でもそれがどんな「癖」かを知識として持っていれば... もっと読む

議論術速成法―新しいトピカ (ちくま新書)

142
3.50

感想・レビュー

仮説として出されていた、その人のよく使う論法がその人の思想を現している、みたいなのがおもしろそうだった もっと読む

議論入門: 負けないための5つの技術 (ちくま学芸文庫)

128
4.00
香西秀信 2016年8月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あー、これ、復刊したんだねえ。著者のファンとしてはほんとうれしい。絶版になってて、図書館で借りるしかなかったからね。 中身は相変わらず素晴らしい。が、著... もっと読む

論争と「詭弁」―レトリックのための弁明 (丸善ライブラリー)

107
3.43
香西秀信 1999年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

二章はくどかったけど、それ以外は為になった。 もっと読む

論より詭弁~反論理的思考のすすめ~ (光文社新書)

74
4.18
香西秀信 電子書籍 2007年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日常生活の中でも「これ論点のすり替えだな〜(詭弁)」と感じる場面が多々あったこともあり、以下の発想が特に斬新に感じた。 〜〜 「論点のすり替え」などという... もっと読む

読んですぐに身につく「反論力」養成ノート

62
3.60
香西秀信 2009年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者が余技で作ったような内容ではあるんだけど、それでもこの品質の高さ。豊富な具体例は実にありがたい。 もっと読む

議論入門 ──負けないための5つの技術 (ちくま学芸文庫)

44
4.00
香西秀信 電子書籍 2016年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さくっと読めて、面白い。 もっと読む

修辞的思考―論理でとらえきれぬもの (オピニオン叢書)

28
3.83

感想・レビュー

 修辞学(レトリック)の研究者である著者の本領発揮と言える一冊だろう。  著者の本は、主に「議論の型」やその構造を分析し説明するタイプのものが多い。具体... もっと読む

教師のための読書の技術―思考量を増やす読み方

28
4.22

感想・レビュー

すばらしいなあ。これまでの本との内容重複も多いけど、ある読書から思考法を得て、それを別の場面に転移する、その具体例をいくつか見せるくだりは、本当に勉強にな... もっと読む

議論の技を学ぶ論法集 (オピニオン叢書)

22
3.67

感想・レビュー

豊富な用例と説得力ある議論、「なるほど!」と何回も膝を打てる。名著。なぜ絶版なんだ! もっと読む

レトリック探究法 (シリーズ日本語探究法)

16
3.00

感想・レビュー

このシリーズは全10巻。 <http://www.asakura.co.jp/books/isbn/978-4-254-51507-7/> ... もっと読む

論理病をなおす! ――処方箋としての詭弁 (ちくま新書)

16
3.33
香西秀信 電子書籍 2009年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

協調と対話を大事にしたいと思いつつも防御策として必要になるシーンがままあるのも事実で、そういうときの話が誤った方向に向かうきっかけを知っておくという意味で... もっと読む

論より詭弁〜反論理的思考のすすめ〜

1
3.00
香西秀信 電子書籍 2014年3月14日 ブックライブで見る ブックライブ ¥ 630
なぜ、論理的思考が議論の場で使えないか。その理由は、それが対等の人間関係を前提に成立しているからである――対等の人間関係... もっと読む
全24アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×