馳星周のおすすめランキング

プロフィール

1996年、『不夜城』でデビュー。これまでに吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞、大藪晴彦賞ほかを受賞。

「2017年 『暗手』 で使われていた紹介文から引用しています。」

馳星周のおすすめランキングのアイテム一覧

馳星周のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『不夜城 (角川文庫)』や『鎮魂歌(レクイエム)―不夜城〈2〉 (角川文庫)』や『不夜城』など馳星周の全277作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

不夜城 (角川文庫)

1651
3.67
馳星周 1998年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世の中では「勧善懲悪」物が昔から人気がある。だが、現実的に善は必ず勝つのか?というと、あまりそうではない気がする。むしろ負けてるのではないかとすら感じる。... もっと読む

鎮魂歌(レクイエム)―不夜城〈2〉 (角川文庫)

783
3.49
馳星周 2000年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公2人仕立ては前作より凝ってて中々良かったけども、蓋開けて見ると殺戮の嵐で派手さは前作以上。そして核心となるのはBL。みんな死ぬほど身勝手なんだけど、... もっと読む

不夜城

496
3.65
馳星周 1996年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本人にも台湾人にもなれなかった半々(バンバン)の劉健一。しがない故買屋でしかなかった彼がかつての相棒が新宿に舞い戻ったことで、命を懸けた生き残りに巻き込... もっと読む

長恨歌 不夜城完結編 (角川文庫)

461
3.38
馳星周 2008年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久々に不夜城を読みたくなりました。 虚無感、凄いです。 誰も幸せにならない結末。。 だけれどもついつい引き込まれてしまいます。 もっと読む

M(エム) (文春文庫)

431
2.90
馳星周 2002年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中編小説集 アイデアは良いが 物語のふくらみがない もっと読む

夜光虫 (角川文庫)

389
3.52
馳星周 2001年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2017/12/17読了。 もっと読む

漂流街 (徳間文庫)

372
3.28
馳星周 2000年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大藪春彦賞受賞作品。大藪春彦賞らしい作品だと思う。とても長い暗黒小説。呪わしい血、欲望と衝動が交錯する。読後感もノワール。これがいい。 もっと読む

ソウルメイト

335
3.94
馳星周 2013年6月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

様々な犬種の犬たちと人間との絆を描いた短編集。先に2の方を読んだので、1も。 ボルゾイのレイラ、柴の風太、バーニーズのカータの話がよかった。 作者の馳... もっと読む

鎮魂歌―不夜城〈2〉

297
3.51
馳星周 1997年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

健一が成り下がった感がして悲しかった… 秋夫と滝沢が区別つかずに、わかりにくかったです。 やっぱり、1冊目が面白かったな~ 完結編で、どう終わるのか... もっと読む

マンゴー・レイン (角川文庫)

293
3.27
馳星周 2005年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

バンコクもハードボイルドが似合う街だ。 もっと読む

生誕祭〈上〉 (文春文庫)

257
3.65
馳星周 2006年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

引き続き馳星周キャンペーン。いやあバブルバブル。なんでもない小僧がなんだかのし上がっていく?感じ?全体的にチープなんだけどワクワクする感じはある。ただ早紀... もっと読む

アンタッチャブル

252
3.34
馳星周 2015年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「まだまだ暗中模索」 よく言えば新境地、作品の幅が広がったと言えるのかとしれないが、もはやかつての突き抜けた暗黒文学が書けなくなってもがいているようにしか... もっと読む

長恨歌―不夜城完結編

238
3.22
馳星周 2004年11月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不夜城の最終作品 続編はやはりのめり込む… この三作目を見つけて、読み始めたんだけど、一作、二作と再読したくなり、一作目からいっきに…(笑) 歌舞伎町... もっと読む

ブルー・ローズ〈上〉 (中公文庫)

235
3.29
馳星周 2009年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初読の作家さん。文章はとても読みやすくてさらさらといけるのだが、話の展開が遅くて途中から飽きてしまった。下巻はどうかな。 もっと読む

虚の王 (角川文庫)

233
3.11
馳星周 2008年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かなりハードな内容! 目を背けたくなるシーンが何度と。。 結末は、そーなるか!と(笑) もっと読む

夜光虫

229
3.31
馳星周 1998年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本人の加倉は台湾のプロ野球チームに所属する投手だが、黒社会が仕切る八百長に手を染めている。 八百長の露見を恐れて、次々と罪を犯し、閉塞状況へと追い込ま... もっと読む

ぷくぷく、お肉 (おいしい文藝)

225
3.12
阿川佐和子 2014年2月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

元気のない時、弱っている時、そんな時はお肉だー! ……と言いたいけれど、実はあまりお肉=牛肉が得意ではない。豚は牛より食べられる。鶏は大好物。 この本... もっと読む

ブルー・ローズ〈下〉 (中公文庫)

221
3.03
馳星周 2009年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんなにハードな内容にもかかわらず、エロスもバイオレンスも感じられなかった。 話の展開について行けず、入り込めなかったことが原因かと。登場人物の誰にも共... もっと読む

生誕祭〈下〉 (文春文庫)

220
3.58
馳星周 2006年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

馳星周の小説には珍しく主人公に感情移入出来るかなと思って読んでたそして下巻。いやダメだった後半のダサっぷりと裏切りへの臆面のなさで嫌になってしまった。ラス... もっと読む

午前零時

217
3.04
鈴木光司 2007年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この時間丑三つ時より怖かったかな。 『ハンター』『冷たい手』『卒業』がゾワっとして『午前零時のサラ』がたまらない気持ちになりました。 日付変わる時間時計見... もっと読む
全277アイテム中 1 - 20件を表示

馳星周に関連する談話室の質問

ツイートする