駒月雅子のおすすめランキング

プロフィール

1962年生まれ。慶應義塾大学文学部卒。翻訳家。訳書にドイル『シャーロック・ホームズの回想』『緋色の研究』、ホロヴィッツ『シャーロック・ホームズ 絹の家』(全て角川文庫)の他、ミッチ・カリン『ミスター・ホームズ 名探偵最後の事件』、ホロヴィッツ『モリアーティ』(共にKADOKAWA)、ドラモンド『あなたに不利な証拠として』(ハヤカワ・ミステリ文庫)など多数。

「2019年 『恐怖の谷』 で使われていた紹介文から引用しています。」

駒月雅子のおすすめランキングのアイテム一覧

駒月雅子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『皇帝のかぎ煙草入れ【新訳版】 (創元推理文庫)』や『緋色の研究 (角川文庫)』や『絹の家 シャーロック・ホームズ』など駒月雅子の全127作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

皇帝のかぎ煙草入れ【新訳版】 (創元推理文庫)

424
4.17

感想・レビュー

主人公の女性が狡猾な犯人の罠にはまっていくところ思わず感情移入して胸が痛くなるくらい。次第に謎は解かれていきやがて暴かれる意外な犯人とトリック。心理トリッ... もっと読む

緋色の研究 (角川文庫)

396
3.77
コナン・ドイル 2012年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

翻訳は読みにくいと思ってたのに... どんどん進む推理は面白いし、とっつきにくそうなのにワトソンに褒められて喜ぶホームズは可愛い。他人に対する評価は基本辛... もっと読む

絹の家 シャーロック・ホームズ

363
3.89

感想・レビュー

本作は『カササギ殺人事件』、『メインテーマは殺人』で一昨年、昨年、賞を総なめにした作家、アンソニー・ホロヴィッツが書いた、アーサー・コナンドイルの財団が初... もっと読む

あなたに不利な証拠として (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

323
3.34

感想・レビュー

再読。女性警官を主人公にした連作短編集。女性から見ると警察官のリアルなハードボイルドな感覚が際立つ。 もっと読む

あなたに不利な証拠として (ハヤカワ・ミステリ文庫)

316
3.53

感想・レビュー

アメリカ探偵作家クラブ賞受賞作とあるが、これは文学の領域にあると思う。五人の女性警官の短編集。警官の業務、心理描写が徹底的にリアル。犯人を射殺した警官がど... もっと読む

シャーロック・ホームズの回想 (角川文庫)

305
4.20
コナン・ドイル 2010年12月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ホームズの短編集。 毎度ホームズが依頼人を見ただけで色々と見抜いてしまうのが面白い。今回の収録作ではホームズは大人し目だったかな?「冒険」の方では薬キメ... もっと読む

暗い鏡の中に (創元推理文庫)

303
3.64
ヘレン・マクロイ 2011年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜか男だと思っていたヘレン・マクロイ。読めば一発で女性だと分かる文章だった。推理のためもあるだろうが、容姿の描写が凄く細かい。そこまで書かなくてもいいん... もっと読む

幽霊の2/3 (創元推理文庫)

298
3.70
ヘレン・マクロイ 2009年8月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

事件が発生して、探偵役のベイジル・ウィリング博士が最初の謎を突き付け、次なる展開に繋がった中盤まではとても楽しめました。(笑) 雰囲気は全然違いますが、... もっと読む

壜の中の手記 (角川文庫)

247
3.72

感想・レビュー

奇想天外で、不気味で、ブラックユーモアに溢れる短編集。 実は十年程前に、一度単行本に挑戦してあっさり撃沈している(笑) 文庫が出ているのを発見して... もっと読む

シャーロック・ホームズ 絹の家 (角川文庫)

245
3.97

感想・レビュー

アンソニーホロヴィッツは、死に憑かれている。 『カササギ殺人事件』『モリアーティ』『絹の家』と読んできて、私の感じたことである。 ミステリなの... もっと読む

カーデュラ探偵社 (河出文庫)

234
3.77

感想・レビュー

小気味良い探偵カーデュラの艶やかな謎解きが光るミステリ短編小説+書き下ろし作品数篇。 営業時間は夜間のみ、青白い肌、長い糸切り歯、鏡は避け、十字架は... もっと読む

モリアーティ

167
3.61

感想・レビュー

「最後の事件」から「空き家の冒険」までの空白期間の物語だが… もっと読む

四つの署名 (角川文庫)

163
3.67

感想・レビュー

意外だったのは推理よりもサスペンス要素の比重が置かれている事。犯人がかなり早い段階で特定される事。ホームズの多芸ぶりが前作「緋色の研究」より強調されている... もっと読む

逃げる幻 (創元推理文庫)

157
3.58
ヘレン・マクロイ 2014年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

家出を繰り返す少年が開けた荒野の真ん中で消えた。 休暇中のダンバー大尉は不可解な事件に関わり合うことになり…。 単純な骨格を如何に肉付けして物語を... もっと読む

バスカヴィル家の犬 (角川文庫)

122
3.88

感想・レビュー

ホームズ長編の最高傑作では? 探偵小説という枠組みに収まらず。冒険小説、アクションあり、身の毛もよだつ怪奇、ホラーあり。小説という娯楽の醍醐味を味わう。 ... もっと読む

マチルダの小さな宇宙

119
3.37

感想・レビュー

手に余る秘密 壊れていく母 そりゃあ不良にもなりたいよね かわいそうなマチルダ もっと読む

ささやく真実 (創元推理文庫)

115
3.77
ヘレン・マクロイ 2016年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

緻密な本格ミステリ。自白剤を人に飲ませて暴露大会を行った後、何者かに殺された傲慢な美女・クローディア。正直、「そりゃ殺されるわ」って思いました。まったく、... もっと読む

モリアーティ (角川文庫)

114
3.57

感想・レビュー

フォロワーさんが本棚登録されているのを拝見して知った本です。ありがとうございます。 本作は、コナン・ドイル財団が初めて公認したホームズ譚の続編『シャ... もっと読む

キャサリン・カーの終わりなき旅 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

96
3.22

感想・レビュー

クックでまだ読んでなかったものを見つけたので、図書館に予約したが随分待ってやっと来た。 時間がかかっているので面白いだろうと期待して、早速読み始めた。 ... もっと読む
全127アイテム中 1 - 20件を表示

駒月雅子に関連する談話室の質問

ツイートする