高井有一のおすすめランキング

高井有一のおすすめランキングのアイテム一覧

高井有一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『この国の空 (新潮文庫)』や『コレクション 戦争×文学 15 戦時下の青春』や『芥川賞全集 第7巻 されどわれらが日々,玩具,北の河,夏の流れ,カクテル・パーティー 他』など高井有一の全74作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

この国の空 (新潮文庫)

125
3.25
高井有一 2015年4月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦時中の東京を舞台にした小説。 少女から女性へと移りゆく主人公。 戦時中の日常が実に鮮やかに書かれています。 『戦争』と言われてもやはりピンとこない... もっと読む

コレクション 戦争×文学 15 戦時下の青春

38
4.00
中井英夫ほか 2012年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

https://act-02.kobe-kiu.ac.jp/opac/volume/371236 もっと読む

芥川賞全集 第7巻 されどわれらが日々,玩具,北の河,夏の流れ,カクテル・パーティー 他

26
3.33
柴田翔 1982年8月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東大入試が中止された頃に読んだ。書棚のこの本を見るたびに、若かりし頃が懐かしくよみがえります。 もっと読む

立原正秋 (新潮文庫)

23
4.00

感想・レビュー

露悪でもなく糾弾でもなく、評伝とはかくあるべきかという評伝。それとも友人であったからこそ書けた本かな。 処分日2014/09/20 もっと読む

北の河 (文春文庫)

22
3.20
高井有一 1976年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

芥川賞シリーズ⑤ 昭和20年の春、東京から15歳の息子とその母と二人が、東北の大河のほとりの町に疎開して、終戦後の初冬に、母は息子一人を残して河に投身自... もっと読む

立原正秋

20
2.67

感想・レビュー

元々。評伝…故人について云々は好きではない。 反則の分野だと思っている自分にとっては 得るものの少ない 作品 だった。 虚は虚のままに、読み手の中... もっと読む

半日の放浪―高井有一自選短篇集 (講談社文芸文庫)

18
3.60

感想・レビュー

半日の放浪―高井有一自選短篇集 (講談社文芸文庫) もっと読む

夜の蟻 (ちくま文庫)

10
3.67

感想・レビュー

 ものすごくいいものなのだけれども他人に勧められない、という本があって。 「『夜の蟻』いいよォー、すごいよォー」 「へえ、どういう話なの?」 「会... もっと読む

この国の空

7
3.25

感想・レビュー

終戦間近の日本で暮らす人々の日常。すっと頭に映像が出てくるような描写。戦時下での生活風景が見えてくる。淡々とした感じもあるので、里子の気持ちの切なさはそれ... もっと読む

谷間の道 (1969年)

6
4.50
高井有一 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どうやら私は昔の学生が日本の世情について語っているだけのような話が好きらしい。   「谷間の道」のみ読了。 もっと読む

時のながめ

5
高井有一 2015年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

●アラン・ミッスィーさんのおすすめコメント● 端正な旧かな遣ひで書かれたエッセイ集である。丸谷才一亡く迄、彼は現代文学でも数少ない文体を保持していた人物... もっと読む
全74アイテム中 1 - 20件を表示

高井有一に関連する談話室の質問

ツイートする
×