高木徹のおすすめランキング

プロフィール

1965年、東京生まれ。1990年、東京大学文学部卒業後、NHK入局。ディレクターとして数々の大型番組を手がける。NHKスペシャル「民族浄化~ユーゴ・情報戦の内幕」「バーミアン 大仏はなぜ破壊されたのか」「情報聖戦~アルカイダ 謎のメディア戦略~」「パール判事は何を問いかけたのか~東京裁判・知られざる攻防~」「インドの衝撃」「沸騰都市」など。番組をもとに執筆した『ドキュメント 戦争広告代理店』(講談社文庫)で講談社ノンフィクション賞・新潮ドキュメント賞をダブル受賞。二作目の『大仏破壊』(文春文庫)では大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。

「2014年 『国際メディア情報戦』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高木徹のおすすめランキングのアイテム一覧

高木徹のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ドキュメント 戦争広告代理店〜情報操作とボスニア紛争 (講談社文庫)』や『国際メディア情報戦 (講談社現代新書)』や『ドキュメント 戦争広告代理店―情報操作とボスニア紛争』など高木徹の全22作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ドキュメント 戦争広告代理店〜情報操作とボスニア紛争 (講談社文庫)

1235
4.17
高木徹 2005年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ボスニアヘルツェゴビナ(vsセルビア)の紛争がいかにUSのPR会社によって情報操作されたものだったか、という話。確かにセルビアが悪、と断定した方が話が分か... もっと読む

国際メディア情報戦 (講談社現代新書)

332
4.02
高木徹 2014年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【由来】 ・講談社のBOOK倶楽部メール。「図書館を斬る」blogでも。 【期待したもの】 ・ ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か... もっと読む

ドキュメント 戦争広告代理店―情報操作とボスニア紛争

286
3.95
高木徹 2002年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

●まずPR企業という存在を初めて知った。PR企業は、顧客を支持する世論を作り上げる。ボスニアとセルビアの明暗を分けたのは、PR企業の有無だった。 もっと読む

大仏破壊―ビンラディン、9・11へのプレリュード (文春文庫)

116
4.12
高木徹 2007年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タリバンとアルカイダの違いが分からない。 9・11テロが何故起きたのか知りたい。 という方は是非読んでみるべき。 もっと読む

大仏破壊 バーミアン遺跡はなぜ破壊されたか

73
4.03
高木徹 2005年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タリバン政権により行われたバーミヤンの大仏破壊の内幕を綿密な取材により明らか何した力作。「キリスト教」世界という言葉と「国際社会」という言葉が限りなく同義... もっと読む

「バレンタイン流マネジメント」の逆襲

20
4.07
高木徹 2006年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

バレンタインの裏の顔から入る導入がいい。中盤にもってきたい重要部分をつかみに持ってきたので「顔の分け方」すなわちマネジメントを分析していくことが暗に伝わる... もっと読む

国際メディア情報戦 (講談社現代新書)

16
4.20
高木徹 電子書籍 2014年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前作同様、読み応えのあるものだった。情報戦に対して日本がどのように望むべきかは重要な提言だ。 もっと読む

マンガでわかる トヨタ流の生産方式とマネジメント

11
4.00
高木徹 2017年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

Keep…やってみて良いと思われることは継続 Problem…問題があればそれを見つける Try…カイゼン策を考え、試す→良かったらKeepへ移行 もっと読む
全22アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする