高木由臣のおすすめランキング

高木由臣のおすすめランキングのアイテム一覧

高木由臣のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『人の死なない世は極楽か地獄か (バク論)』や『寿命論 細胞から「生命」を考える (NHKブックス)』や『有性生殖論 「性」と「死」はなぜ生まれたのか (NHKブックス)』など高木由臣の全8作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

人の死なない世は極楽か地獄か (バク論)

42
3.25
池田清彦 2011年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「少子高齢化がますます進む日本の将来は明るくない」とか「健康長寿・ピンピンコロリをみんな目指そう」とかといったような世の中で「常識」と思われていることにつ... もっと読む

寿命論 細胞から「生命」を考える (NHKブックス)

36
3.83
高木由臣 2009年1月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者はずっとゾウリムシを使って研究を続けてきた。ずいぶん前に「生物の寿命と細胞の寿命」という本も読んでいて、本書はその後の研究成果が書かれているようだった... もっと読む

有性生殖論 「性」と「死」はなぜ生まれたのか (NHKブックス)

21
高木由臣 2014年1月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

意外な展開だったけど、有性生殖なる機能が生まれ発達してきた理由が一応これで説明できる。 もっと読む

生命システム (複雑系の科学と現代思想)

18
3.50
金子邦彦 1997年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

金子さん、郡司さん、高木さんの鼎談が、話が噛み合ってるのかどうかよくわからない。 郡司さんがかき回してる感がすごい もっと読む

生き延びること 生命の教養学V

10
4.00
高木由臣 2009年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「科学に佇む一行読書心」で紹介されていた。「患者を治療者の欲望の対象にしてはいけない。人間が人間をかけられるというような幻想は、あくまでも魔術の領域であっ... もっと読む

生物の寿命と細胞の寿命―ゾウリムシの視点から (平凡社 自然叢書)

4
5.00
高木由臣 1993年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

寿命研究のモデル生物にゾウリムシがつかわれているとは・・・ヘイフリックの仮説に始めてふれた本であり、生と性の関係について大変興味を抱いた本。 もっと読む
全8アイテム中 1 - 8件を表示
ツイートする