高杉一郎のおすすめランキング

プロフィール

(1908年7月17日-2008年1月9日)
翻訳家・作家。静岡県生まれ。東京文理科大学英文科卒業。著書に、第24回芥川賞候補作となり、ベストセラーになった『極光のかげに』(1950)ほか多数。『トムは真夜中の庭で』をはじめフィリパ・ピアスなどの一連の児童書の翻訳でも知られる。


「2022年 『不思議の国のアリス 鏡の国のアリス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高杉一郎のおすすめランキングのアイテム一覧

高杉一郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『トムは真夜中の庭で (岩波少年文庫 41)』や『トムは真夜中の庭で (岩波の愛蔵版 24)』や『ホメーロスの イーリアス物語 (岩波少年文庫)』など高杉一郎の全93作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

トムは真夜中の庭で (岩波少年文庫 41)

1791
3.97
フィリパ・ピアス 2000年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フィリパ・ピアスの作品というと、だいぶ前に読んだ「「まぼろしの小さい犬」を先ず思い出す。 満足度の非常に高い一冊で、まさかこちらの代表作が未読だったとは... もっと読む

トムは真夜中の庭で (岩波の愛蔵版 24)

387
3.96
フィリパ・ピアス 1967年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読書会のお題本となり、私の長年の積読がやっと解消される時がきました✨ 時空の移動が難しくて、なかなか読み通せずに放置していたことを、何故?と反省するくらい... もっと読む

ホメーロスの イーリアス物語 (岩波少年文庫)

142
3.89

感想・レビュー

【貸出状況・配架場所はこちらから確認できます】 https://lib-opac.bunri-u.ac.jp/opac/volume/722853 もっと読む

極光のかげに: シベリヤ俘虜記 (岩波文庫)

108
4.31
高杉一郎 1991年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高杉一郎 「極光のかげに」 シベリア俘虜記 俘虜は 人質というより労働力。俘虜の非人間的扱いみたいなシーンはない。 最初は 家庭のような開放的な雰囲気... もっと読む

(062)嘘 (百年文庫)

103
3.79
宮沢賢治 2011年1月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エロシェンコ作品を初読み。 滴るような湿度の高い情景、白昼夢から覚めたような読後感。徹底した目線の低さ、素朴な疑問を突き詰める姿勢。浮遊感がありながら、現... もっと読む

トムは真夜中の庭で (岩波少年文庫 2079)

76
3.77
フィリパ・ピアス 1975年11月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

10代後半に初めて読んで、30代になってもいまだに本棚に並んである心に残る一冊です。真夜中にタイプスリップするお話。再読したくなってきました! もっと読む

ふしぎの国のアリス (講談社文庫 外 106-1)

73
3.43

感想・レビュー

本棚の隅から取り出したのは、何年ぶりだろう。有名な作品だから大筋はもちろん分かっているが、細かいところはまったく覚えていなかった。難しいことは考えずに楽し... もっと読む

幽霊を見た10の話 (世界児童文学の名作B)

65
3.88

感想・レビュー

怖いお話しというか、不思議な、奇譚的な10のお話し。 どれも面白くてクセになるけど、 心を掴まれたのは、 「水門で」 多くを語らずして想像させる... もっと読む

鏡の国のアリス (講談社青い鳥文庫)

65
3.38
ルイス=キャロル 1994年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不思議の国のアリス、と言えばやっぱりこのイラスト。ジョン・テニエルさん。ちょっと不気味で可愛いこの挿し絵が好き。ディズニー版の方が可愛いのは間違いないけど... もっと読む

こわがってるのはだれ?

59
4.00

感想・レビュー

大おばあさんの100歳の誕生日に招かれた,仲の悪いいとこ同士の少年ふたりが古い屋敷の中でかくれんぼをして体験した恐怖の瞬間……スーパーナチュラルな手法で描... もっと読む

鏡の国のアリス (講談社文庫)

56
3.36

感想・レビュー

本棚から取り出したら、最新刊の帯が巻いたままになっていた。こちらも、読み直すのは何年ぶりか分からない。語呂合わせや駄洒落が分からないことを差し引いても、「... もっと読む

まほうの馬: ロシアのたのしいお話 (岩波おはなしの本)

52
4.30
A.トルストイ 1964年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

動物や魔法のお話が12話収められたロシア民話集。 ザラッとした手触りの表紙に、ラチョフの美しい動物の絵。 一目見て、「この本の中には面白いお話がぎっしり詰... もっと読む

ふしぎの国のアリス (講談社 青い鳥文庫)

41
3.40
ルイス・キャロル 1986年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ふしぎの国のアリス (講談社青い鳥文庫) 作品であるルイス・キャロルの作品です。 もっと読む

サティン入江のなぞ

40
4.00
フィリパ=ピアス 1986年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子供が読むにはすこし難しい本かなっと思ったけれど、きっと、子供の社会の中には、大人がまだ早いだろうと思うようなことでも、すでに、気持ちは目を背けるよりもち... もっと読む

ある革命家の思い出 上(全2巻) (平凡社ライブラリー)

39
4.20
P.クロポトキン 2011年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ある革命家の思い出 上(全2巻) (平凡社ライブラリー) (和書)2012年03月15日 20:40 P.クロポトキン 平凡社 2011年9月10日 ... もっと読む

極北の犬トヨン

38
4.08

感想・レビュー

シベリアの極北で暮らすヤクート人の漁師グランは、トヨンという子犬を手に入れました。トヨンは優れた猟犬に成長し、グラン一家をさまざまな面で支えるとともに、あ... もっと読む

ある革命家の手記 上 (岩波文庫 白 218-2)

38
3.60

感想・レビュー

 著者のピョートル・クロポトキンさんは1842年に生まれているので、1836年に生まれた坂本龍馬さんと6つしか違わない。ほぼ同時代の人と考えていいのだろう... もっと読む

ふしぎの国のアリス (新装版) (講談社青い鳥文庫)

37
3.14
ルイス=キャロル 2008年5月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『アリス・オンパレード』第22弾。新書サイズ。「青い鳥文庫」に所収されていることから、基本的な読者層は小学校高学年から中学生くらいか。訳者は高杉一郎。「ト... もっと読む
全93アイテム中 1 - 20件を表示

高杉一郎に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×