高樹のぶ子のおすすめランキング

高樹のぶ子のおすすめランキングのアイテム一覧

高樹のぶ子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『その細き道 (文春文庫 (373‐1))』や『彩月―季節の短篇 (文春文庫)』や『ショパン奇蹟の一瞬』など高樹のぶ子の全189作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

その細き道 (文春文庫 (373‐1))

30
3.78
高樹のぶ子 1985年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新宿区坂町の雰囲気が好きで、舞台だというので購入/ 面白い、と評するような作品じゃないと思うが、若い時代のもやもやが良く書けている/ 短編集だがメインは表... もっと読む

彩月―季節の短篇 (文春文庫)

29
3.58
高樹のぶ子 2002年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

10/10/27読了 季節感溢れる短編集。艶めかしいというかリアルさを感じさせるような描写が印象的。 もっと読む

ショパン奇蹟の一瞬

29
3.25
高樹のぶ子 2010年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

15曲入りのCDのそれぞれの曲に対して、曲が生まれた風景描写やショパンとサンドのやりとりが創作されている。こうした形で、作曲家の物語に触れることができるの... もっと読む

罪花 (文春文庫)

28
3.06
高樹のぶ子 2006年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いろいろな「罪」が絡んだ6つの短編。 どの話もゾッとして、含みを持たせて終わる。 重くて暗い…読んだ後どっと疲れがでる感じ。 もっと読む

白磁海岸

28
2.36
高樹のぶ子 2017年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

話がどんな展開になっていくのかと思えばどんどん専門的な事になってきてなんだかよくわからなくなってしまった。 母親が息子の死の真相を知ろうとする話だけど、何... もっと読む

エクスタシィ―大人の恋の物語り

27
3.62
高樹のぶ子 2003年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

阿木燿子さんの『エーゲ海のように』が好き。 官能的な部分は全然イヤらしさを感じず、むしろ綺麗な絵のような世界が広がっていた。 他の作品も恐怖小説のよう... もっと読む

熱 (文春文庫)

27
3.00
高樹のぶ子 1997年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この作者による代表的な作品、 恋愛三部作「その細き道」「時を青く染めて」「億夜」と共に、 三角関係を題材としながら、少し違うテイストを楽しめる。 ... もっと読む

時を青く染めて (新潮文庫)

25
3.42
高樹のぶ子 1993年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女性から見た男性の恋愛観や友情を描いている。 あとがきでは、この作品は非現実的な点が面白い、と書かれていたが、必ずしもそうではないと思う。 自分の正義... もっと読む

甘苦上海<完結版>

25
3.13
高樹のぶ子 2010年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中国、上海などを舞台とした作品です。 もっと読む

せつないカモメたち

24
2.93
高樹のぶ子 2006年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 日常生活の繰り返しのなかで“生きる”ということを、大げさに感じることは少ない。いつだって昨日は通り過ぎ、明日は必ずやってくる。そんな凡庸な繰り返しこそが... もっと読む

HOKKAI

23
2.50
高樹のぶ子 2005年10月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

史実とは違いがあるかもしれないが 北海を通して 明治という時代の一遍を 知った気がする。 もっと読む

百年の預言〈下〉 (朝日文庫)

23
3.44
高樹のぶ子 2002年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最後が・・・・真賀木を殺す必要があったのだろうか?バルバレスクの巻き添えで。この本は、実際にルーマニア革命を見てなお、面白さが増すものだと思う。エンマの言... もっと読む

百年の預言〈上〉 (新潮文庫)

22
3.38
高樹のぶ子 2004年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

謎としてはダ・ヴィンチよりも面白いと思ってしまったのは、自分が旧東欧圏に住んでいるからかも。不覚にも下巻のルーマニア革命の描写で涙が出そうになったので、星... もっと読む

アジアに浸る

22
2.75
高樹のぶ子 2011年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

単なるアジアの紹介書ではなかった。ベトナムの話は、重い。それぞれの国の置かれた環境など、観光では知ることのできない深いところがレポートされている。 もっと読む

光抱く友よ

20
3.40
高樹のぶ子 1984年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

親娘本ということで読んでみたんですが、結局この本に収録されている「春まだ浅く」の方にぐっと引きつけられました。精神的・肉体的に繋がると言っても親娘と男女で... もっと読む

飛水 (講談社文庫)

20
3.25
高樹のぶ子 2013年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これもタイトルで思わず手に。時空のパラドックスか、そもそも人の意識の中で連続しないのが時空か。人は連続のなかにあるのか、最後に残る一点こそが真実なのか。も... もっと読む

満水子〈下〉 (講談社文庫)

19
3.00
高樹のぶ子 2004年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公が普通な感覚な展開は良いですが、ちょっと現実離れな感が否めないと思う。 もっと読む
全189アイテム中 21 - 40件を表示

高樹のぶ子に関連する談話室の質問

ツイートする