高橋克彦のおすすめランキング

プロフィール

1947年、岩手県生まれ。早稲田大学卒。83年に『写楽殺人事件』で江戸川乱歩賞、86年に『総門谷』で吉川英治文学新人賞、87年に『北斎殺人事件』で日本推理作家協会賞、92年に『緋い記憶』で直木賞、2000年に『火怨』で吉川英治文学賞を受賞。本作『風の陣』(全五巻)は、「陸奥四部作」のうち、時代の順番としては最初の作品になる。以降、『火怨 北の燿星アテルイ』(上下巻)、『炎立つ』(全五巻)、『天を衝く』(全三巻)と続く。

「2018年 『風の陣 四 風雲篇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋克彦のおすすめランキングのアイテム一覧

高橋克彦のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『火怨 上 北の燿星アテルイ (講談社文庫)』や『七つの怖い扉 (新潮文庫)』や『火怨 下 北の燿星アテルイ (講談社文庫)』など高橋克彦の全706作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

火怨 上 北の燿星アテルイ (講談社文庫)

1021
4.27
高橋克彦 2002年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鮮麻呂の乱を別の角度から描写した冒頭から、風の陣とは打って変わって積極的に攻めに転じる蝦夷たちの行動力、戦術の巧みさ、そして阿弖流為を中心にした団結力など... もっと読む

七つの怖い扉 (新潮文庫)

944
3.17
阿刀田高 2001年12月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

●阿刀田高の迷路 最後の一行が怖い。 ●乃南アサの夕がすみ 子供をホラーの題材にするってなんかズルイような気がする。子供って祖父母や両親以外からは可... もっと読む

火怨 下 北の燿星アテルイ (講談社文庫)

801
4.39
高橋克彦 2002年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書の舞台である平安京遷都前の東北地方について、数十年前に読んだ教科書には確か「坂上田村麻呂が初代 征夷大将軍として東北を平定」のようにすごくあっさりとだ... もっと読む

炎立つ 壱 北の埋み火 (講談社文庫)

601
4.14
高橋克彦 1995年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私を歴史好きにさせてくれた作品。 とにかく、経清、貞任がかっこいい。 漢のなかの漢!!!というかんじ。 蝦夷から見た歴史、という観点は新鮮であったし、中... もっと読む

写楽殺人事件 (講談社文庫)

598
3.52
高橋克彦 1986年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

浮世絵シリーズ第1弾のテーマは写楽。 何かで読んだ北森鴻氏の蓮杖那智シリーズと共通点があるという意見には確かに頷ける。 膨大な調査の元に書かれているので興... もっと読む

ひと粒の宇宙 (角川文庫)

442
2.92
大岡玲 2009年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

30人もの作家さんを贅沢に使い作られた短編集。一つの話が長くて10ページ程だが、勿体ないので通勤途中に1日一作ずつゆっくり味わって読んだ。 多くの作家さ... もっと読む

炎立つ 弐 燃える北天 (講談社文庫)

438
4.13
高橋克彦 1995年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

NHK大河は見なかったんだけれど、その放送時、思い立って東北へバイクのツーリングに出たっけなぁ! もっと読む

天を衝く(1) (講談社文庫)

425
4.07
高橋克彦 2004年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

風の陣から時が進み、舞台は戦国時代。都からの距離がガラパゴス化を招く一因になっているのか、相変わらず東北だけは独自の混沌が続いている。 安倍貞任や藤原義家... もっと読む

炎立つ 参 空への炎 (講談社文庫)

419
4.14
高橋克彦 1995年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大和の国の歴史とは、また違う、夷の国、男たちの国の物語 (^_^)b もっと読む

炎立つ 伍 光彩楽土 (講談社文庫)

417
4.16
高橋克彦 1995年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めて、蝦夷側からのお話を読みました。 全五巻、夢中になってました。 歴史は見方によって、こんなにも違うんだなと思いました。 どんなに不利な... もっと読む

炎立つ 四 冥き稲妻 (講談社文庫)

397
4.06
高橋克彦 1995年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

懸命に耐え忍ぶ清衡の漢(オトコ)が燃える巻 σ(^^) もっと読む

緋(あか)い記憶 (文春文庫)

384
3.50
高橋克彦 1994年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

24年ぶりの再読。四半世紀前の読後感は、ただただ怖いことと、ストーリーのうまさ、文章の読みやすさであった。それが故にタイトルが深く記憶に刻まれ、再読のため... もっと読む

ドールズ (角川文庫)

364
3.60
高橋克彦 1997年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

殆ど申し分なく面白い作品なのですがラストの終わらせ方だけにはすこしがっかり感がありました・・・。 もっと読む

天を衝く(2) (講談社文庫)

331
4.03
高橋克彦 2004年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

動きそうで動かない展開に焦ったさを感じていたけれど、後半になってついに動き出した。 あくまで九戸党が正義という一貫したスタンスて描かれているので、感情移入... もっと読む

天を衝く(3) (講談社文庫)

328
4.15
高橋克彦 2004年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どこまでも熱い漢達の話、第三弾。 九戸政実なんて、日本史で習った記憶無い程知名度は低いと思うのですが、天下人秀吉にここまで抗った武将が他に居るのでしょうか... もっと読む

だましゑ歌麿 (文春文庫)

314
3.85
高橋克彦 2002年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

圧巻だ。田沼政権後の不安定な政策の様子も伝わって来る。それにしても面白い。そして仙波の格好良さが半端じゃない。スピンオフ作品も読んだが、もっともっと読みた... もっと読む

竜の柩(1) (講談社文庫)

302
4.06
高橋克彦 2006年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人から勧められ、とりあえず試しに1巻だけのつもりで読んだのだが… 面白すぎて2日で読了。 1冊が厚いので読み切る自信がなかったが、これなら6巻読破でき... もっと読む

恩田陸選 スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎003 (講談社文庫)

279
3.32
佐野洋 2008年9月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んだあとにぞっとする話が多い。 事故にあった女性を妻にみたて、強姦する話が怖くて、ゾクッとした。 もっと読む

ドールズ 闇から覗く顔 (角川文庫)

270
3.70
高橋克彦 1998年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 ドールズシリーズ第2弾。  1990年、中央文庫で購入。検索画像が中央文庫でみつからず、こちらで登録。  中篇4作。紙の蜻蛉はTVドラマ化されたはず... もっと読む

総門谷 (講談社文庫)

268
3.71
高橋克彦 1989年8月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

龍とは?神とは?ピラミッドとは?・・・ふふふぅ〜ん!こんな話、大好きだ。 もっと読む
全706アイテム中 1 - 20件を表示

高橋克彦に関連する談話室の質問

ツイートする