高橋康也のおすすめランキング

プロフィール

1932-2002年。東京都生まれ。英文学者、文芸評論家。東大英文科卒業。東大名誉教授。日本英文学会、日本シェイクスピア協会会長などを歴任。『エクスタシーの系譜』『ノンセンス大全』など著訳書多数。

「2022年 『不思議の国のアリス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋康也のおすすめランキングのアイテム一覧

高橋康也のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ゴドーを待ちながら (白水Uブックス)』や『反解釈 (ちくま学芸文庫)』や『ゴドーを待ちながら (ベスト・オブ・ベケット)』など高橋康也の全127作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ゴドーを待ちながら (白水Uブックス)

769
3.78

感想・レビュー

思い立って読んでみたけど、解説読みながらも、会話とテンポにどんどん読み進めてしまった。 不条理、色んなものが風刺されている? 人生ってこんな感じかな。おか... もっと読む

反解釈 (ちくま学芸文庫)

586
3.67

感想・レビュー

自分にとってソンタグの文章を読むのは、己の背筋をきちんと伸ばすことに似ている。それは詭弁や小難しいだけの観念に振り回されることなく、自身の五感から紐解かれ... もっと読む

ゴドーを待ちながら (ベスト・オブ・ベケット)

357
3.60

感想・レビュー

登場人物は主人公二人と通りすがりの二人、それから各幕の最後に登場する少年一人だけ。 主人公二人はひたすらゴドーを待ちますが、ゴドーが何者か、どうしてゴド... もっと読む

ゴドーを待ちながら (ベスト・オブ・ベケット)

279
3.83

感想・レビュー

この戯曲の舞台は田舎道。一本の木。二人の老いた男がゴドーを待っている。 何も起こらない1日が終わり、とうとうゴドーはやって来ない。 次の日も同じことを繰り... もっと読む

不思議の国のアリス (挿絵=ラッカム)

267
3.94
ルイス・キャロル 2005年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アリス翻訳読み比べその3。翻訳はベケットの著作を手掛けたナンセンスの大家・高橋康成、イラストは数々の幻想作品を手掛けてきたアーサー・ラッカム。大型サイズ、... もっと読む

なにもない空間 (晶文選書)

176
3.76

感想・レビュー

「演劇表現基礎演習Ⅲ(A)」伊藤大先生 参考図書 「演劇特殊研究A」 山上優先生 参考図書 https://library.shobi-u.ac.jp... もっと読む

不思議の国のアリス (河出文庫)

165
4.26
高橋康也 2010年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

訳者 ノンセンス大全 もっと読む

スナーク狩り (挿絵=ホリデイ)

122
3.97
ルイス・キャロル 2007年7月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ルイス・キャロルの『スナーク狩り』と『ジャバーウォックの歌』の全訳が、ホリデイの挿絵と共に収録されている。 素晴らしいのは注釈が充実していることだと思う。... もっと読む

マロウンは死ぬ

117
3.64

感想・レビュー

モロイはめちゃくちゃ夢中になったけどこちらはいまひとつのまま終わってしまった、死を描くことについて、みたいな感じ、でもわからない もっと読む

新ナポレオン奇譚 (ちくま文庫)

112
3.69

感想・レビュー

訳:高橋康也、成田久美子、原書名:THE NAPOLEON of NOTTING HILL(Chesterton,Gilbert Keith) もっと読む

少女への手紙 (平凡社ライブラリー)

89
3.94
ルイス・キャロル 2014年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

19世紀イギリス、 数学者にして聖職者、童話作家でもあった 手紙魔ドジソンおじさんが いたいけな乙女たちに書き送った、 愛と優しさとユーモアと、 ... もっと読む

ヴィクトリア朝のアリスたち―ルイス・キャロル写真集

85
3.89
高橋康也 2003年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

チャールズ・ラトウィッジ・ドジスンつまりルイス・キャロル(Lewis Carroll、1832年1月27日 - 1898年1月14日)がアリス・リデルや有... もっと読む

消尽したもの

75
3.53
ジルドゥルーズ 1994年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

晩年のドゥルーズによるベケット論に、幾つかのTV用作品を収録したもの。消尽したもの―それは単に使い果たされた状態を指すのではない。そこには存在しない、言葉... もっと読む

世界文学にみる 架空地名大事典

69
3.78

感想・レビュー

20年以上前に買った本。今日、朝日新聞の青のbeに載っていて、懐かしくなった。 昔はこんな本ばかり買っていたなぁ・・・ もっと読む

原典対照 ルイス・キャロル詩集―不思議の国の言葉たち (ちくま文庫)

59
3.48

感想・レビュー

メディアブック作品の原典対照ルイス・キャロル詩集ー不思議の国の言葉たち(ちくま文庫) 原作のルイス・キャロルの作品です。 もっと読む

ワット

57
3.75

感想・レビュー

読書中 もっと読む

子供部屋のアリス (挿絵=テニエル)

53
3.60
ルイス・キャロル 2003年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先月読んだ「ひまわり探偵局」で,ルイス・キャロルのアリス・シリーズに「不思議の国の」と「鏡の国の」以外にも作品があると知ったので,早速取り寄せてみた。 ... もっと読む

また終わるために (Le livre de luciole (30))

51
3.43

感想・レビュー

自分の中のたくさんの自分など分裂性に目をむける。「アイデンティティ」への渇望は単なる逃避、とのこと。 「頭はむきだし・・・」がすき。 もっと読む

少女への手紙

47
3.83

感想・レビュー

少女への招待の手紙 作者であるルイス・キャロルの作品です。 もっと読む

勝負の終わり/クラップの最後のテープ (ベスト・オブ・ベケット)

47
3.64

感想・レビュー

[ 内容 ] ポストモダンな孤独とブラックユーモア。 ひきこもり男が暴君として振る舞う「勝負の終わり」、誕生日ごとに録音装置に入生を語る「クラップの最... もっと読む
全127アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×