高橋源一郎の新刊情報

高橋源一郎の新刊情報のアイテム一覧

高橋源一郎の新刊一覧です。発売日順に並んでいます。
2007年1月11日発売『百年の孤独 ニッポンの小説』や2006年11月11日発売『虹の彼方に (講談社文芸文庫)』や2006年11月10日発売『虹の彼方に (講談社文芸文庫)』など高橋源一郎の全261作品から、発売日が近い順番で作品がチェックできます。

百年の孤独 ニッポンの小説

183
3.86
高橋源一郎 2007年1月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 本の帯によると「日本文学史上初めての根源的小説論」とある。  その文句の通り、ここには文学とは何か、小説とは何か、言葉とは何か、についての考察が、あ... もっと読む

虹の彼方に (講談社文芸文庫)

200
3.59
高橋源一郎 2006年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 高橋源一郎の三作目。  巻末に掲載されている「著者から読者へ」を読むと、著者は「全世界について書いてみたかった」とのこと。  最終的には、とある理由... もっと読む

優雅で感傷的な日本野球 〔新装新版〕 (河出文庫)

332
3.55
高橋源一郎 2006年6月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

真剣にふざけてる。しかし、タイトルが意味するものは分かる気がする。 もっと読む

君が代は千代に八千代に (文春文庫)

174
3.27
高橋源一郎 2005年9月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編集。なんというか、控え目に言ってわりと悪趣味なものが多く、しかしそれをたいへんポップに軽快に読ませてしまうあたりが高橋源一郎だなと。登場人物は基本的に... もっと読む

官能小説家 (朝日文庫)

102
3.33
高橋源一郎 2005年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公は、本を書く才能に苦悩するご本人?高橋源一郎。 彼が憧れる明治時代からタイムスリップしてきた夏目漱石や森鴎外との語りを通して、文学とはなんぞや、そ... もっと読む

ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ

200
3.30
高橋源一郎 2005年5月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原作をモチーフにして、暴れまくる感じ。 もっと読む

読むそばから忘れていっても―1983‐2004マンガ、ゲーム、ときどき小説

41
2.79
高橋源一郎 2005年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あの高橋源一郎が少女漫画のファンだとは知らなかった。この本は彼がいかにマンガを読んできたかという記録である。 もっと読む

性交と恋愛にまつわるいくつかの物語

67
3.19
高橋源一郎 2005年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現代あり、SFあり、たくさんの性交と恋愛が描かれていて一気に読むことができました。またこの方の小説をいくつか読みたいと思っています。 もっと読む

日本文学盛衰史 (講談社文庫)

423
3.77
高橋源一郎 2004年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

伝言ダイヤルで女子高生と援助交際しまくったあげくブルセラショップの店長になってしまう石川啄木や、自然主義文学における「露骨なる描写」を追求するあまりAV監... もっと読む

ジョン・レノン対火星人 (講談社文芸文庫)

563
3.66
高橋源一郎 2004年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こちらも約30年ぶりの再読。タイトルからしてインパクト大。だいたい『○○対○○』系のタイトルは、その組み合わせの時点でどれだけ笑いを取れるか・・・もとい、... もっと読む

私生活

66
3.03
高橋源一郎 2004年2月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 1999年から2003年にかけて月刊「PLAYBOY」に連載されていたエッセーをまとめたもの。  13年も前のエッセーを今頃読んだ訳なのだが、それ程... もっと読む

現代詩手帖特集版 高橋源一郎

43
3.27
高橋源一郎 2003年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現代詩手帳の高橋源一郎特集号。 もちろん、中心的に論じられるのは、詩ではなく、小説である。 この本を読むと、高橋源一郎が「言葉」について、あるいは「小... もっと読む

人に言えない習慣、罪深い愉しみ―読書中毒者の懺悔 (朝日文庫)

99
3.30
高橋源一郎 2003年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2009年3月7日~9日。 「週刊朝日」や「読売新聞」に連載されていた書評を集めたもの。  「本格書評」となっているが、本格ではないだろう。 ... もっと読む
全261アイテム中 161 - 180件を表示

高橋源一郎に関連する談話室の質問

ツイートする