高橋源一郎の新刊情報

プロフィール

1951年、広島県生まれ。81年『さようなら、ギャングたち』で群像新人賞優秀作を受賞しデビュー。『優雅で感傷的な日本野球』で三島賞、『日本文学盛衰史』で伊藤整文学賞、『さよならクリストファー・ロビン』で谷崎賞を受賞。

「2018年 『作家と楽しむ古典 土左日記 堤中納言物語 枕草子 方丈記 徒然草』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋源一郎の関連サイト

高橋源一郎の新刊情報のアイテム一覧

高橋源一郎の新刊一覧です。発売日順に並んでいます。
2018年11月19日発売『「雑」の思想 : 世界の複雑さを愛するために』や2018年11月19日発売『「雑」の思想: 世界の複雑さを愛するために』や2018年10月30日発売『別冊NHK100分de名著 メディアと私たち (教養・文化シリーズ)』など高橋源一郎の全256作品から、発売日が近い順番で作品がチェックできます。

「雑」の思想 : 世界の複雑さを愛するために

32
4.00
高橋源一郎 2018年11月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

弱さが持つ強さを研究した『弱さの思想』の続編。 全体性と多様性を融合するのが「雑」。単純化や抽象化で捨てられてしまうものの中に共同体を強くする素がある。意... もっと読む

別冊NHK100分de名著 メディアと私たち (教養・文化シリーズ)

38
4.80
堤未果 2018年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ジャーナリズムについて各テキストによって論じているが、これが簡潔だが深い。放送時に説明が薄かった点も確実に補完されており、この四冊以上の内容だと思う。「世... もっと読む

今夜はひとりぼっちかい? 日本文学盛衰史 戦後文学篇

69
4.00
高橋源一郎 2018年8月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本文学を巡る破天荒な長篇小説として話題を集め、伊藤整文学賞を受賞した「日本文学盛衰史」の続篇。 前作で度肝を抜かれ(こんなのアリ? という意味で)、本... もっと読む

絵本のこと話そうか —対談集

84
4.00
長新太 2018年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

20年以上前の本だそうです。復刻版 なかなk面白い企画だと思いますが、 ちょっと難しいというか絵本のことは あまりわからないので読みづらい部分もあり... もっと読む

憲法が変わるかもしれない社会

33
4.60
高橋源一郎 2018年7月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「改憲」と簡単に言うなよ、「憲法改悪」だろ。 文藝春秋のPR 戦後日本で、かつてなく改憲の可能性が高まるいま、「知ってるようで知らない」憲法につい... もっと読む

ゆっくりおやすみ、樹の下で

98
4.07
高橋源一郎 2018年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この夏の、ベストな一冊。 「いい本を読んだなあ。読み終わるのが惜しいな」 本気で思いました。幸せな夏休みが終わるのが 残念な気持ちと似ていて... もっと読む

お釈迦さま以外はみんなバカ (インターナショナル新書)

86
3.44
高橋源一郎 2018年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高橋源一郎は、2012年から「源ちゃんのゲンダイ国語」というラジオのコーナーを担当し、十五分程度で本を紹介し続けていた。本書はそこで紹介した本をまとめたも... もっと読む

作家と楽しむ古典 土左日記 堤中納言物語 枕草子 方丈記 徒然草

43
3.80
堀江敏幸 2018年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【新着図書ピックアップ!】 「日本文学全集 池澤夏樹 編集 河出書房新社 2016」918/I35 で古典作品を新訳した、現在活躍する作家たちが、その苦... もっと読む

ぼくたちはこの国をこんなふうに愛することに決めた (集英社新書)

165
3.77
高橋源一郎 2017年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高橋源一郎さんの小説。相変わらず不思議な小説。こどもたちが主人公で、ある学校にいる生徒たちが、不思議な先生たちとインタラクションをして夏休みの宿題で『くに... もっと読む

現代作家アーカイヴ1: 自身の創作活動を語る

24
4.00
高橋源一郎 2017年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白くないはずがない。 「さようならギャングたち」の高橋源一郎。 「仮往生伝試文」の古井由吉。 「夏の終わり」の瀬戸内寂聴。 の創作スタイルが語ら... もっと読む
全256アイテム中 1 - 20件を表示

高橋源一郎に関連する談話室の質問

ツイートする