高橋秀実のおすすめランキング

プロフィール

ノンフィクション作家。1961年、横浜市生まれ。東京外国語大学モンゴル語学科卒。テレビ番組制作会社勤務を経て、作家に。開成高校野球部の奮闘を描いた近著『弱くても勝てます』がベストセラーに。
『ご先祖様はどちら様』で小林秀雄賞受賞。

「2015年 『損したくないニッポン人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋秀実のおすすめランキングのアイテム一覧

高橋秀実のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『「弱くても勝てます」―開成高校野球部のセオリー』や『「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)』や『考えるマナー』など高橋秀実の全57作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

「弱くても勝てます」―開成高校野球部のセオリー

1269
3.61
高橋秀実 2012年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本はものすごく面白い。 毎年毎年、日本で一番東大へ数多くの合格者を送り出している私学の名門開成高校。 その野球部に関する話なのだが、部に所属する生徒... もっと読む

「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー (新潮文庫)

884
3.45
高橋秀実 2014年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

少し前のベストセラー。 文庫化されたこちらを読んだ(単行本はこちら)。 東大合格者数日本一を誇る、いわゆる「御三家」の1つ、開成高校の野球部を追ったノ... もっと読む

考えるマナー

273
3.22
赤瀬川原平 2014年7月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ありとあらゆるマナーの本。 例えば「五本指ソックスのマナー」、「物忘れのマナー」、「オヤジギャグのマナー」、「無趣味のマナー」、「殺しのマナー」なんてもの... もっと読む

はい、泳げません (新潮文庫)

260
3.46
高橋秀実 2007年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

泳げない著者が、なぜ水が怖いのか?から始まり、紆余曲折をしながら、スイミングのコースに通い、泳げるようになるまでのエッセイ。 コーチが色々と考えて「... もっと読む

からくり民主主義 (新潮文庫)

255
3.86
高橋秀実 2009年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 世の中の複雑さにため息が出る、そんなルポルタージュ集です。  沖縄米軍基地や福井の「原発銀座」、そして統一教会に上九一色村など、話題の土地に実際に... もっと読む

ご先祖様はどちら様

205
3.40
高橋秀実 2011年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先祖を巡る話というのは、事実と物語が入り交じっていて、親バカ話の純度を高めたような楽しいような苦痛のような不思議な話になるものだ。その辺のデタラメさ加減と... もっと読む

男は邪魔! 「性差」をめぐる探究 (光文社新書)

187
3.42
高橋秀実 2013年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いや、まったくもってその通りだと思うよ。現代の日本の社会において「男は邪魔!」(ビックリマークも必須だよね)! きっと自然に任せているとまともな会話やコミ... もっと読む

やせれば美人 (新潮文庫)

181
3.40
高橋秀実 2008年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

男性が女性のダイエットを描くと、どうしても「ばっかでーww」みたいな雰囲気になりそうなんですが、そこはさすが高橋秀実さん。女性の‘ダイエット文化’に疑問を... もっと読む

損したくないニッポン人 (講談社現代新書)

168
3.06
高橋秀実 2015年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

貨幣愛だとか行動経済学だとか、そういったことに興味があって読んだ。ヒデミネ節は楽しめるが、議論が深まっていかない感じであった。 「損失回避の原則」に疑問... もっと読む

趣味は何ですか?

167
3.38
高橋秀実 2010年3月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何もしていない状態で、気持ちが充実してくる。 するべきことをしていると言うのは自分の非を認めない人が言いがちなこと。 もっと読む

からくり民主主義

161
3.50
高橋秀実 2002年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うーん、これはまったく困った本だ。村上春樹さんの解説のタイトルも「僕らが生きている困った世界」となっている。(解説が村上さんというのも驚きだが) 高... もっと読む

趣味は何ですか? (角川文庫)

147
3.60
高橋秀実 2012年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かったぁ♪ とある講演会で「先生のご趣味は何ですか?」と聞かれた高橋秀実さん。 そこから趣味を探す旅が始まる。 例えば「蕎麦打ち」、「八十八カ所... もっと読む

はい、泳げません

132
3.66
高橋秀実 2005年6月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白い( ´ ▽ ` )ノ 水が怖く、泳げない著者が、なぜか水泳教室に通い、泳げる人になろうと奮闘。 …なのに、泳げる人は性格悪いとか、泳げない方が水難... もっと読む

トラウマの国ニッポン (新潮文庫)

129
3.32
高橋秀実 2009年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

12のルポ。 それぞれを一言で言うと、トラウマを探す事で癒される不思議な人々、夢を語れない醒めた子供達、ゆとり教育の空回り、自己目的化する資格マニア... もっと読む

人生はマナーでできている

119
3.52
高橋秀実 2016年4月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

===qte=== 人生はマナーでできている 高橋秀実著 ユーモアあふれる取材と考察 2016/5/15付日本経済新聞 朝刊  マナーとルー... もっと読む

不明解日本語辞典

102
3.08
高橋秀実 2015年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「あ」「いま」「社会」「適当」「つまらない」「すみません」など、32語の見出し語を通して、日本語の不明解さをぐるぐると悩み考える一冊。 ことばというもの... もっと読む

ご先祖様はどちら様 (新潮文庫)

88
3.32
高橋秀実 2014年8月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヒデミネさんったら、個人的ルーツ探しをして小林秀雄賞をもらっちゃってたんですね。 私の先祖は誰?と戸籍、家紋、現地調査に専門家、親戚縁者まで動員し調べてみ... もっと読む

結論はまた来週

87
3.68
高橋秀実 2011年9月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正直最初から三分の一くらいまでは「そんなに面白くないかも」と思っていたのだ。「びっしりの字がちょっとつらいなあ」って。でもちょびちょび読んでいくうちにその... もっと読む

定年入門

86
3.11
高橋秀実 2018年3月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たくさんの定年者へのインタビューを元に、定年後の生活はどうしたらいいのか、そもそも定年とは何なのかを考える本。 様々な生き方をする方々の言葉はとても面白か... もっと読む

素晴らしきラジオ体操 (小学館文庫)

80
3.57
高橋秀実 2002年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやまったくこれは「エンタメ・ノンフ」以外に分類不能でしょう。高野秀行さんが「横綱」と評していただけのことはある。資料や関係人物を徹底的に取材し、かつ、自... もっと読む
全57アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする