高田かやのおすすめランキング

プロフィール

唐戸俊一郎(からと・しゅんいちろう)。1949年、福岡県生まれ。1968年、東京大学入学、1977年、東京大学理学博士。1989年、アメリカに移住。ミネソタ大学教授を経て、現在イェール大学教授。地球惑星物質の研究を通して地球や惑星の起源やダイナミクスを理解することを目指し、ミクロとマクロを結ぶ学際的な研究を続けている。専門論文の他に『レオロジーと地球科学』(東京大学出版会)、“Rheology of Solids and of the Earth”(Oxford University Press)、“Deformation of Earth Materials”(Cambridge University Press)など編著書多数。日本学士院賞、ラブ・メダル(ヨーロッパ地球科学連合)、レーマン・メダル(アメリカ地球物理学連合)などを受賞。

高田かやのおすすめランキングのアイテム一覧

高田かやのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『カルト村で生まれました。』や『さよなら、カルト村。 思春期から村を出るまで』や『カルト村で生まれました。 (文春e-book)』など高田かやの全14作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

カルト村で生まれました。

652
3.50
高田かや 2016年2月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あるカルト村で過ごした日々のコミックエッセイ。あんなに騒がれていたわりに、そんなに深刻ではなく、ある意味ホッとした。(猫の件はこわかったけど)。 ... もっと読む

さよなら、カルト村。 思春期から村を出るまで

431
3.64
高田かや 2017年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カルト村ってところに興味を持って読んでみた。 この村って幸福会ヤマギシ会ってとこらしい。 内容は思ったよりギスギスしてなくて主人公がそこそこ楽しく暮らして... もっと読む

カルト村で生まれました。 (文春e-book)

139
3.50
高田かや 電子書籍 2016年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

八日目の蝉でも題材にされていた、ヤマギシ会出身の人の回顧コミックエッセイ。 本人の天然っぽいコメントがかえって皮肉っぽくもあり、それに対するフサオさんのツ... もっと読む

お金さま、いらっしゃい!

100
3.48
高田かや 2018年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 カルト村での著者だからもっとお金に対して貪欲に欲するのかと思えば、普通に生活している同世代よりももっと金銭面でしっかりしている感覚を身に着けている。 ... もっと読む

さよなら、カルト村。 思春期から村を出るまで (文春e-book)

53
4.00
高田かや 電子書籍 2017年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【「続きが読みたい」と大反響の話題作!】過酷な労働や掟に縛られた「カルト村」の生活を受け入れて育った著者は、なぜ自ら村を出たのか? 村の実態に迫る衝撃の実... もっと読む

うまうまニッポン! 食いだおれ二人旅

34
3.27
高田かや 2019年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

理想的な夫婦二人の気ままな国内旅行でした。(パッケージとかではなくすべて個人旅行) 自分たちで調べていきたいところへ行く。 いいなぁ。 もっと読む

お金さま、いらっしゃい! (文春e-book)

16
3.80
高田かや 電子書籍 2018年6月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お金のない村で育った作者の、お金に対する感覚が独特です。「お金を介せば意思の疎通とお互いの満足が成り立つ」は目から鱗でした。 節約の本としても、ちょっと軽... もっと読む
全14アイテム中 1 - 14件を表示
ツイートする
×