高田宏のおすすめランキング

高田宏のおすすめランキングのアイテム一覧

高田宏のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ことばを生み出す三角宇宙 (朝日文庫)』や『言葉の海へ (新潮文庫)』や『木のことば・森のことば (ちくまプリマー新書)』など高田宏の全123作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ことばを生み出す三角宇宙 (朝日文庫)

58
2.80
谷川俊太郎 2011年11月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宇宙は無限だが、 その無限が2倍にも3倍にも広がる方法がある。 ・・・と、あえて、うさんくさい言葉を用いてみたくなった。 でも、それが ... もっと読む

言葉の海へ (新潮文庫)

41
4.13
高田宏 1984年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

サンキュータツオ氏の著作の中で触れていた、『言海』の凄さを知り、大槻文彦を伝記小説にしたこの作品にも言及されていたので、購入。 ブクログには1984... もっと読む

木のことば・森のことば (ちくまプリマー新書)

37
3.50
高田宏 2005年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

淡々と森や山について書いてある。 大自然に癒されたい、でも森でのんびりやってる暇なんてないんだわ、という忙しい人にちょうどいいかもね。 一番印象に... もっと読む

言葉の海へ (洋泉社MC新書)

37
3.50
高田宏 2007年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「言海」編纂者である大槻文彦の伝記小説、という紹介がなされているが「言海」の成立背景を描いたノンフィクション作品、という表現がより正確だ。 大槻文彦や大槻... もっと読む

言葉の海へ (同時代ライブラリー (341))

24
3.60
高田宏 1998年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

勉強になりました。 もっと読む

言葉の海へ (1978年)

16
4.33
高田宏 1978年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国語辞典「玄海」を編纂した大槻文彦の生い立ちから辞典完成、そして大槻文彦が亡くなるまでを追ったもの。 時代背景も含め、壮絶です。 もっと読む

日本海繁盛記 (岩波新書)

13
3.50
高田宏 1992年1月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前書きの文章がとても印象的で、テーマより先に良質な文章に出会えた嬉しさを感じた。 これまで読まなかったことを、非常に損をした気分にすらなった。 もっと読む

猫のしっぽ

13
4.00
高田宏 2000年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の息子さんが1編につき1枚猫の絵を描かれていて、いい味出してる。猫への愛にあふれた1冊。 もっと読む

惜櫟荘主人―一つの岩波茂雄伝 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)

10
3.67
小林勇 1993年9月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

天地に残せる文の尊さをつくづくと思ふ船の上にて   岩波茂雄  岩波書店は、1913年(大正2年)に古書店として出発した。翌年、夏目漱石の「こころ... もっと読む

大長編小説礼讃

8
4.00
高田宏 1993年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高田宏といえば、1964年から75年まで元・エッソ石油のPR誌「エナジー」の名編集者として名をはせ、企業のPR誌でもやり方によって文化・芸術分野でいかに尖... もっと読む

「吾輩は猫でもある」覚書き (ちくま文庫)

7
3.33
高田宏 1996年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『言葉の海へ』や『木に会う』などの名エッセイで知られる著者が、20匹近くに及ぶ飼いネコたちとの思い出を語った本です。 私自身はそこまでネコ好きではな... もっと読む
全123アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする