高田崇史のおすすめランキング

高田崇史のおすすめランキングのアイテム一覧

高田崇史のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『鬼神伝 鬼の巻 (ミステリーランド)』や『カンナ 天草の神兵 (講談社文庫)』や『QED ~flumen~月夜見 (講談社ノベルス)』など高田崇史の全303作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

鬼神伝 鬼の巻 (ミステリーランド)

181
3.18
高田崇史 2004年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

基本的に「勝者の歴史の欺瞞を暴こう」が、この人の作品の立ち位置です。 ざっくりだけど。 タイトルは「きしんでん」じゃなくて「おにがみでん」。ついつい「... もっと読む

カンナ 天草の神兵 (講談社文庫)

178
3.44
高田崇史 2012年4月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カンナシリーズ第2弾。 第1弾の思想を引き継いだ切り口で、テーマは違うけれど考え方は一緒っていうポリシーを感じました。 これもまたなかなかに面白い。 次の... もっと読む

QED ~flumen~月夜見 (講談社ノベルス)

172
3.32
高田崇史 2016年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この安定感というのだろうか、読み進めている間中、なんだかほっとする感じがしました。やはり、QEDだよなあ。 他の作品にQEDの主人公二人がちょっとゲスト... もっと読む

千葉千波の怪奇日記 化けて出る (講談社ノベルス)

171
3.03
高田崇史 2011年11月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久々に千葉千波くんシリィズの続編。今回はまた装飾がさらに増して、絶妙なリアリティ加減でした。ひそかにぴぃくんのなぞなぞが好きなので、いくつも出題されて楽し... もっと読む

麿の酩酊事件簿 花に舞 (講談社ノベルス)

167
3.19
高田崇史 2003年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文麿は旧家の跡取り息子。 家訓は『嫁取りは自力で』。 祖母に急かされながら、出会いを求めて奮闘中。 そして文麿には困った癖が。 酒には滅法弱いものの、度... もっと読む

神の時空 ―倭の水霊― (講談社ノベルス)

159
3.24
高田崇史 2014年7月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本武尊の伝説に絡めたミステリー。いつもながら、意外な展開。 もっと読む

鬼神伝 神の巻 (ミステリーランド)

156
3.20
高田崇史 2004年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現代から平安時代へタイムスリップ。そこでのボーイミーツガール。 「歴史って見方を変えると、全く違ったものになるんだよ」ということを唆しつつ、少年少女の出... もっと読む

パズル自由自在 千葉千波の事件日記 (講談社文庫)

156
3.24
高田崇史 2008年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

このシリーズ、 千波くんをジャニーズとかにして、 ドラマ化したら面白いだろうにって思う。 もっと読む

麿の酩酊事件簿―月に酔 (講談社ノベルス)

156
3.13
高田崇史 2003年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 タイトルうろ覚え。(オイ)  酔っ払うといきなりしゃきっとして推理を始める探偵のお話。お決まりの如く、酔いが覚めると覚えていない。  元は少女漫画らしい... もっと読む

カンナ 吉野の暗闘 (講談社文庫)

149
3.51
高田崇史 2012年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ストックしていた本の最後となりました。 読破してしまったので、再び本屋で別の本を購入・・・読書って本当にエンドレスですね。 久し振りのカンナシリーズはやっ... もっと読む

麿の酩酊事件簿〈花に舞〉 (講談社文庫)

144
3.00
高田崇史 2006年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いままでにQEDしか読んだことがなかったので、それに比べるとなんだか軽いなぁって・・・。ちょっと昭和の香りが漂っていました。 もっと読む

鬼神伝 (講談社ノベルス)

138
3.49
高田崇史 2010年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

信じるべきは、鬼か、人か。 京都の中学に転校した天童純は、乱暴者の同級生から逃げ出したところを不仁王寺の僧・源雲に助けられた。しかし源雲の法力で、純は平... もっと読む

カンナ 奥州の覇者 (講談社文庫)

138
3.33
高田崇史 2012年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大分前に読み始め…行方不明(積読本に紛れ&他の本に浮気したせい)を先月?発掘し最初からまた読み始めて、やっと読了。昔々大好きだった少女漫画で読んでから大好... もっと読む

鬼神伝 龍の巻 (講談社ノベルス)

137
3.41
高田崇史 2010年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『鬼神伝』待望の新作登場!! 生き残るのは、鬼か、人か。 胸に勾玉の痣を持つ高校生の天童純は、平安京で出会った水葉に似た少女を追いかけ、長谷寺の弁天窟へ... もっと読む

七夕の雨闇: -毒草師-

136
3.36
高田崇史 2015年6月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

装丁にマグパイのシルエット、オナガではないですカササギ(LOL)。七夕でカササギは天の川に翼で橋をかけるキューピットな役割なんですが、ともかく詠む前からワ... もっと読む

神の時空 ―貴船の沢鬼― (講談社ノベルス)

135
3.20
高田崇史 2014年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

神の時空シリーズ第3巻。ここまでの話が、たった3日間の出来事と初めて意識する。 摩季を生き還すタイムリミットは、初七日。つまり7日間の物語となるのでしょう... もっと読む

クリスマス緊急指令~きよしこの夜、事件は起こる!~ (講談社ノベルス)

134
3.08
高田崇史 2007年11月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上手い具合に全てが丸くおさまる「オルゴールの恋唄」が一番好きな話かな。後はまぁまぁ。 もっと読む

毒草師 白蛇の洗礼 (講談社ノベルス)

121
3.47
高田崇史 2011年6月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

千利休はキリシタン!? 御名形(みなかた)が奇怪な毒殺事件と“茶聖”が残した謎に迫る! 「QED」一の曲者・御名形史紋(しもん)が大活躍 裏千家教授・大... もっと読む

カンナ 戸隠の殺皆 (講談社文庫)

117
3.23
高田崇史 2013年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今回の行先は戸隠。 最近の読書の舞台(関係地に戸隠が多いのは気のせい?) 天の岩戸の矛盾!!そう確かに変ね… まだまだ謎が多く、薄い霧の中にいる... もっと読む

神の時空 ―三輪の山祇― (講談社ノベルス)

116
3.39
高田崇史 2015年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ第4弾。 いつものことながら、4作目なのに、1作目からまだ3日しか経っていないと言う不思議な設定。しかも、鎌倉で最初の事件に遭遇してから、愛知にも... もっと読む
全303アイテム中 61 - 80件を表示

高田崇史に関連する談話室の質問

ツイートする