高田郁のおすすめランキング

高田郁のおすすめランキングのアイテム一覧

高田郁のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)』や『花散らしの雨 みをつくし料理帖』や『想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)』など高田郁の全69作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)

6728
4.32
高田郁 2009年5月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

澪が8つの時、長雨で淀川が決壊。 塗師だった父・伊助、そして母わかを亡くした。 『天満一兆庵』の板場で修業していたが、天満一兆庵が火事にあい 江戸店... もっと読む

花散らしの雨 みをつくし料理帖

4917
4.26
高田郁 2009年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

江戸を舞台に主人公の澪が次々に起こる不遇な出来事にも負けず、創意と工夫でおいしく心温まる料理を生み出し、料理人として成長していくお話。  なんといっ... もっと読む

想い雲―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)

4623
4.24
高田郁 2010年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あっという間に三巻目読了です。 お気に入りは表題の「想い雲」…。 澪の逞しさと一途さも胸をうつお話なのですが、花魁たちが被る白狐面の集団の中での出来事が幻... もっと読む

今朝の春―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-4 時代小説文庫)

4354
4.27
高田郁 2010年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

きました、澪つくし4作目。 【ははきぎ飯】 美緒の大奥奉公に備え、澪が包丁捌きの先生役に。 小松原が落としたほうき草の実、腎臓にいいとされるその... もっと読む

小夜しぐれ (みをつくし料理帖)

4152
4.21
高田郁 2011年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

職場の先輩とは本の趣味が似ていて、貸し借りするのが楽しい。みをつくしシリーズは私がお勧めしたのをきっかけに先輩もファンになり、最近では新刊は読み終えた彼女... もっと読む

心星ひとつ みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 時代小説文庫)

4009
4.28
高田郁 2011年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

生麩田楽、んもう・・・大好きです!!生麩まんじゅうもいいですが、やっぱりあのもっちもちに香ばしいお味噌の風味がたまりません。 ついでに言うと、すき焼... もっと読む

夏天の虹―みをつくし料理帖 (角川春樹事務所 (時代小説文庫))

3910
4.26
高田郁 2012年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

誕生日まで一月足らず、断捨離をようやく終えていざ読まん! 牡蠣…あぁ、シンプルに生牡蠣をレモンでちゅるっと!それかパカッと口を開けたところにお醤油をたら... もっと読む

残月 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)

3492
4.21
高田郁 2013年6月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4月ごろから、そろそろかなぁ・・と思っていた。 5月になって、前作からそろそろ1年だというのに、どうしたんだろうと急に心配になっていた。 先週、読書仲... もっと読む

銀二貫 (幻冬舎時代小説文庫)

3256
4.38
高田郁 2010年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

寒天問屋の主・和助は、仇討ちの場で、父とともに切り殺されかけた少年を、銀二貫で救う。 鶴之輔は侍を捨て、井川屋の丁稚・松吉として、新たな人生を歩んでいく... もっと読む

美雪晴れ―みをつくし料理帖 (時代小説文庫)

3193
4.26
高田郁 2014年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

又次を喪った悲しみから少しずつ前に進み出すつる家の面々。芳は一柳に嫁ぎ、澪は野江を身請けする手立てとして鼈甲珠を吉原で売り出そうと決意する。 料理人... もっと読む

天の梯 みをつくし料理帖 (ハルキ文庫)

3147
4.56
高田郁 2014年8月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつかは完結を迎えるとわかってはいても、いよいよこれで最後となると手に取る本の重みは増し、いつも以上に大切に味わって読みたいと思う。 読み始めて第3編ま... もっと読む

あきない世傳金と銀〈2〉早瀬篇 (ハルキ文庫)

1390
4.14
高田郁 2016年8月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一生鍋の底を磨く女衆として生きるのでなく、商い戦国時代と言われる困難な時代を知恵を武器に思い切り生きてみたいと五鈴屋の後添えに収まる道を選んだ幸 商い戦... もっと読む

みをつくし献立帖 (ハルキ文庫 た 19-9 時代小説文庫)

1321
3.90
高田郁 2012年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『みをつくし料理帖』に出てくる料理の再現写真と、各巻末に載っていないレシピ、作者の内緒噺、澪と野江の幼い頃の物語の書き下ろしで構成されている1冊。このシリ... もっと読む

出世花 (ハルキ文庫 た 19-6 時代小説文庫)

1290
4.12
高田郁 2011年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

髙田郁さんのデビュー作。 妻敵討ちのため出奔した父とともに各地を放浪する艶。 空腹のため口にした雑草で父は命を落とし、艶は青泉寺の住職に助けられる。 ... もっと読む

あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫)

1280
4.07
髙田郁 2017年2月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ第三弾。 ますます面白くなってきました。 きものが好きなので、西陣、桐生、丹後ちりめんの由来も興味深く、 仕入れる反物を生糸から見直そうとす... もっと読む

ふるさと銀河線 軌道春秋 (双葉文庫)

1216
3.63
高田郁 2013年11月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「みをつくし料理帖」が人気の作者の初めての現代小説。 丁寧な描写で、思わぬ苦労に向き合う普通の人を描いた短編集。 江戸の風物が出てこないので、途中... もっと読む

あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時代小説文庫)

1137
4.12
高田郁 2017年8月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人気シリーズ4作目。 1作目も2作目も3作目もあっと驚く結末でした。 そして? 幸は、大坂天満の呉服商「五十鈴屋」に女衆として奉公していました。... もっと読む

あきない世傳 金と銀(七) 碧流篇 (時代小説文庫)

978
4.15
高田郁 2019年8月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「あきない世傳 金と銀」も7作目。 続きも順調に出ています。 江戸に店を出し、女主となった幸。 天満の呉服屋「五鈴屋」で奉公したことから、若主人... もっと読む

あきない世傳 金と銀(八) 瀑布篇 (時代小説文庫)

939
4.11
高田郁 2020年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何もわからないままに奉公にあがった幸がご寮さんとなり、七代目となり、江戸に進出し…早八巻!早いものです。 新しい江戸紫の小紋染めを売り出した五鈴屋。小紋... もっと読む

蓮花の契り 出世花 (ハルキ文庫)

902
3.96
高田郁 2015年6月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

みをつくし料理帖シリーズが有名な高田郁さん。 「出世花」の続編で、こちらはこれで完結。 お墓だけの寺・青泉寺に行き着いた娘・艶は、「縁」という名を... もっと読む
全69アイテム中 1 - 20件を表示

高田郁に関連する談話室の質問

ツイートする
×