高野悦子のおすすめランキング

プロフィール

1. 高野悦子(たかの えつこ)
1949年1月2日 - 1969年6月24日
『二十歳の原点』で知られた女性。逝去当時、大学生だった。栃木県生まれで、栃木県立宇都宮女子高等学校を卒業し、立命館大学文学部史学科日本史学専攻に入学、京都に拠点を移す。ジャズ喫茶に通い、詩作、そして学生運動に励んでいたが、1969年6月24日、列車に飛込み逝去。死後、20歳の誕生日から続く内面の吐露を記した日記が、同人誌「那須文学」に掲載され、1971年に『二十歳の原点』という題で書籍化、ベストセラーとなった。2019年に没後50年を迎える。

2. 高野悦子(たかの えつこ)
1929年5月29日 - 2013年2月9日
映画運動家、岩波ホール総支配人。『母 老いに負けなかった人生』『岩波ホールと〈映画の仲間〉』などの著作がある。

高野悦子のおすすめランキングのアイテム一覧

高野悦子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『二十歳の原点 (新潮文庫)』や『二十歳の原点 [新装版]』や『二十歳の原点ノート [新装版] 十四歳から十七歳の日記』など高野悦子の全66作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

二十歳の原点 (新潮文庫)

1470
3.58
高野悦子 2003年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もうこれまでに3回は読んでいるだろうか。 読むたびにレビューを書こうとして、しかしこの気持ちをどう表現すべきなのか わからずに書くことを断念して、を繰り返... もっと読む

二十歳の原点 [新装版]

237
3.87
高野悦子 2009年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

学生運動についての知識があるともっと読み込めたかもしれない。自殺の決めてとなった出来事や心情は正直わからなかったけど、著者が繊細で自己同一化が完成してない... もっと読む

二十歳の原点ノート [新装版] 十四歳から十七歳の日記

119
3.62
高野悦子 2009年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2010.01.22. やっと、読み終わった。人の日記が、こんなにも生々しくしんどいとは。本のタイトルと著者だけは聞いたことがあって、昔、流行ったとかナン... もっと読む

二十歳(はたち)の原点序章 (新潮文庫 た 16-2)

102
3.48
高野悦子 1979年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『二十歳の原点』(新潮文庫)へと続くことになる、著者が高校3年生から大学3年生までのノートを収録しています。 人生に対して真摯な、そしてときに観念の... もっと読む

二十歳(はたち)の原点ノート (新潮文庫 た 16-3)

91
3.47
高野悦子 1980年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本、大学生になった時に出会った本です。 俺何してるんだろうと考えたり、このさきどうなるんだろうと感じていた時代です。 私が大学に入ったころすでに景気は... もっと読む

二十歳の原点 (1971年)

91
3.78
高野悦子 1971年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

過去に読了。 こんなに完成度の高い日記を書けるなら、 生きていてほしかった。 当時、そう強く思ったのを今でも覚えている。 葛藤や苦悩の中で自分の存... もっと読む

二十歳の原点序章 [新装版]

86
3.69
高野悦子 2009年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

二十歳で鉄道自殺を遂げた高野悦子さんの日記。書かれた時期としては「二十歳の原点 ノート」(中高生時代の日記)に続き、「二十歳の原点 序章」は大学に入学して... もっと読む

私のシネマライフ (岩波現代文庫)

22
3.50
高野悦子 2010年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女性として初めて岩波ホール劇場の支配人になり、世界の埋もれた名作を紹介上映し庶民の心を豊かにしてくれた方をご存知ですか?現在はDVDで名作を思い存分見る事... もっと読む

二十歳の原点序章―未熟な孤独の心 (1974年)

18
3.75
高野悦子 1974年6月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「独りであること、未熟であること、これが私の二十歳の原点である」 1969年6月、立命館大学の学生であった高野悦子が自ら命を絶った。享年20歳。『二... もっと読む

コミック版 二十歳の原点

16
1.50
高野悦子 2019年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ほんの触りだけコミック化しただけ。もう少し触れて欲しかった。「僕たちはどう生きるか」のを狙った作品だけど、中身が薄い。あとは原作を読めか。 もっと読む

二十歳の原点序章

15
3.38
高野悦子 1974年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「独りであること、未熟であること、これが私の二十歳の原点である」 1969年6月、立命館大学の学生であった高野悦子が自ら命を絶った。享年20歳。『二... もっと読む

二十歳の原点ノート (1976年)

14
3.40

感想・レビュー

「独りであること、未熟であること、これが私の二十歳の原点である」 1969年6月、立命館大学の学生であった高野悦子が自ら命を絶った。享年20歳。『二... もっと読む

二十歳の原点ノート (1980年) (新潮文庫)

11
4.33
高野悦子 1980年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「独りであること、未熟であること、これが私の二十歳の原点である」 1969年6月、立命館大学の学生であった高野悦子が自ら命を絶った。享年20歳。『二... もっと読む

二十歳の原点

11
3.30
高野悦子 1971年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2011/3/3読了 もっと読む

二十歳の原点序章 (1979年) (新潮文庫)

11
4.33
高野悦子 1979年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「独りであること、未熟であること、これが私の二十歳の原点である」 1969年6月、立命館大学の学生であった高野悦子が自ら命を絶った。享年20歳。『二... もっと読む

黒龍江への旅 (岩波現代文庫)

11
3.00
高野悦子 2009年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岩波ホールの総支配人の作者が、満鉄の技術者だった父の死後、その足跡を旧満州に辿った旅の紀行文。 父の人間がいかにもで、興味深い。 紀行文はもとより... もっと読む

二十歳の原点序章(新潮文庫)

11
4.00
高野悦子 電子書籍 1979年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「二十歳の原点」につながる高校3年生の冬(17歳)から大学2年の冬(19歳)までの日記。 受験を経て立命館大学史学科へ。 生きていくのが面倒、自殺とい... もっと読む

二十歳の原点

10
3.00
高野悦子 電子書籍 1979年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。 「独りであること、未熟であること、これが私の二十歳の原点である」 1969年、立命館大学二年生、二十歳の誕生日1月2日から自殺するまで6ヶ月間... もっと読む
全66アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする