高階秀爾のおすすめランキング

プロフィール

高階秀爾
美術史家、美術評論家。大原美術館館長、公益財団法人西洋美術振興財団理事長、東京大学名誉教授。1932年生まれ。東京大学教養学部卒業後、同大学院在学中にフランス政府招聘給費留学生として渡仏、パリ大学付属美術研究所及びルーヴル学院で近代美術史を専攻。東京大学文学部助教授、同教授、国立西洋美術館館長等を経て現職。2000年、紫綬褒章受章、2001年、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ授与。2002年、日本芸術院賞・恩賜賞。2005年、文化功労者。2012年、文化勲章受章。2015年より日本藝術院会員。ルネサンス以降、現代美術にいたるまで、洋の東西を問わず広範な領域に造詣が深い。『ピカソ 剽窃の論理』、『名画を見る眼』、『ルネッサンスの光と闇―芸術と精神風土』(芸術選奨文部大臣賞受賞)、『ゴッホの眼』、『日本人にとって美しさとは何か』、訳書にケネス・クラーク『ザ・ヌード―裸体芸術論-理想的形態の研究』(共訳)など、著書・訳書多数。

「2021年 『《黄金の林檎》の樹の下で』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高階秀爾のおすすめランキングのアイテム一覧

高階秀爾のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『名画を見る眼 (岩波新書)』や『増補新装 カラー版 西洋美術史』や『Art 1 誰も知らない「名画の見方」 (小学館101ビジュアル新書)』など高階秀爾の全317作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

名画を見る眼 (岩波新書)

969
3.88
高階秀爾 1969年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

15世紀から19世紀までの、一度はポスターや図録で見たことがあるような著名な絵画15点を取り上げ、時代背景や宗教的背景などを踏まえ、その絵の見どころを解説... もっと読む

増補新装 カラー版 西洋美術史

941
3.66
高階秀爾 2002年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高階氏に惹かれたついでに。 たくさんの芸術家の名前が出てきたり、画集をのぞいたりしてきたが、それがどんな順序でいったいどこの国のひとかさえもよくわからずに... もっと読む

Art 1 誰も知らない「名画の見方」 (小学館101ビジュアル新書)

641
3.58
高階秀爾 2010年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大原美術館の館長である高階秀爾氏(2020年5月現在)が、小学館版『週刊西洋絵画の巨匠』全50巻(2009年1月~2010年2月刊)で、毎号連載形式で発表... もっと読む

続 名画を見る眼 (岩波新書 青版 E-65)

488
3.98
高階秀爾 1971年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 私は絵を観るのが好きでよく美術館に出かけるのですが、正直言えば、絵の良さが本当にわかっているわけではありません。単に自分が好きな、あるいは自分好みの絵を... もっと読む

わたしのなつかしい一冊

433
3.40
池澤夏樹 2021年8月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

毎日新聞の「今週の本棚」の中の「なつかしい一冊」というコラムを集めたもので、人気作家さんなど50人が紹介する50冊。 大きめの文字表記に、寄藤文平さんの... もっと読む

日本人にとって美しさとは何か (単行本)

407
3.69
高階秀爾 2015年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

西洋のように荘厳な建築物のみに価値を見出さず、周辺環境や季節感を含めた美観に重きを置く。無駄なものは描かないことで主題を浮き上がらせる日本画。たくさん咲き... もっと読む

カラー版 - 近代絵画史(上) 増補版 - ロマン主義、印象派、ゴッホ (中公新書)

313
3.98
高階秀爾 2017年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ゴッホの生きた時代の芸術的背景が知りたくて、背伸びして読んでみました。 芸術音痴な自分にはやっぱり難しい。。 正直、プロである著者の主張の10%も理解でき... もっと読む

近代絵画史―ゴヤからモンドリアンまで (上) (中公新書 (385))

264
3.76
高階秀爾 1975年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

絵はいっぱい見てるけど美術史にうとい、って人にぴったりです。 何冊か買いましたが、これが一番情報量が適切。 少なすぎず、多からず。 (ここから自... もっと読む

20世紀美術 (ちくま学芸文庫)

233
3.94
高階秀爾 1993年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これから美術館行くのもっと面白くなりそう。けどこの人のルネサンスの本読んだときも思ったけど内容が豊かすぎておうってなるな。 もっと読む

近代絵画史―ゴヤからモンドリアンまで (下) (中公新書 (386))

222
3.65
高階秀爾 1975年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(上)に劣らず、(下)も素晴らしい内容。 私にとって、バラバラだった個々の画家が大きな歴史の流れの中で、一本の糸となってつながった。歴史に名を残す... もっと読む

西洋美術史

187
3.36
高階秀爾 1990年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

芸術のことが知りたく、読ませていただきました。僕は、予備知識として、世界史と、西洋哲学や倫理などを、学んでいたのですが、歴史的な流れをつかむことができ、読... もっと読む

増補 日本美術を見る眼 東と西の出会い (岩波現代文庫)

186
4.08
高階秀爾 2009年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小さな島国の日本と、ざっくりとした西洋という大きな地域を、単純比較することはできないけれど。 日本文化の移ろいによせる美学。 枝垂れのモチーフ。 ジャポ... もっと読む

フランス絵画史 (講談社学術文庫)

171
3.76
高階秀爾 1990年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

16世紀から19世紀末までのフランス絵画の歴史を、分かりやすく解説している本。美術全集などの解説として書かれた文章をまとめたもので、おおまかな流れをつかむ... もっと読む

フィレンツェ―初期ルネサンス美術の運命 (中公新書 (118))

167
3.58
高階秀爾 1966年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フィレンツェを旅行するにあたって、事前知識を少し頭に詰めてから行こうと思って手にとったのが本書だった。本書はフィレンツェ芸術の勃興と没落の要因について、わ... もっと読む

芸術のパトロンたち (岩波新書)

163
3.53
高階秀爾 1997年3月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

芸術家の保護者たるパトロンの存在とは。 パトロンの登場から、影響、歴史の中での変化を語る美術史。 序章 パトロンとは何か  I パトロンの登場   ... もっと読む

世紀末芸術 (ちくま学芸文庫)

144
3.96
高階秀爾 2008年7月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

19世紀の、新古典主義からロマン主義、写実主義、印象主義にかけてのリニアな流れと20世紀の多種多様な同時並行的「イズム」による複雑な芸術運動の間にぽっかり... もっと読む

ルネッサンスの光と闇―芸術と精神風土 (中公文庫)

137
3.74
高階秀爾 1987年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

サヴォナローラがカトリシズムの腐敗を厳しく糾弾した15世紀末、フィレンツェの街は終末思想に覆われていた。メディチ家は人文学者たちを集め、マルシリオ・フィチ... もっと読む

新装版 西洋美術解読事典

134
3.90
J・ホール 2004年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

必携本・・・!バイブルのようになってます。 もっと読む

バロックの光と闇 (講談社学術文庫)

122
4.00
高階秀爾 2017年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

バロック絵画は、作品のインパクトが強くて、「すごい!」とか「ああ、こういう場面ね」「うっとり・・・」とか、実物を見てわかった気になって満足してしまいがちで... もっと読む
全317アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×