髙田郁のおすすめランキング

プロフィール

髙田 郁(たかだ かおる)
1959年生まれ、兵庫県宝塚市出身。日本の小説家、時代小説作家。元々は漫画原作者で、その時のペンネームは川富士立夏(かわふじ りっか)。
中央大学法学部卒業後、1993年集英社の女性向け漫画雑誌『YOU』で漫画原作者としてデビュー。その後山本周五郎の「なんの花か薫る」に衝撃を受けて、時代小説の執筆に至る。2006年「志乃の桜」で第4回北区内田康夫ミステリー文学賞区長賞(特別賞)を受賞。2007年「出世花」で第2回小説NON短編時代小説賞奨励賞を受賞。そして2008年に同作を含む短編集『出世花』で小説家デビューを果たした。
代表作に、全10巻で300万部を超える大ヒット『みをつくし料理帖』シリーズ。同作は2012年にテレビドラマ化。2013年に『銀二貫』が大阪の書店員らが大阪ゆかりの小説の中から「ほんまに読んでほしい」本を選ぶ「Osaka Book One Project」の第1回受賞作品に選出、2014年にNHK木曜時代劇にて林遣都主演によりテレビドラマ化された。

髙田郁のおすすめランキングのアイテム一覧

髙田郁のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『あきない世傳 金と銀 源流篇 (時代小説文庫)』や『ふるさと銀河線 軌道春秋 (双葉文庫)』や『あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫)』など髙田郁の全6作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

あきない世傳 金と銀 源流篇 (時代小説文庫)

1169
3.95
髙田郁 2016年2月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「みをつくし料理帖」で人気の作者の新シリーズ。 待ってました! (感想を書くのは遅れたので~もう3作目も出ています) 村で寺子屋を開いていた父は学... もっと読む

ふるさと銀河線 軌道春秋 (双葉文庫)

997
3.60
高田郁 2013年11月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「みをつくし料理帖」が人気の作者の初めての現代小説。 丁寧な描写で、思わぬ苦労に向き合う普通の人を描いた短編集。 江戸の風物が出てこないので、途中... もっと読む

あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 (時代小説文庫)

799
4.00
髙田郁 2017年2月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ第三弾。 ますます面白くなってきました。 きものが好きなので、西陣、桐生、丹後ちりめんの由来も興味深く、 仕入れる反物を生糸から見直そうとす... もっと読む

あきない世傳 金と銀(五) 転流篇 (時代小説文庫)

484
4.07
髙田郁 2018年2月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

半年間待ち望んでいたシリーズの第五巻。 半年の空白をものともせず、たちまち『あきない世傳』の世界に没入。 理解のある夫とともに、いよいよ商いにまい進す... もっと読む

晴れときどき涙雨 髙田 郁のできるまで (幻冬舎文庫)

166
4.11
髙田郁 2014年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大好きな髙田郁さんのエッセイ。 このエッセイは女性漫画誌「オフィスユー」に連載されていたもの。 髙田郁さんの本と出会ったのは【みをつくし料理帖シリーズ... もっと読む

銀二貫 (秋田レディースコミックスデラックス)

107
4.10
高田郁 マンガ 2013年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

銀二貫で買われた命の話という表現でいいのかもわからない。 本当にいい話に出会えました。 はじめて読む作家さんでしたが、読んでて風景や状況がイメージしや... もっと読む
全6アイテム中 1 - 6件を表示
ツイートする