鮎川哲也のおすすめランキング

プロフィール

鮎川哲也

本名・中川透。1919(大正8)年、東京生まれ(諸説あり)。終戦後はGHQ勤務の傍ら、様々な筆名を用いて雑誌へ短編を投稿し、50年には『宝石』100万円懸賞の長篇部門へ投稿した「ペトロフ事件」(中川透名義)が第一席で入選した。56年、講談社が公募していた「書下ろし長篇探偵小説全集」の「十三の椅子」へ応募した「黒いトランク」が入選し、本格的に作家活動を開始する。60年、「憎悪の化石」と「黒い白鳥」で第13回日本探偵作家クラブ賞長編賞を受賞。受賞後も安定したペースで本格推理小説を書き続け人気作家となる。後年は、アンソロジー編纂や新人作家の育成、忘れられた探偵作家の追跡調査など、さまざまな仕事をこなした。クラシックや唱歌にも造詣が深く、音楽関連のエッセイ集も複数冊ある。2001年、旧作発掘や新人育成への多大な貢献を評価され、第1回本格ミステリ大賞特別賞を受賞。2002(平成14)年9月24日、83歳で死去。没後、第6回日本ミステリー文学大賞を贈られた。

「2021年 『狂った機関車』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鮎川哲也のおすすめランキングのアイテム一覧

鮎川哲也のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『黒いトランク (創元推理文庫)』や『リラ荘殺人事件 (角川文庫)』や『りら荘事件 (創元推理文庫)』など鮎川哲也の全373作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

黒いトランク (創元推理文庫)

551
3.54
鮎川哲也 2002年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった。とことん論理的思考。トリック関係は頭がこんがらがるくらい複雑な印象受けたけど、読んでいて楽しかった。 もっと読む

リラ荘殺人事件 (角川文庫)

439
3.37
鮎川哲也 2015年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ずいぶん古い本なんだな。最初は登場人物の話し言葉が少し読みづらいがだんだんに慣れてくる。その頃には次の展開が気になって先へ先へと読み進めてしまう。読み応え... もっと読む

りら荘事件 (創元推理文庫)

410
3.53
鮎川哲也 2006年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

60年以上も前の作品。もはや古典文学。 まさに本格。素晴らしい様式美。 ただ、探偵の位置付けが個人的には物足りない。まぁ、探偵が事件の外にいたからこその... もっと読む

五つの時計―鮎川哲也短編傑作集〈1〉 (創元推理文庫)

269
3.58
鮎川哲也 1999年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今まで読んできた短編集の中でも5本の指に入るくらいに密の濃い1冊でした。 まず冒頭の「五つの時計」 過去読んだアリバイテーマのミステリの中で1番面白く、感... もっと読む

りら荘事件 (講談社文庫)

170
3.65
鮎川哲也 1992年3月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

登場人物を把握できないうちにどんどん死んでいった。 古典て感じ。 もっと読む

黒いトランク 鬼貫警部事件簿―鮎川哲也コレクション (光文社文庫)

168
3.42
鮎川哲也 2002年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鬼貫警部の登場はそう多くない「鬼貫警部事件簿―鮎川哲也コレクション」のなかで、大学時代の学友とかつての思い人が事件に関わり、個人的に九州で捜査する本作は例... もっと読む

ハーメルンの笛吹きと完全犯罪: 昔ばなし×ミステリー【世界篇】 (河出文庫)

142
3.15
仁木悦子 2021年1月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

青柳碧人さんの昔話ミステリ的なものかと思ったら違った。世代の差かもしれないが前も新保さんの編集本であれ?と思ったから好みの違いかも。鮎川哲也がこんなグロい... もっと読む

太鼓叩きはなぜ笑う (創元推理文庫)

108
3.35
鮎川哲也 2003年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3番館シリーズの初編。 大体どれも1972年前後の作品なので、今では死語となっている表現がたまーにあるが十分楽しめた。言われてみればそんな表現あったな、と... もっと読む

ペトロフ事件 鬼貫警部事件簿―鮎川哲也コレクション (光文社文庫)

103
3.17

感想・レビュー

日本における緻密な時刻表トリックの先駆的作品。 舞台が満州なのにここまできな臭くないのは逆に新鮮。 トリック、筋立てもさる事ながら、鮎川哲也は語彙が豊... もっと読む

人それを情死と呼ぶ 鬼貫警部事件簿―鮎川哲也コレクション (光文社文庫)

101
3.33

感想・レビュー

省庁関連の汚職への関与が浮かぶのがあまりに遅すぎ?  一 見知らぬ女  二 山の宿  三 失踪のはて  四 論理の軌跡  五 意外な発見 ... もっと読む

黒い白鳥 (創元推理文庫)

91
3.59

感想・レビュー

鉄道ミステリーはあまり好みじゃないですが、いかにして謎が暴かれていくのかには興味があるので最後まで楽しめました。探偵もののような派手さはなく地味ですが、時... もっと読む

『このミス』が選ぶ! オールタイム・ベスト短編ミステリー 黒 (宝島社文庫)

82
3.58
大坪砂男 2015年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4つの短編小説。60年ほど前の3作品はよくできてますけど私には読みづらい文語体。 横山秀夫さんの第三の時効は何度読んでも舌を巻くうまさ。 もっと読む

憎悪の化石 (創元推理文庫)

78
3.26

感想・レビュー

夢中になりすぎて電車で読んでたら乗り過ごしてしまった。 展開がドラマチックでよい。 もっと読む

準急ながら 鬼貫警部事件簿―鮎川哲也コレクション (光文社文庫)

75
3.19

感想・レビュー

“ながら”が固有名詞だとは思わず、“~~ながら”の意味だと思い込み時刻表トリックを想像してしまった(笑)。 一 昭子の不愉快 二 灯が消える 三... もっと読む

ブロンズの使者 (創元推理文庫)

74
3.37

感想・レビュー

三番館シリーズはなにがあってもすべてはバーテンさんがなんとかしてくれるから、って思うので安心して読めるね。 でも読み終わって、え、どういうこと?ってなる... もっと読む

鍵孔のない扉―鬼貫警部事件簿 (光文社文庫)

74
3.24

感想・レビュー

時代的な音楽業界の描写が面白い。 桜荘七○五号室 木曜日の女 ある証言 X 氏 予告電話 松に歌うは いやな予感 靴 夜に聞く 女... もっと読む

死のある風景 (創元推理文庫)

71
3.53

感想・レビュー

これぞアリバイ崩しだよね こういう堅実で硬派なミステリを書き続けた鮎川哲也という存在はやはり偉大 最後に明かされるトリックも納得 気づかないもんだね もっと読む

王を探せ 鬼貫警部事件簿―鮎川哲也コレクション (光文社文庫)

70
3.35

感想・レビュー

亀取二郎を探せ。 なかなか複雑な話だった。 犯人の目星はけっこう最初の方についたけど、しかしこのトリックはわかるわけない。 もっと読む

サムソンの犯罪 (創元推理文庫)

70
3.37

感想・レビュー

三番館シリーズ 『中国屏風』 殺害された強請屋。射殺された被害者と中国屏風に残された弾痕。カセットテープに録音された情事の秘密。事件直前事故にあっ... もっと読む
全373アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×