鯨統一郎のおすすめランキング

プロフィール

一九九八年、『邪馬台国はどこですか?』でデビュー。大胆な歴史解釈から、日本の常識を覆す独自の作品が話題を呼ぶ。以来、歴史だけではなく幅広い題材を用いて、次々と推理小説を発表している。著書に「喫茶〈ひとつぶの涙事件簿〉」シリーズ、「女子大生桜川東子の推理」シリーズ、『幸せのコイン』『タイムスリップ信長vs三国志』『歴女美人探偵アルキメデス 大河伝説殺人紀行』『歴史はバーで作られる』『崇徳院を追いかけて』『作家で十年いきのびる方法』など多数。

「2018年 『ただいま家事見習い中』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鯨統一郎のおすすめランキングのアイテム一覧

鯨統一郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『邪馬台国はどこですか? (創元推理文庫)』や『新・世界の七不思議 (創元推理文庫)』や『九つの殺人メルヘン (光文社文庫)』など鯨統一郎の全336作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

邪馬台国はどこですか? (創元推理文庫)

1231
3.77
鯨統一郎 1998年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

歴史小説?ってのはほぼ初めて読んだ 作中は4人だが、ほぼメインは2人 いろいろとトンデモっぽい説がそれらしく語られていて、単純にへぇ~と面白い だが... もっと読む

新・世界の七不思議 (創元推理文庫)

606
3.49
鯨統一郎 2005年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小難しい話を読むと、頭がよくなった気がしませんか? そんな気分を楽しく味わえる一冊。 バーでの常連客とマスターの会話で話が進んでいきます。 ... もっと読む

九つの殺人メルヘン (光文社文庫)

377
3.34
鯨統一郎 2004年6月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

場末の日本酒バーに集まった厄年のおじさん三人。そこに毎週決まった時間に現れる美人女子大生・桜川東子。東子は三人の話を聞くだけで、童話をヒントにしながら事件... もっと読む

新・日本の七不思議 (創元推理文庫)

371
3.05
鯨統一郎 2011年4月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本の七不思議よりは、驚きは少ない説でした。もうちっとハチャメチャな説が欲しいよな。 恋をすると、普通の説になるということかね。 もっと読む

ミステリアス学園 (光文社文庫)

342
3.25
鯨統一郎 2006年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

非常にトリッキーな構成は作者の面目躍如。メタミステリでありながら超有名な作品を想起させる。「本格ってなに?」という質問へのガイドブックではあるが、ミステリ... もっと読む

タイムスリップ森鴎外 タイムスリップシリーズ第1作 (講談社文庫)

320
3.33
鯨統一郎 2005年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

愉快痛快。荒唐無稽。な本。 書店や図書館で「森鴎外」の本を見たら『モリリン』の本だ。と言ってしまいそう。 近代文学の作家の名前や著書かたくさん... もっと読む

タイムスリップ明治維新 (講談社文庫)

245
3.33
鯨統一郎 2006年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公の女子高生うららが明治維新前夜にタイプスリップして活躍する。著者の「タイムスリップ」もの第2弾。ヒストローム値なんてのが出てきてばかばかしくも面白か... もっと読む

赤に捧げる殺意 (角川文庫)

231
3.18
有栖川有栖 2013年2月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

有栖川有栖が好きで購入して、早数年。。積読したままだったので読むことにしました。 「砕けた叫び」有栖川有栖 ★★★★☆  安定の有栖川有栖。 「トロイ... もっと読む

浦島太郎の真相―恐ろしい八つの昔話 (光文社文庫)

228
3.04
鯨統一郎 2010年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作品も面白いんですけど、中村有希さんのあとがきがまた面白くて好き・・・ もっと読む

赤に捧げる殺意

224
3.12
有栖川有栖 2005年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「時計じかけの小鳥」が一番好きかな。 シリーズ探偵物が多かった気がする…。 もっと読む

パラドックス学園―開かれた密室 (光文社文庫)

197
2.97
鯨統一郎 2009年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『ミステリアス学園』の続編。今回は、トンデモ系メタミステリだな。 ただし、トンデモなりに構成と作りは凝っていて面白い! ミステリのような事件が現実に起... もっと読む

なみだ研究所へようこそ!―サイコセラピスト探偵波田煌子 (祥伝社文庫)

193
3.31
鯨統一郎 2004年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

多作な鯨統一郎は当たり外れがあるけどこれはいい。ミステリとしてはトンデもこじつけネタが多いが、ちょっと変わった主人公のやりとりが絶妙で、他では味わえないお... もっと読む

幕末時そば伝 (実業之日本社文庫)

175
3.29
鯨統一郎 2011年12月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ここまでお気楽ではないと思うけど、まぁ、江戸の人達は面白おかしく人生を楽しんでたのだなぁ、と思わせる。フィクションなんだけどね もっと読む

九つの殺人メルヘン (カッパ・ノベルス)

165
3.31
鯨統一郎 2001年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルの通り、9つの童話を思わせる事件。 ヘンゼルとグレーテル 赤ずきん ブレーメンの音楽隊 シンデレラ 白雪姫 長靴をはいた猫 いばら姫 狼と七匹の子... もっと読む

今宵、バーで謎解きを (カッパ・ノベルス)

160
2.99
鯨統一郎 2010年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

笑えました^^ 内容はどうってことない安楽椅子探偵モノなんだけど マスターのキャラが私的にツボ 是非仲間にいれてもらいたいです。 ワインと... もっと読む

すべての美人は名探偵である (光文社文庫)

155
3.20
鯨統一郎 2007年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

10年間積ん読だった本をようやく。早乙女静香シリーズも桜川東子シリーズもどちらも読んだことがあるけれど、けっこう前のことなので、もう少し最近だったらより楽... もっと読む

タイムスリップ釈迦如来 (講談社文庫)

153
3.31
鯨統一郎 2008年3月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お釈迦様がオカマだった。お笑いネタ満載のハチャメチャストーリー。 もっと読む

タイムスリップ森鴎外 (講談社ノベルス)

146
3.44
鯨統一郎 2002年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白い本を見つけてしまった。 森鴎外が80年後の渋谷にタイムスリップしてしまった。 出会ったのは、今時の女子高生たち。 自分の時代に戻る為に、悪戦苦... もっと読む

今宵、バーで謎解きを (光文社文庫)

138
2.95
鯨統一郎 2013年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2016年3月21日読了。 2016年83冊目。 もっと読む

努力しないで作家になる方法

131
3.43
鯨統一郎 2011年6月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鯨統一郎 前から少しづつ気になっていた作家でした。 たしか「本の雑誌」にはほぼ毎月のように、読者欄への投稿がこの名前で載っていたような気がします。投... もっと読む
全336アイテム中 1 - 20件を表示

鯨統一郎に関連する談話室の質問

ツイートする