鳥飼否宇のおすすめランキング

プロフィール

鳥飼否宇(とりかい・ひう)
九州大学理学部卒業。編集者を経て第21回横溝正史ミステリ大賞優秀賞を受賞し『中空』でデビュー。現在は奄美大島に在住。NPO法人奄美野鳥の会の現会長。
観察者<ウォッチャー>の鳶山久志と写真家の猫田夏海を主人公とした観察者シリーズを書き継ぐ一方で、『――的』というタイトルの綾鹿(あやか)市シリーズに代表されるような奇想の炸裂した作品もたびたび上梓している。また、碇卯人名義で、相棒シリーズのノベライズも執筆している。2016年『死と砂時計』で第16回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞。

「2017年 『紅城奇譚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鳥飼否宇のおすすめランキングのアイテム一覧

鳥飼否宇のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『9の扉 リレー短編集』や『9の扉 (角川文庫)』や『死と砂時計 (創元クライム・クラブ)』など鳥飼否宇の全81作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

9の扉 リレー短編集

318
3.52
北村薫 2009年7月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

怪しげな匂いたっぷりの短編集。「9つの」じゃなく「9の」ってのもこれまた愛嬌で。亡くなった作者さんも普通につながっていてなんとなくしんみり。 もっと読む

9の扉 (角川文庫)

252
3.31
北村薫 2013年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どれも如何せん短すぎて、食い足りない感じが残って(特に冒頭の北村さんの話はもっと読みたい!)でもサラッと読めて面白かった。竹本健治さんは、お題と舞台設定の... もっと読む

死と砂時計 (創元クライム・クラブ)

181
3.33
鳥飼否宇 2015年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

嵐の孤島や雪の山荘を始めとする、クローズドサークルものがめっちゃくちゃ好きです。 なので、「脱獄不可能な監獄内での殺人」って言うのはそらもう滾るわけです。... もっと読む

死と砂時計 (創元推理文庫)

125
3.67
鳥飼否宇 2017年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本格ミステリ大賞受賞作にしては冴えない。閉鎖的な舞台ならではの謎を用意したのはいいが、真相は透け透けなものか、面白味に欠けるものばかり。一番良かったのが、... もっと読む

中空 (角川文庫)

122
3.03
鳥飼否宇 2004年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

荘子の思想を規範とする隠れ里的な村で起こる惨劇。主人公の猫田女史の軽い独特の語りがとっつきにくかったですが、だんだん味わい深く感じてきた。重めの舞台と設定... もっと読む

非在 (角川文庫)

95
3.04
鳥飼否宇 2005年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

嵐による遭難、たどり着いた目的の地、そして帰るべき手段も食料も失ったサークル一行。 極限状態の中で、思いもかけない心理状態に陥っていく人間の弱さが露呈して... もっと読む

官能的――四つの狂気 (ミステリー・リーグ)

86
3.25
鳥飼否宇 2008年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

密室での不可能殺人や 不可解な謎の残る怪死など 事件の陰には常に変態数学者がいる。 主に容疑者として。 変態する数学者である増田米尊がときにバッタのように... もっと読む

逆説探偵―13人の申し分なき重罪人

83
3.02
鳥飼否宇 2005年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

連作短編集。 タイトルでテーマや犯罪の種類などが決まっていて、他にもいろんな縛りがあるのに、バラエティ豊かなミステリが書けるものだ。 文庫では『逆説的... もっと読む

物の怪 (講談社ノベルス)

79
3.44
鳥飼否宇 2011年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

怪異な事件が起こり、博学で人嫌いで変人な鳶氏が解説してくれるという京極夏彦系ミステリー。 骨格は面白げなんだけど、探偵鳶氏の語り口が眩惑的というより人の... もっと読む

昆虫探偵 (光文社文庫)

74
3.43
鳥飼否宇 2005年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昆虫の、昆虫による、昆虫のためのミステリ。昆虫好きにはたまりません。昆虫同士のやり取りとか、注釈とかいちいち面白いし、昆虫と先行作への愛がふんだんに感じら... もっと読む

中空

69
2.69
鳥飼否宇 2001年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

観察者・鳶山久志と植物写真家・猫田夏海のシリーズ。1作目。 閉鎖的な村での連続殺人事件という内容は、定番ながら安心して読める。 ワトスン役の猫田さんが... もっと読む

樹霊 (ミステリ・フロンティア)

68
2.82
鳥飼否宇 2006年8月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4-488-01727-4 258p 2006.8.31 初版 もっと読む

妄想女刑事

68
2.67
鳥飼否宇 2012年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数ヶ月前に読み終えました。内容に関しては記憶が曖昧なので感想は書きませんが、あくまで過去に読んだ事のある本として登録しました。 もっと読む

激走 福岡国際マラソン―42.195キロの謎 (小学館ミステリー21)

66
3.27
鳥飼否宇 2005年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

期待せずに読んだんやけど、結構面白かった。 最初の方で、何のためかは分かったけど、誰のためなのか分からず、 先が気になって一気に読んだ。 ペースメー... もっと読む

憑き物 (講談社ノベルス)

66
3.25
鳥飼否宇 2013年5月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

観察者(ウォッチャー)シリーズらしい。 3冊目? 植物写真家の猫田さんと観察者、鳶山さんが岩手の寒村で、鳥取の山村で、奄美大島の村で事件に遭遇する。 猫田... もっと読む

本格的―死人と狂人たち (ミステリー・リーグ)

58
3.18
鳥飼否宇 2003年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

またまた変わった作品でした。 綾鹿科学大学の教授たちに関連する3つの事件からなる短編集ですが、最後に読者への挑戦があり、とてもサービス精神のある一冊です... もっと読む

異界

56
3.03
鳥飼否宇 2007年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ファンタジーといか、そのものずばり、異界の話だと思って読んだらまさかまさかでした。 ああでも、結果的には異界の出来事のような現実だった…。 狼出てきたけど... もっと読む

密林 (角川文庫)

55
3.03
鳥飼否宇 2003年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

子供のころから昆虫採集を趣味としていた松崎と柳澤は沖縄、やんばるの森へ来ていた。 オキナワマルバネクワガタの幼虫を探して米軍演習林に不法侵入をしていた二... もっと読む

痙攣的 モンド氏の逆説 (光文社文庫)

53
3.11
鳥飼否宇 2007年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

バカミスですか。 本書は連作短編となっています。 「廃墟と青空」はロックバンド鉄拳が密室状態のライブハウスでデビュー公演の真っ最中、ステージ上にプロデ... もっと読む

激走 (小学館文庫)

52
3.42
鳥飼否宇 2010年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

福岡国際マラソンを舞台にしたマラソンスポーツ小説で 箱根駅伝を舞台にした三浦しをん『風が強く吹いている』は 読んだことがあったけど、マラソンランナーの... もっと読む
全81アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする