鴻上尚史の文庫本一覧

プロフィール

1958年愛媛県生まれ。早稲田大学法学部卒業。在学中に劇団「第三舞台」を結成、以降、作・演出を手がける。1987年『朝日のような夕日をつれて’87』で紀伊國屋演劇賞、1992年『天使は瞳を閉じて』でゴールデン・アロー賞、1994年『スナフキンの手紙』で第39回岸田國士戯曲賞、2009年「虚構の劇団」旗揚げ三部作『グローブ・ジャングル』で読売文学賞戯曲賞を受賞する。2001年、劇団「第三舞台」は2011年に第三舞台封印解除&解散公演『深呼吸する惑星』
を上演。桐朋学園芸術短期大学特別招聘教授。現在は「KOKAMI@network」と「虚構の劇団」を中心に活動。また、演劇公演の他にも、映画監督、小説家、エッセイスト、脚本家としても幅広く活動。近著に、『朝日のような夕日をつれて[21世紀版]』『ベター・ハーフ』『イントレランスの祭/ホーボーズ・ソング』(以上、論創社)、『ロンドン・デイズ』(小学館文庫)、『青空に飛ぶ』(講談社)、『不死身の特攻兵 軍神はなぜ上官に反抗したか』 (講談社現代新書) など。

「2018年 『サバイバーズ・ギルト&シェイム-もうひとつの地球の歩き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鴻上尚史の文庫本一覧のアイテム一覧

鴻上尚史の文庫本一覧です。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。『孤独と不安のレッスン (だいわ文庫)』や『君へ。―つたえたい気持ち三十七話 (ダ・ヴィンチブックス)』や『あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント (講談社文庫)』など鴻上尚史の全21作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

孤独と不安のレッスン (だいわ文庫)

657
4.07
鴻上尚史 2011年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

他者との付き合い方。周りが「こうだ、ああだ」は疲れます。同調圧にも疲れた方にうってつけ。群れるとか同調圧が嫌いな私はいたるところで頷けるところあったけど、... もっと読む

君へ。―つたえたい気持ち三十七話 (ダ・ヴィンチブックス)

568
3.36
有栖川有栖 2004年3月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

気軽に、好きなところから、好きなところだけ読める短編集って敷居が低いっていうか、手にとってみたくなるけど、これは内容的にも好みの感じ。 ふと読み返し... もっと読む

あなたの魅力を演出するちょっとしたヒント (講談社文庫)

389
3.62
鴻上尚史 2003年11月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【声の要素】 (1)声の大きさ、(2)声の高さ、(3)声の速さ、(4)声の間、(5)声の音色 声を出す時は、「首、肩、胸などに緊張がないこと」、「おな... もっと読む

恋愛王 (角川文庫)

88
3.56
鴻上尚史 1996年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

モテるための小手先のテクニックなんてくだらない、とやや斜に構えている人(自分?)にとってこの本は良書だと思います。 人と本気で関わるのは難しいし、自分で作... もっと読む

真実の言葉はいつも短い (知恵の森文庫)

79
3.55
鴻上尚史 2004年9月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

はじめて、彼が書いたエッセイを読んだ。きっと、いろんな人と話すことが多い人なんだと思うし、人間が好きな人なんだろうと思う。面白い観点というよりは、まっとう... もっと読む

名セリフ! (ちくま文庫)

76
3.89
鴻上尚史 2011年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

言葉は変なのですが、客席にいるのは、「気取った賢いスノッブな人達」ではなく、「血の気の多い理屈っぽくない一般人」なんだと発見した時に、『紅テント』が時代の... もっと読む

発声と身体のレッスン―魅力的な「こえ」と「からだ」を作るために (ちくま文庫)

76
3.40
鴻上尚史 2012年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

知らなかった。そういう意味があったんだ。意味を知らずにやってはいけない。闇雲はダメだ――。 ってそう思いました。実践してみよう。そうしよう。 もっと読む

コミュニケイションのレッスン (だいわ文庫)

56
4.63
鴻上尚史 2016年1月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自分の所属しているグループや人間関係が発生している人たち=「世間」 自分とは現在無関係な人たち=「社会」 と著者は定義し「世間」と「社会」では別のコミュニ... もっと読む

八月の犬は二度吠える (講談社文庫)

51
4.08
鴻上尚史 2014年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『八月の犬』。それは京都を彩る『大文字』に「ヽ」を足し『犬文字』にする極秘作戦。1982年、戌年の夏、6人の大学生は青春の熱狂を計画にぶつけた。しかし実行... もっと読む

ドン・キホーテのピアス (扶桑社文庫)

49
3.47
鴻上尚史 1998年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1995年くらいのエッセーなのだけど、 最近考えていたことの答えが書かれていて 超ラッキーだった! シリーズみたいなので、これから読む本ができたこと... もっと読む

恋愛の1/2 (角川ソフィア文庫)

48
3.75
鴻上尚史 2009年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。恋愛は幻想。セックスは幻想。 幻想というのは、夢・まぼろしということではなく、相手が変わらないのに自分の心ひとつでそれが変わってしまう、ということ... もっと読む

鴻上夕日堂の逆上 (新潮文庫)

32
3.60
鴻上尚史 1993年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昭和終末期の時事問題扱っているので懐かしい人は懐かしい。僕は生れてもないです。 もっと読む

ドン・キホーテのロンドン (扶桑社文庫)

31
3.74
鴻上尚史 2001年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 エッセイのシリーズだが、筆者がロンドンへ演劇専門学校へ修行に行った時のレポートであり、ちょっと他のシリーズとはおもむきが違うようだ。といっても、演劇書の... もっと読む

ロンドン・デイズ (小学館文庫)

24
4.13
鴻上尚史 2018年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

舞台演出家の鴻上尚史氏が1997年にロンドンの名門演劇学校に1年間留学したときの日記。 もう20年も前の話か!と驚いたけれども古さも感じず、鴻上さんの文... もっと読む

鴻上尚史の俳優入門 (講談社文庫)

15
4.25
鴻上尚史 2018年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

志ある人と迷える人たちへ。巻末に高橋一生との特別対談収録  俳優になりたい人へ、「演技に大切なこととは」「現場によって違う時間の使い方」「役への5つのア... もっと読む
全21アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする