鵜戸聡の新刊情報

プロフィール

鹿児島大学准教授。専門はフランス語圏アラブ=ベルベル文学。共著書に『クリティカル・ワード 文学理論』 (フィルムアート社、二〇二〇年)、『地中海を旅する62章』(明石書店、二〇一九年)、『国民国家と文学』(作品社、二〇一九年)ほか。訳書にカメル・ダーウド『もうひとつの「異邦人」』(水声社、二〇一九年)。

「2020年 『世界の文学、文学の世界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鵜戸聡の新刊情報のアイテム一覧

鵜戸聡の新刊一覧です。発売日順に並んでいます。
2020年4月5日発売『奄美群島の歴史・文化・社会的多様性』や2020年3月26日発売『クリティカル・ワード 文学理論 読み方を学び文学と出会いなおす』や2019年9月25日発売『映しと移ろい: 文化伝播の器と蝕変の実相』など鵜戸聡の全4作品から、発売日が近い順番で作品がチェックできます。

クリティカル・ワード 文学理論 読み方を学び文学と出会いなおす

146
4.40
三原芳秋 2020年3月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作者個人の思考や感情の投影として生まれる「文学作品」に、読者の勝手とはいえ、社会・歴史的背景を読み込んで何らかの意義を見出そうとするのは結局作者の意図を離... もっと読む

ムルソー対抗調査 (叢書“エル・アトラス”)

20
3.33
カメルダーウド 2019年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公の語りが素敵。渋めのナイスミドル想定で読んでおります。 ところどころ素敵な文句があり、アルジェリアに興味を持ちました。 もう一人のムルソーというか... もっと読む
全4アイテム中 1 - 4件を表示
ツイートする
×