麻耶雄嵩のおすすめランキング

プロフィール

1969年生まれ。三重県出身。京都大学在学中に『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』でデビュー。主な著書に『夏と冬の奏鳴曲』『木製の王子』『貴族探偵対女探偵』などがある。『隻眼の少女』で第64回日本推理作家協会賞・第11回本格ミステリ大賞をダブル受賞。『さよなら神様』も「2015本格ミステリ・ランキング」1位、第15回本格ミステリ大賞を獲得。

「2018年 『友達以上探偵未満』 で使われていた紹介文から引用しています。」

麻耶雄嵩のおすすめランキングのアイテム一覧

麻耶雄嵩のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 (講談社文庫)』や『隻眼の少女 (文春文庫)』や『螢 (幻冬舎文庫)』など麻耶雄嵩の全121作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 (講談社文庫)

1406
3.59
麻耶雄嵩 1996年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018年一冊目はこの本から。 実はかなり昔に読んだんですけどその時ただただ漫然と読んでしまってほとんど記憶にない。改めて読み直しました。 京都郊外に建... もっと読む

隻眼の少女 (文春文庫)

1247
3.21
麻耶雄嵩 2013年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山深き寒村で、大学生の種田静馬は、少女の首切り事件に巻き込まれる。犯人と疑われた静馬を見事な推理で救ったのは、隻眼の少女探偵・御陵みかげ。静馬はみかげとと... もっと読む

螢 (幻冬舎文庫)

1221
3.48
麻耶雄嵩 2007年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人里離れた山荘で起きる連続殺人事件。 クローズ・ド・サークルもののミステリーだ。 惨劇の舞台は10年前に大量殺人劇が行なわれたファイアフライ館。 精神に異... もっと読む

貴族探偵 (集英社文庫)

1130
3.17
麻耶雄嵩 2013年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

相葉ちゃんのドラマという事で読んでみた。このプレイボーイを相葉ちゃんが演じるのかなと思うと笑える。設定変えてくるのかな。 登場人物みんなキャラが濃いので... もっと読む

隻眼の少女

928
3.33
麻耶雄嵩 2010年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

麻耶雄嵩に期待していた分、がっかり。 もっと読む

さよなら神様

902
3.45
麻耶雄嵩 2014年8月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

神様シリーズの連作短編集。 一行目から犯人がわかる、っていう構造でどこまで遊べるか、だけじゃないんだね。 ネタバレは嫌なので最終章だけの感想。 ... もっと読む

神様ゲーム (ミステリーランド)

847
3.58
麻耶雄嵩 2005年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「かつて子どもだったあなたと少年少女のための」と謳い文句の基に刊行されたミステリーランド第7回配本。 字も大きくて行間も広い、装丁は子ども向けだけど... もっと読む

夏と冬の奏鳴曲(ソナタ) (講談社文庫)

820
3.54
麻耶雄嵩 1998年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読む速度にレビューを書く速度が追い付いていませんね。 おもしろい本が次々に手に入るので、さくさく読んでしまいます。 20年前、和音島と名付けられた... もっと読む

メルカトルかく語りき (講談社ノベルス)

800
3.38
麻耶雄嵩 2011年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

論理の果てを見るがいい! もっと読む

神様ゲーム (講談社文庫)

793
3.49
麻耶雄嵩 2015年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

児童書でこの結末とは…。 小4の主人公芳雄。同級生の強引な誘いで浜田探偵団に入れられている。親友の英樹もその探偵団に入りたがっていたが、探偵団は同じ町の者... もっと読む

貴族探偵

780
3.19
麻耶雄嵩 2010年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「君のごとき横暴な官憲に、我が国の治安を任せておけない。君の上司に早速対処してもらう」 すでに台詞が、あの鼻声の相葉くんの声で頭に響いてしまうー。 とあ... もっと読む

鴉 (幻冬舎文庫)

748
3.58
麻耶雄嵩 2000年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「翼ある闇」に難儀した記憶があるので警戒したが、これはすいすい読めた。これまで読んできたミステリが育んでくれた手触りがもたらしたとおもえる違和感が、的を射... もっと読む

7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー (講談社ノベルス)

476
3.67
綾辻行人 2017年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新本格の誕生から30周年になった記念の書き下ろしアンソロジー。執筆陣は新本格ブームの根底となった7人であり、これ以上無い人選だろう。 対抗意識という事で... もっと読む

メルカトルと美袋のための殺人 (講談社文庫)

451
3.57
麻耶雄嵩 2000年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

メルカトルが活躍する作品は「翼ある闇」と「~かく語りき」のみ読んでいる。前者は濃厚な小難しいミステリという印象、後者は麻耶ビギナーへの洗礼でも受けているの... もっと読む

メルカトルと美袋のための殺人 (集英社文庫)

447
3.72
麻耶雄嵩 2011年8月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たぶん第一短編集。 先に読んだ、メルカトルかく語りきが面白かったから期待マシマシ。 だが、やはりかく語りきの方がミステリーというジャンルフィクションの限界... もっと読む

神様ゲーム (講談社ノベルス)

436
3.73
麻耶雄嵩 2012年5月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

手に取ったのは新書版でしたが、もとはミステリーランドの作品ということです。 乙一の銃とチョコレートもそうでしたが、ミステリーランドの作品いくつかは子供に見... もっと読む

貴族探偵対女探偵

418
3.31
麻耶雄嵩 2013年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まさかの貴族探偵の続編。なんと女探偵こと高徳愛香が主人公の本作。大技も炸裂する、麻耶雄嵩らしい?連作短編集。 「白きを見れば」 とある証拠に納得で... もっと読む

痾 (講談社文庫)

401
3.17
麻耶雄嵩 1999年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「夏と冬」続編です。 これを読めば、「夏と冬」がさらに楽しめる。 「夏と冬」で投げられてた伏線のいくつかは、ある程度明らかにしてくれてます。「夏と冬」読ん... もっと読む

あいにくの雨で (講談社文庫)

353
3.28
麻耶雄嵩 1999年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作中で自身の信条を語るのは創作者の特権かもしれないが、個人的には押し付けがましく好きではない。 もっと読む

348
3.47
麻耶雄嵩 2004年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

完全に騙された・・! でもこれで平戸さんだったら 本当に救われないトコだった・・ あと最後!! こわいこわいこわいと思いつつ一気読みでした。 もっと読む
全121アイテム中 1 - 20件を表示

麻耶雄嵩に関連する談話室の質問

ツイートする