麻耶雄嵩のおすすめランキング

プロフィール

麻耶 雄嵩(まや・ゆたか)
1969年三重県生まれ。京都大学工学部卒業。大学では推理小説研究会に所属。’91年『翼ある闇 メルカトル最後の事件』でデビュー。’11年『隻眼の少女』で第64回日本推理作家協会賞、第11回本格ミステリ大賞を受賞、’15年『さよなら神様』で第15回本格ミステリ大賞をふたたび受賞。

「2020年 『7人の名探偵』 で使われていた紹介文から引用しています。」

麻耶雄嵩のおすすめランキングのアイテム一覧

麻耶雄嵩のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 (講談社文庫)』や『隻眼の少女 (文春文庫)』や『螢 (幻冬舎文庫)』など麻耶雄嵩の全134作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 (講談社文庫)

1617
3.58
麻耶雄嵩 1996年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

探偵の元に届いた脅迫状めいた手紙、赴いた怪しげな館では既に密室の中で2つの首無し死体が発見され、さらに探偵の目の前で繰り返される殺人と物語の材料だけ挙げて... もっと読む

隻眼の少女 (文春文庫)

1522
3.22
麻耶雄嵩 2013年3月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

H30.2.7 読了。  最後まで淡々としていて、感情移入できなかった。発想は面白いのに。 もっと読む

螢 (幻冬舎文庫)

1476
3.49
麻耶雄嵩 2007年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人里離れた山荘で起きる連続殺人事件。 クローズ・ド・サークルもののミステリーだ。 惨劇の舞台は10年前に大量殺人劇が行なわれたファイアフライ館。 精神に異... もっと読む

神様ゲーム (講談社文庫)

1419
3.42
麻耶雄嵩 2015年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これが子供向けって…それとも私の頭がお子ちゃまなだけ? 名探偵コナンやないけど、主人公は小学生。 全知全能の神様も?登場し、全てを知ってるので解決していく... もっと読む

貴族探偵 (集英社文庫)

1418
3.14
麻耶雄嵩 2013年10月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

良くも悪くも貴族頼み。 TV5話まで見て、面白そうなので読んでみました。 著者の本は「神様ゲーム」「さよなら神様」で一風変わった作風というのは... もっと読む

さよなら神様

1017
3.41
麻耶雄嵩 2014年8月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

神様シリーズの連作短編集。 一行目から犯人がわかる、っていう構造でどこまで遊べるか、だけじゃないんだね。 ネタバレは嫌なので最終章だけの感想。 ... もっと読む

隻眼の少女

981
3.33
麻耶雄嵩 2010年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

麻耶雄嵩に期待していた分、がっかり。 もっと読む

夏と冬の奏鳴曲(ソナタ) (講談社文庫)

929
3.51

感想・レビュー

平成の奇書とも言えるほどの問題作。麻耶雄嵩最大の問題作と考えて良いかもしれない。衝撃の展開と前代未聞の構造、そして未だに続く考察と議論、何をとってもこれは... もっと読む

神様ゲーム (ミステリーランド)

903
3.57
麻耶雄嵩 2005年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

話題になっていたので気にはなっていたのですが、ようやくやっと読むことができました。いやはやこれは確かに問題作ですね。麻耶雄嵩らしいと言いますか。「少年少女... もっと読む

鴉 (幻冬舎文庫)

888
3.56
麻耶雄嵩 2000年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「翼ある闇」に難儀した記憶があるので警戒したが、これはすいすい読めた。これまで読んできたミステリが育んでくれた手触りがもたらしたとおもえる違和感が、的を射... もっと読む

メルカトルかく語りき (講談社ノベルス)

861
3.37
麻耶雄嵩 2011年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

論理の果てを見るがいい! もっと読む

貴族探偵

825
3.19
麻耶雄嵩 2010年5月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

探偵と名乗りながら自ら推理はせず、優秀な使用人が事件を解決する。今まで読んだことのないパターンの探偵で、おもしろかった。特に「こうもり」には驚かされた。び... もっと読む

7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー (講談社ノベルス)

654
3.54
綾辻行人 2017年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

古書店にて半額で。麻耶雄嵩と山口雅也目当てで購入。30周年もどこ吹く風、下の名前に口あんぐりな安定の銘探偵に、現実には無理がある嘘つき設定を見事に落とし込... もっと読む

さよなら神様 (文春文庫)

579
3.51
麻耶雄嵩 2017年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2020/03/08読了 #このミス作品17冊目 神様が先出しする事件の犯人の アリバイを解くというストーリー。 若干無理やりな謎解きがあるものの 最終... もっと読む

メルカトルと美袋のための殺人 (集英社文庫)

532
3.71
麻耶雄嵩 2011年8月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「なんだこれ!」 読んでいる最中、読み終わった後、私の頭に浮かんでいたのはその一言であった。本のジャンルは何かと聞かれれば、もちろん『本格推理小説』にあた... もっと読む

貴族探偵対女探偵 (集英社文庫)

509
3.38
麻耶雄嵩 2016年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前作を読み終わってすぐに読み始めたけど、ドラマ開始に読了出来ずヽ(´o`; 前作に続き今作も面白かったです。 まさかのラストに実は御前は名探偵なんじゃない... もっと読む

メルカトルと美袋のための殺人 (講談社文庫)

484
3.57

感想・レビュー

メルカトルが活躍する作品は「翼ある闇」と「~かく語りき」のみ読んでいる。前者は濃厚な小難しいミステリという印象、後者は麻耶ビギナーへの洗礼でも受けているの... もっと読む

痾 (講談社文庫)

483
3.14
麻耶雄嵩 1999年1月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「夏と冬」続編です。 これを読めば、「夏と冬」がさらに楽しめる。 「夏と冬」で投げられてた伏線のいくつかは、ある程度明らかにしてくれてます。「夏と冬」読ん... もっと読む

神様ゲーム (講談社ノベルス)

458
3.72
麻耶雄嵩 2012年5月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

手に取ったのは新書版でしたが、もとはミステリーランドの作品ということです。 乙一の銃とチョコレートもそうでしたが、ミステリーランドの作品いくつかは子供に見... もっと読む

貴族探偵対女探偵

449
3.27
麻耶雄嵩 2013年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まさかの貴族探偵の続編。なんと女探偵こと高徳愛香が主人公の本作。大技も炸裂する、麻耶雄嵩らしい?連作短編集。 「白きを見れば」 とある証拠に納得で... もっと読む
全134アイテム中 1 - 20件を表示

麻耶雄嵩に関連する談話室の質問

ツイートする
×