黒井千次のおすすめランキング

プロフィール

黒井千次

1932年(昭和7年)東京生まれ.55年東京大学経済学部卒業後,富士重工業に入社.70年より文筆生活に入る.69年『時間』で芸術選奨新人賞,84年『群棲』で第20回谷崎潤一郎賞,94年『カーテンコール』で第46回読売文学賞(小説部門),2001年『羽根と翼』で第42回毎日芸術賞,06年『一日 夢の柵』で第59回野間文芸賞をそれぞれ受賞.

「2019年 『老いのゆくえ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

黒井千次のおすすめランキングのアイテム一覧

黒井千次のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)』や『働くということ -実社会との出会い- (講談社現代新書)』や『春の道標 (新潮文庫)』など黒井千次の全164作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)

306
3.14
阿川佐和子 2017年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みたい本の、隣の本棚にあった本。 ぱっと見たとき、「こぽこぽ、珈琲」というタイトルで、ぱっと頭の中にコーヒーカップに珈琲がそそがれる絵が浮かびました。... もっと読む

働くということ -実社会との出会い- (講談社現代新書)

266
3.41
黒井千次 1982年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

労働の本質について。 仕事と遊びの違いと共通点。 企業意識と職業意識の違い。などなど。 就職前や、就職中でも現状に漠然とした不安を抱いている人などにおすす... もっと読む

春の道標 (新潮文庫)

125
3.65

感想・レビュー

淡く、どこかしら幻想的な青春期の恋物語。結末をよく覚えていないけど切ない思い出があるので成就しなかったのかもしれない。二十歳くらいの頃に読んで、その時点で... もっと読む

老いのゆくえ (中公新書)

85
3.36
黒井千次 2019年6月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

黒井千次さん「老いのゆくえ」、2019.6発行、85歳の頃の作品(エッセイ)です。60、65、75、そして85歳、新たな区切り、「ホントカヨ」といった心境... もっと読む

高く手を振る日

76
3.31

感想・レビュー

譁ー閨槭?譖ク隧輔r隕九※縲∝峙譖ク鬢ィ縺ァ蛟溘j縺溘b縺ョ縲 荳サ莠コ蜈ャ縺ョ蠢?炊謠丞?縺ォ蜈ア諢溘r隕壹∴繧九?ゅ%繧後□縺第ュウ繧偵→縺」縺ヲ繧ゅ... もっと読む

老いのかたち (中公新書)

66
3.42
黒井千次 2010年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

老いのかたちは白骨死体、手厚く箪笥の中や床下に入れられたり庭に埋められたり、離れたくないと身近に置いて、死んだことにはしたくないと死亡通知を出さず代わりに... もっと読む

群棲 (講談社文芸文庫)

61
3.56
黒井千次 1988年1月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

谷崎潤一郎賞、解説:高橋英夫、作家案内:曾根博義 もっと読む

老いの味わい (中公新書)

60
3.70
黒井千次 2014年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私は、来年は60代では一番年寄りになりますが、70になれば70代では一番わかくなります。そんな風に考えると面白いかもしれません(^-^) サミュエル・ウル... もっと読む

ベスト・エッセイ2020

50
3.00
日本文藝家協会 2020年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

好きなエッセイストの作品をきっかけに 2014年にこのシリーズを初めて手に取り 途中2回とばしたけど 毎年この時期読むのを楽しみにしています。 (... もっと読む

時間 (講談社文芸文庫)

42
3.77

感想・レビュー

表題作「時間」が、前田愛『文学テクスト入門』のなかで解説されていたので読んでみました。 6人の勤め人の短編小説集ですが、仕事内容に焦点を当てたもので... もっと読む

珈琲記

41
3.36

感想・レビュー

著者黒井千次さんの朝は珈琲から始まるそうです。深夜に仕事をされてるので正午近くだそうです。私の朝も珈琲から始まります。私の方は超早寝早起きで早朝3時半ごろ... もっと読む

老いるということ (講談社現代新書)

40
3.09
黒井千次 2006年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

老いることの意味、肉体的に、精神的にあると思いますが、86歳で没した幸田文さんが70歳の時のエッセイに次のようなくだりがあります。「自らの限界を認め、今迄... もっと読む

群像短篇名作選 2000~2014 (講談社文芸文庫)

36
4.00
辻原登 2018年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この文庫に載っている作品で改めて読みたいと思った作家は 村田喜代子 小川洋子 竹西寛子 本谷有希子 川上未映子 長野まゆみ 筒井康隆 藤野... もっと読む

たまらん坂 武蔵野短篇集 (講談社文芸文庫)

33
3.75
黒井千次 2008年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

多摩の話ということで手に取った。思ったより文学だった もっと読む

現代小説クロニクル 1995~1999 (講談社文芸文庫)

32
2.60
川上弘美 2015年6月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近現代を小説を通して知りたいな、好きな作家を見つけたいなと思ってこのシリーズをよんでいます。今回、新しい発見がありました。角田光代さんの学校ごっこ、阿部和... もっと読む

高く手を振る日 (新潮文庫)

31
3.13
黒井千次 2012年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

派手さはないが、しみじみとしているしみずみずしくもある。 もっと読む

散歩の一歩

29
3.43
黒井千次 2011年10月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

黒井千次さんの落ち着きと深みのあるエッセイ、大好きです。共感するところが多いです。「散歩の一歩」、2011.10発行、著者79歳時の発行です。エッセイは7... もっと読む

流砂

29
3.25
黒井千次 2018年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

父親夫婦と息子夫婦、同じ敷地内の二世帯住宅。元検事の90代の父親と70過ぎの息子の物語。途中、検事の娘と検事の息子の出会いが。なんとも不思議な雰囲気を醸し... もっと読む

日の砦 (講談社文庫)

28
3.11
黒井千次 2008年3月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

具体的な事柄を淡々と組み上げることによって生じる、意外なリアリティ。 もっと読む

石の話―黒井千次自選短篇集 (講談社文芸文庫)

26
3.09

感想・レビュー

自選短編集ということで、初期作から現在に至るまでの優れた或いは作者的に上手く書けたのだろう作品が、名を連ねている。いずれもある程度同じ枚数の作品を、意識的... もっと読む
全164アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×