黒川博行のおすすめランキング

プロフィール

1949年3月4日愛媛県生まれ。京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業。大阪府立高校の美術教師を経て、83年、『二度のお別れ』が第1回サントリーミステリー大賞佳作。86年、『キャッツアイころがった』で第4回サントリーミステリー大賞を受賞。96年、「カウント・プラン」で第49回日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)を受賞。2014年、『破門』で第151回直木三十五賞を受賞。他の著作に、『悪果』『繚乱』『離れ折紙』『後妻業』『勁草』『喧嘩』『果鋭』など。

黒川博行のおすすめランキングのアイテム一覧

黒川博行のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『破門 (単行本)』や『後妻業』や『疫病神 (新潮文庫)』など黒川博行の全255作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

破門 (単行本)

1194
3.51
黒川博行 2014年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(はっ!!極道小説だったのか~~) 直木賞を受賞した、とNEWSで知り、 いち早く図書館へとNET予約。 そんな興味本位でのみ、手にした作品... もっと読む

後妻業

976
3.72
黒川博行 2014年8月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

生き物は どうしたって他者の命を奪って食わねば 生きてはいけぬものだけど、 同じ種同士の 食い合い(共食い)にはさすがに (わっ…!) と、目... もっと読む

疫病神 (新潮文庫)

847
3.71
黒川博行 2000年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とてもおもしろかった もっと読む

後妻業 (文春文庫)

493
3.63
黒川博行 2016年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とんでもなく恐ろしいオンナを主人公にした犯罪小説。 冒頭から描かれる小夜子の犯罪が物語の全てかと思ったらば、とんでもなく恐ろしい犯罪が次々と描かれ、ゾッ... もっと読む

国境 (講談社文庫)

486
4.16
黒川博行 2003年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イケイケやくざ桑原さんの男気を どーーしても、息子に知って欲しい私は、 「なぁ~~、読んでみぃって!←(読後はしばらく関西弁が抜けない…。) 絶対、... もっと読む

暗礁〈上〉 (幻冬舎文庫)

422
3.84
黒川博行 2007年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(上巻のみ登録) 疫病神コンビ、みたび! 関西弁で繰り広げられるテンポの良い会話が最大の魅力ですが、関西に馴染みのないわたしには 本当にこんなコ... もっと読む

悪果 (角川文庫)

416
3.60
黒川博行 2010年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内容(「BOOK」データベースより) 大阪府警今里署のマル暴担当刑事・堀内は、淇道会が賭場を開くという情報を拇み、開帳日当日、相棒の伊達らとともに現... もっと読む

暗礁〈下〉 (幻冬舎文庫)

372
3.96
黒川博行 2007年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

相変わらず桑原・二宮コンビ最高。ただ「国境」を読み終えてからまだ日が浅く、国境に比べるとちょっとスケールが小さかったので(これは仕方ない)、☆が5にならず... もっと読む

国境 上 疫病神シリーズ (文春文庫)

368
3.78
黒川博行 2014年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冒頭の北朝鮮旅行と称した人探しから幕が開けて、北朝鮮という国の実態を知る。 ニュースなどでもその国の事はよく聞くが、それでも知らない事がたくさん書かれて... もっと読む

螻蛄(けら)―シリーズ疫病神 (新潮文庫)

338
3.91
黒川博行 2012年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

建設コンサルタントの二宮とヤクザの桑原が宗宝を巡るスキャンダルに乗り込み、金を稼ごうと悪巧みをするが宗教内部の争いや腐敗刑事が出てきて事態は混乱して行く。... もっと読む

国境 下 疫病神シリーズ (文春文庫)

323
3.98
黒川博行 2014年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

組関係やらカラクリやらが複雑でもしかたしたら、ちゃんと理解できてないかもしれないけど面白かった。 啓ちゃんのピンチに現れたり、最後のはからいとか、桑原さ... もっと読む

破門 (角川文庫)

293
3.91
黒川博行 2016年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

疫病神を買った時点でのシリーズ最新作がこの破門で、破門まで読んだらもういいかなー、なんて思っていたけれど、こうなってくると次の展開が気になるね。桑原、どう... もっと読む

疫病神 (角川文庫)

281
3.46
黒川博行 2014年12月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

産業廃棄物処理場を巡って、裏社会の人や市議会議員なども絡み合う。その中を金目当てに右往左往と駆け回る。どっちもどっちの疫病神同士の繋がりがなんか面白い。そ... もっと読む

勁草 (文芸書)

281
3.48
黒川博行 2015年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「綺麗な表紙だなぁ…。」 荒波打ち寄せる月明りの岸壁に はらはらと零れる可憐な花と舞うアゲハ蝶にうっとり見入る。 >でも、黒川氏の小説や。 ... もっと読む

二度のお別れ (創元推理文庫)

269
3.40
黒川博行 2003年9月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冒頭───  風呂あがり、やっとありついた晩飯。冷めたアサリの吸物をひとすすりして、さてこれからと箸をとりあげた時、電話が鳴った。反射的に壁の時計を見る... もっと読む

喧嘩

258
3.60
黒川博行 2016年12月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

疫病神コンビの第六弾。『破門』の映画化もあり、楽しみに読んだ。 この2人、本当に最悪最凶だけど最高のコンビ。丁々発止、というかああ言えばこう言う2人のやり... もっと読む

煙霞 (文春文庫)

249
3.39
黒川博行 2011年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「後妻業」を読んで、黒川博行氏のテンポの良い小説の流れが好きである。 又、大阪を中心として描かれているので、大阪人として、土地勘がすごく理解できるのと、関... もっと読む

悪果

239
3.53
黒川博行 2007年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

防対課の悪徳刑事二人が主役。舞台は関西。物語が関西弁で進行するだけでポイントアップ。二人のキャラが少しダブるのが難点。 もっと読む

螻蛄

225
3.74
黒川博行 2009年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冒頭─── エレベーターを降り、事務所のドアに鍵を挿したら、中からマキの鳴き声が聞こえた。マキちゃん、ケイちゃん、ユキちゃん、と叫ぶように鳴いている... もっと読む

カウント・プラン (文春文庫)

215
3.22
黒川博行 2000年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

黒川先生が描く <心のねじくれた人々>には 異常な程の生々しさがあった。 それ故 彼らの周辺で(案の定…)起こってしまう事件は どろりとした... もっと読む
全255アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする