黒木亮のおすすめランキング

プロフィール

1957年、北海道生まれ。カイロ・アメリカン大学大学院修士(中東研究科)。都市銀行、証券会社、総合商社を経て2000年、大型シンジケートローンを巡る攻防を描いた『トップ・レフト』でデビュー。著書に『エネルギー』『冬の喝采』『貸し込み』『カラ売り屋』など。英国在住。

「2018年 『世界をこの目で』 で使われていた紹介文から引用しています。」

黒木亮のおすすめランキングのアイテム一覧

黒木亮のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『巨大投資銀行(上) (角川文庫)』や『巨大投資銀行(下) (角川文庫)』や『トップ・レフト ウォール街の鷲を撃て (角川文庫)』など黒木亮の全139作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

巨大投資銀行(上) (角川文庫)

768
4.08
黒木亮 2008年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

金融小説好きな読者にとって最高峰の作品ではなかろうか。狂熱の1980年代から憔悴の2000年代にかけての日本経済の変遷を外資系証券に勤めるM&A、ディーラ... もっと読む

巨大投資銀行(下) (角川文庫)

622
4.19
黒木亮 2008年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『巨大投資銀行』下巻はアンシャン=レジーム崩壊後の日本の金融業界に再び身を投じる桂木が描かれる。成功を享受しながらも恩師の「日本のために」という言葉が心の... もっと読む

トップ・レフト ウォール街の鷲を撃て (角川文庫)

584
3.95
黒木亮 2005年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かったand金融系の知識がなさすぎて勉強になった。 この業界にいる人曰く、 「話がリアルすぎて仕事を思い出して嫌になる」 と言ってたのはつい笑った。... もっと読む

青い蜃気楼 小説エンロン (角川文庫)

417
3.76
黒木亮 2004年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エンロンが成長してから倒産するまでの事実に元づいて書かれた小説です。でも小説というよりかはルポのようなちょっと淡々とした感じがした。ただわかりやすく書かれ... もっと読む

エネルギー(上) (講談社文庫)

388
3.70
黒木亮 2010年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(上中下巻合わせてのレビューです。) 黒木さんの最新の文庫本。 前々から読もう読もうと思いつつ 後回しになっていましたが、 やっとこや... もっと読む

排出権商人

322
3.61
黒木亮 2009年11月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「この経済小説がおもしろい!」に紹介されていた黒木さんの本。 文庫になるのが待ちきれず、図書館で借りました。 最近、注目されている排出権取引の... もっと読む

トップ・レフト―都銀vs.米国投資銀行 (祥伝社文庫)

311
3.75
黒木亮 2002年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

メガバンクと投資銀行の対決 バンカーがカッコよく描かれてる。 もっと読む

カラ売り屋 (講談社文庫)

299
3.60
黒木亮 2009年3月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

黒木さんの短編小説。 あんまり他の人の評価が高くなかったので、 期待していなかったが個人的には面白かった。 いつもの長編小説で見るようなス... もっと読む

獅子のごとく 小説 投資銀行日本人パートナー (100周年書き下ろし)

297
3.91
黒木亮 2010年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ゴールドマン・サックス社長の持田氏をモデルにした小説。 黒木さんの本ということで、問答無用で著者読みです。 持田氏をモデルとした主人公(逢坂丹)が... もっと読む

トリプルA 小説 格付会社 上

275
3.59
黒木亮 2010年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

25年間の…世界金融…を、 格付会社…の視点で描く…大河経済小説…。 個人的には…、格付会社も…監査法人も…、 依頼格付けや…依頼監査... もっと読む

エネルギー(下) (講談社文庫)

266
3.79
黒木亮 2010年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

黒木亮氏による総合商社を舞台とした小説。ノンフィクション小説ではあるが、実際の企業を思わせるような内容が多くあり、商社志望の就活生や商社のビジネスモデルに... もっと読む

トリプルA 小説 格付会社 上 (幻冬舎文庫)

247
3.78
黒木亮 2012年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(上下巻合わせてのレビューです。) 骨太小説。 こういう小説は、読む前に少しためらいがありますが、 いざ読んでみると面白すぎてあっという間に読ん... もっと読む

ザ・コストカッター (角川文庫)

245
3.69
黒木亮 2012年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

黒木さん最新の文庫本。 「カラ売り屋」(黒木さんの昔の著者)で活躍した パンゲアの北川さんが主人公。 今回はコストカッターの異名を取る悪役との対決で... もっと読む

法服の王国 小説裁判官(上)

242
3.81
黒木亮 2013年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エリート街道を突き進む津崎と、護憲を掲げる団体に所属するだけで地方廻りを余儀なくされる正義感の強い村木、原発差し止め控訴に奔走する弁護士妹尾。 この3人... もっと読む

シルクロードの滑走路 (角川文庫)

229
3.66
黒木亮 2009年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

途上国レバノンに航空機をリースしようと模索する商社マンの物語。 国際トレードビジネスにおいて商社が果たしている役割や、意義に関して考えさせられる。 知識も... もっと読む

リスクは金なり (講談社文庫)

224
3.68
黒木亮 2011年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

黒木亮氏の「リスクは金なり」読了です。 黒木亮氏をご存じの方は少ないですかね? (以前に、週刊ダイヤモンドで「巨大投資銀行」という作品を連載してい... もっと読む

トリプルA 小説 格付会社 下

221
3.66
黒木亮 2010年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今まで知らない内容があった。我が社の名前も出てる。苦しい時代だった!面白かった。役に立った。 もっと読む
全139アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする