黒木亮のおすすめランキング

プロフィール

1957年、北海道生まれ。カイロ・アメリカン大学大学院修士(中東研究科)。都市銀行、証券会社、総合商社を経て2000年、大型シンジケートローンを巡る攻防を描いた『トップ・レフト』でデビュー。著書に『エネルギー』『冬の喝采』『貸し込み』『カラ売り屋』など。英国在住。

「2018年 『鉄のあけぼの 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

黒木亮のおすすめランキングのアイテム一覧

黒木亮のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『巨大投資銀行(上) (角川文庫)』や『巨大投資銀行(下) (角川文庫)』や『トップ・レフト ウォール街の鷲を撃て (角川文庫)』など黒木亮の全123作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

巨大投資銀行(上) (角川文庫)

733
4.07
黒木亮 2008年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

978-4-04-375504-2 568p 2008・11・30 再版 もっと読む

巨大投資銀行(下) (角川文庫)

586
4.18
黒木亮 2008年10月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この間のバークレイズのLIBOR操作の件もありますし、外資を美化しすぎじゃないかとの疑問は消えません。 もっと読む

トップ・レフト ウォール街の鷲を撃て (角川文庫)

555
3.95
黒木亮 2005年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・10年ぶりに再読。 ・金融業務の醍醐味を改めて感じさせてくれる。 ・これを読んで、投資銀行や商社に就職したくなる学生は今でも多いのでは。 もっと読む

エネルギー(上) (講談社文庫)

374
3.69
黒木亮 2010年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ザ・黒木亮 サハリンのLNGプロジェクトや、イラン石油といったプロジェクトを中心に、コモディティートレーダーや商社マン、JBIC,EBRD、各国政府要人... もっと読む

青い蜃気楼―小説エンロン (角川文庫)

370
3.73
黒木亮 2004年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み返してみた。 エンロンのビジネスモデルは非常に優秀だと思う。 マーケットメイキングも含めて自社で抱えてしまえば トレード(投機的な意味でなく... もっと読む

排出権商人

309
3.61
黒木亮 2009年11月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

相変わらず大きなしくみルール作りは下手な日本.だけど現場レベルではしっかり取り返す(そうとしてる)姿がよくわかる.臨場感があるから詳しくない業界の日常も親... もっと読む

巨大投資銀行 (上) (ルビ:バルジブラケット)

297
3.90
黒木亮 2005年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

外資系投資銀行に勤めるバンカーのお話。 もっと読む

トップ・レフト―都銀vs.米国投資銀行 (祥伝社文庫)

295
3.74
黒木亮 2002年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

黒木亮さんの本は巨大投資銀行に続いて2冊目(上下巻は1冊として)。 趣味で投資をやっている身として黒木亮さんの本は勉強になるし、経済小説として非常に面白... もっと読む

カラ売り屋 (講談社文庫)

285
3.61
黒木亮 2009年3月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

金融小説、ということで専門用語が飛び交う辺りが難しい、、、 でも、スリルを感じられて面白かった。 初の黒木亮だったので、これからもっと読んでいきたい。 もっと読む

獅子のごとく 小説 投資銀行日本人パートナー (100周年書き下ろし)

276
3.89
黒木亮 2010年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公の邁進とともに投資銀行の内部を描いた名作。 分量は多いが面白くて一気に読み終えた。 (↓ブログでの紹介) http://money-lea... もっと読む

トリプルA 小説 格付会社 上

265
3.53
黒木亮 2010年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

25年間の…世界金融…を、 格付会社…の視点で描く…大河経済小説…。 個人的には…、格付会社も…監査法人も…、 依頼格付けや…依頼監査... もっと読む

エネルギー(下) (講談社文庫)

254
3.78
黒木亮 2010年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

黒木亮氏による総合商社を舞台とした小説。ノンフィクション小説ではあるが、実際の企業を思わせるような内容が多くあり、商社志望の就活生や商社のビジネスモデルに... もっと読む

エネルギー(中) (講談社文庫)

249
3.75
黒木亮 2010年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

サハリンでの巨大ガス田プロジェクトは環境保護団体の目の敵にされ、当初目論んでいたコストの倍になるとの予想が出た。後には引けない巨大プロジェクトとそれを邪魔... もっと読む

巨大投資銀行 (下) (ルビ:バルジブラケット)

237
3.87
黒木亮 2005年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1980年代以降に起きた様々な出来事と共に、その中で生きた複数の金融マンの生涯を描いている。下巻では、上巻に比べて邦銀や日本市場の内容の割合が多い。 もっと読む

法服の王国 小説裁判官(上)

230
3.82
黒木亮 2013年7月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2人の立場の異なる(一人は現場回り、もう一人は最高裁事務局を中心とするエリートコース)裁判官を主人公とした小説。 2人の学生時代から裁判官としての終点ま... もっと読む

トリプルA 小説 格付会社 上 (幻冬舎文庫)

227
3.77
黒木亮 2012年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読。ここ30年くらいの国際金融の出来事がいっぱい。どこまで真実かわからないけど、格付会社という特殊な会社の様子が興味深い。職人だけど専門バカでは務まらな... もっと読む

ザ・コストカッター (角川文庫)

222
3.66
黒木亮 2012年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

カラ売り屋「パンゲア」の北川と、リストラ屋「極東スポーツ 社長」の蛭田の対決。 ワンマン経営の不正を暴いていく北川の姿が、まるでミステリーの謎を紐解いて... もっと読む

シルクロードの滑走路 (角川文庫)

214
3.64
黒木亮 2009年5月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

途上国レバノンに航空機をリースしようと模索する商社マンの物語。 国際トレードビジネスにおいて商社が果たしている役割や、意義に関して考えさせられる。 知識も... もっと読む

トリプルA 小説 格付会社 下

213
3.60
黒木亮 2010年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今まで知らない内容があった。我が社の名前も出てる。苦しい時代だった!面白かった。役に立った。 もっと読む

リスクは金なり (講談社文庫)

212
3.64
黒木亮 2011年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

黒木亮氏の「リスクは金なり」読了です。 黒木亮氏をご存じの方は少ないですかね? (以前に、週刊ダイヤモンドで「巨大投資銀行」という作品を連載してい... もっと読む
全123アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする