黛まどかのおすすめランキング

プロフィール

俳人。神奈川県生まれ。2002年、句集『京都の恋』で第2回山本健吉文学賞受賞。2010年4月より一年間文化庁「文化交流使」として欧州で活動。スペインサンティアゴ巡礼道、韓国プサン-ソウル、四国遍路など踏破。「歩いて詠む・歩いて書く」ことをライフワークとしている。オペラの台本執筆、校歌の作詞など多方面で活躍。2021年より「世界オンライン句会」を主宰。現在、北里大学・京都橘大学・昭和女子大学客員教授。著書に、句集『てっぺんの星』、紀行集『奇跡の四国遍路』、随筆『引き算の美学』など多数。
※黛まどかさんの【黛】という漢字は、旧字体で「黒」の部分が「黑」(3画目が横線でなく点2つ)です。
公式ウェブサイト  https://madoka575.co.jp

「2021年 『暮らしの中の二十四節気 丁寧に生きてみる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

黛まどかのおすすめランキングのアイテム一覧

黛まどかのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『俳句脳 ――発想、ひらめき、美意識 (角川oneテーマ21 A 85)』や『奇跡の四国遍路 (中公新書ラクレ)』や『新・資本主義宣言 (7つの未来設計図)』など黛まどかの全59作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

俳句脳 ――発想、ひらめき、美意識 (角川oneテーマ21 A 85)

131
3.45
黛まどか 2008年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

茂木さんのパートは、 『俳句はその余白も含めて、「ある世界観全て」を表現している 一方短いワードとして共通するものとして格言や引用などがあるが、こちらはあ... もっと読む

奇跡の四国遍路 (中公新書ラクレ)

64
4.24
黛まどか 2018年3月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2017年4月桜が綻び始めた頃、著者は全行程 1,400㎞に及ぶ四国八十八ヶ所巡礼に旅立つ。 全札所を徒歩で回る「歩き遍路」。著者が挑むのはぶっ通しの「... もっと読む

新・資本主義宣言 (7つの未来設計図)

55
3.13
水野和夫 2013年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

民主党の古川元久元国家戦略担当大臣を中心とした、「新しい資本主義と成長を考える会」の議論をまとめた本です。会のメンバーの渋澤健さんから出版に先立って頂き、... もっと読む

引き算の美学 もの言わぬ国の文化力

49
4.11
黛まどか 2012年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【本からの抜粋】  気候が育んだ文化と美意識   冷房が登場する前、逃れようのない蒸し暑さと折り合いをつける   ために、五感のすべてを使って涼を見... もっと読む

言葉で世界を変えよう 万葉集から現代俳句へ

36
3.50
茂木健一郎 2010年7月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【本から】  フランスの哲学者、ガストン・バシュラール  「詩の言葉は、意味になった言葉のやや上にある」  数学者、藤原正彦  「美しいものを... もっと読む

おおいそがし、こいそがし―韓国の四季の絵本・秋 (韓国の四季の絵本 秋)

28
3.13
ユン・クビョン 2003年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本の秋と変わらない気がした。 お米の収穫、干し柿作りなど。 唐辛子を収穫して乾燥させたり、キムチを作ったりするのは韓国の秋。 もっと読む

星の旅人 スペイン「奥の細道」 (角川文庫)

26
3.25
黛まどか 2009年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

パウロ・コエーリョの〝星の巡礼〟に触発されて、俳人である著者がサンティアゴの巡礼路を歩き、旅で感じたことや、そこで出逢った人々のことを綴られています。 ま... もっと読む

星の旅人―スペイン「奥の細道」

24
3.23

感想・レビュー

すごいすごいすごい! 読みながら興奮しました。 私も行きたい!! 仕事一区切りついたら、1ヶ月かけて歩こうかなぁ。いまから準備しよう。 もっと読む

暮らしの中の二十四節気 丁寧に生きてみる

20
3.33
黛まどか 2021年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

17文字は高尚すぎて、やはり肌に馴染みませんな。 新暦で生活しながらも、どこか旧暦の歴史の名残が身体にあるのではと期待しながら、この本を手にしたので... もっと読む

つまんなくってさ―韓国の四季の絵本・夏 (韓国の四季の絵本 (夏))

18
3.29
ユン・クビョン 2003年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2歳0ヶ月。 リアルな動物の絵を息子が指先していました。 もっと読む

B面の夏 (角川文庫)

17
3.11

感想・レビュー

俳句ひとつひとつに物語を感じる、そんな句集。 もっと読む

その瞬間 創作の現場 ひらめきの時

17
4.25
黛まどか 2010年2月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

俳句は五・七・五の17文字で、瞬間を表現するところが、すごいなと思う。読んだとたんに情景が頭の中に浮かんでくる。その言葉の使い方にいつも感動する。この本は... もっと読む

ニュージーランド 真夏の聖夜の旅

14
3.00
黛まどか 2008年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館でひっそり本棚の端に立てかけてあり、手にしたら大好きなニュージーランドの風景が!迷わず借りてしまった。 黛まどかさんがニュージーランドを訪れ、俳句... もっと読む

心に残る手紙の書きかた (be文庫)

13
3.00
黛まどか 2004年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

手紙は出すのも貰うのも嬉しい。礼を欠かないためのマナーや、楽しみ方の実例集。心にゆとりがあれば、手紙だけでなく生活そのものも楽しむことができるだろうな、と... もっと読む

あなたへの一句

12
3.00
黛まどか 2008年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

http://kankou.vill.iitate.fukushima.jp/kanko/kuhai/index.htmlの作品がいくつか掲載されています... もっと読む

俳句脳 ――発想、ひらめき、美意識 (角川新書)

12
2.75
茂木健一郎 電子書籍 2016年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

参考程度にはなる。大上段に振りかぶった俳論で、俳諧の軽味に通じないところがある。 もっと読む

B面の夏

10
3.00

感想・レビュー

前に黛まどかさんの俳句を紹介するサイトがあって、大好きでよく見に行っていました。 一つ一つの句に、彼女による解説がついていて、それも非常によかったです。... もっと読む
全59アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×