D.H.ロレンスのおすすめランキング

プロフィール

D.H.Lawrence.
1885 ~ 1930 年。イギリス出身の作家。
大胆な性表現や文明社会と未開社会の葛藤などを主なテーマに据えた。
イギリスからイタリア、オーストラリア、ニューメキシコ、メキシコと遍歴。
この間に、『アーロンの杖』『カンガルー』『翼ある蛇』などの問題作を
次々と執筆。ローロッパへ戻ってものした『チャタレイ夫人の恋人』が
発禁処分となるなど、文壇の無理解もあり長編の筆を折る。
その他の代表作に『息子と恋人』『虹』『アメリカ古典文学研究』
『アポカリプス論』など多数。

「2015年 『ユーカリ林の少年』 で使われていた紹介文から引用しています。」

D.H.ロレンスのおすすめランキングのアイテム一覧

D.H.ロレンスのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『チャタレイ夫人の恋人 (新潮文庫)』や『ゲイ短編小説集 (平凡社ライブラリー)』や『チャタレー夫人の恋人 (光文社古典新訳文庫)』などD.H.ロレンスの全101作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

チャタレイ夫人の恋人 (新潮文庫)

488
3.52
D.H.ロレンス 1996年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

コニーは裕福な貴族クリフォード・チャタレイのもとに嫁いだ矢先、夫はすぐに戦場に赴き負傷し下半身不随となってしまう。若いコニーは心も体も満たされず心苦しい日... もっと読む

ゲイ短編小説集 (平凡社ライブラリー)

245
3.66

感想・レビュー

19世紀末から20世紀前半にかけての英米ゲイ文学の短篇を集めたアンソロジー。 O・ワイルド「W・H氏の肖像」「幸福な王子」 H・ジェイムズ「密林の... もっと読む

チャタレー夫人の恋人 (光文社古典新訳文庫)

60
3.92
D.H.ロレンス 2014年9月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

クリフォード・チャタレーの妻コニーは、“男と恋に落ちるには、まず言葉で親密な関係を築く必要(p21)”がありました。そのため、性生活をあまり重視しないクリ... もっと読む

ロレンス短編集 (新潮文庫)

43
2.91
D.H.ロレンス 2000年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

男女の関係を中心に扱った話が多い。読みやすいし、各話についての簡単な解説もあるので分かりやすい。 もっと読む

現代人は愛しうるか―黙示録論 (中公文庫 ロ 3-1)

30
3.22
D.H.ロレンス 1982年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

名著。名著なのだが、聖書のことを知らないと半分も(いや5分の1も)理解できない。つまり、ほとんど理解できなかったと云える。 それでも最終章の批評はず... もっと読む

D.H.ロレンス幻視譚集 (平凡社ライブラリー)

29
3.00
D.H.ロレンス 2015年9月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『息子と恋人』『チャタレイ夫人の恋人』で知られるD・H・ロレンスの幻想短編集。ロレンスと幻想小説という、なかなか結びつかない組み合わせが面白い。とはいえ基... もっと読む

二番がいちばん―ロレンスショートセレクション (世界ショートセレクション)

21
3.75
D.H.ロレンス 2017年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

訳者あとがき曰く、「何かのきっかけで一線を越えてしまった人間の、理性と狂気のすれすれのようなものが見えてきます。」 中年のおじさんなので恋だ愛だいう話はま... もっと読む

息子と恋人 (ちくま文庫)

18
4.00
D.H.ロレンス 2016年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

息子ポールの心は全て母のためにあり、満たす要素は母が完全に握っているという究極のマザコンぶりな息子と母の話。でも、息子と母ってやっぱり男と女なのかもしれな... もっと読む

翼ある蛇 (上巻) (角川文庫)

14
3.20
D.H.ロレンス 1963年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上巻だけでも400ページある、100年前のメキシコが眼前に広がるクラシックな長編小説。時系列が前後したり思わせぶりな謎が挿入されたりすることはなく、じわり... もっと読む

翼ある蛇 (下巻) (角川文庫)

14
3.20
D.H.ロレンス 1963年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「男女の関係はこうあるべき!」というロレンスの意図はよく伝わる終わり方だった。それが前に出すぎている気もするけれど、伝わってきたから成功なのだろう。新宗教... もっと読む

マンガ世界の文学 (3) チャタレイ夫人の恋人

8
4.00
D.H.ロレンス 1996年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

チャタレイ夫人の恋人はどんなものか初めてわかった。不倫愛だな。夫が実業家としての側面しかもっていなくて、チャタレイ夫人を満たしてなさすぎだわ。 もっと読む

シデムシの歌 (恐怖と怪奇名作集)

8
2.00

感想・レビュー

まぁホラーなんだろうけど・・・・ 正直あんまホラーじゃないなw← ってか学級文庫で見つけて読んだんだけどww(ぇ ・・・学級文庫にホラーなの... もっと読む

初稿 チャタレー卿夫人の恋人

7
3.00
D.H.ロレンス 2005年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白く読んでる。恋の表現、人間に対する洞察ともに色褪せることがない。 もっと読む

D.H.ロレンス紀行・評論選集 4 アメリカ古典文学研究

3
3.00
D.H.ロレンス 1987年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

土地の霊 ベンジャミン・フランクリン ヘクター・セント・ジョン・ド・クレヴクール フェニモア・クーパーの白人小説 フェニモア・クーパーの「レザーストッキン... もっと読む
全101アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする