F・W・クロフツのおすすめランキング

プロフィール

フリーマン・ウィルス・クロフツ(Freeman Wills Crofts)
1879年6月1日 - 1957年4月11日
アイルランド生まれ、イギリスの推理作家。アルスター地方で育ち鉄道技師となったが、40歳で病を患い入院。療養しながら記した『樽』を出版社に送ったところ採用、1920年刊行。名声を博し、推理作家デビューとなる。50歳まで本業の技師を続けながら兼業作家を続けていたが、体調悪化で退職して作家専業に。その後、英国芸術学士院の会員にまで上り詰める。
本格推理作家として、S・S・ヴァン・ダイン、アガサ・クリスティー、エラリー・クイーン、ディクスン・カーと並んで極めて高い評価を受けている一人。代表作に前述の『樽』『ポンスン事件』、フレンチ警部シリーズ『フレンチ警部最大の事件』『スターヴェルの悲劇』『マギル卿最後の旅』『クロイドン発12時30分』 など。

F・W・クロフツのおすすめランキングのアイテム一覧

F・W・クロフツのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『栞子さんの本棚 ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫)』や『樽【新訳版】 (創元推理文庫)』や『クロイドン発12時30分【新訳版】 (創元推理文庫)』などF・W・クロフツの全25作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

栞子さんの本棚 ビブリア古書堂セレクトブック (角川文庫)

1565
3.23
夏目漱石 2013年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本編をきっかけに、なかなか手に取ることのない名作に出会えるのが面白い。 「たんぽぽ娘」は本編で印象に残っていて、なるほど名作かなと感じた。50年も前に発... もっと読む

樽【新訳版】 (創元推理文庫)

500
3.74
F・W・クロフツ 2013年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数日かけてじっくりと読了。 なんだろう、物語はゆっくり進むし派手な展開もないのですが、それでもぐいぐい引き込まれる面白さがありました。 手に取ったきっか... もっと読む

クロイドン発12時30分【新訳版】 (創元推理文庫)

198
3.67
F・W・クロフツ 2019年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者、F・W・クロフツさん、どのような方かというと、ウィキペディアには、次のように書かれています。 ---引用開始 フリーマン・ウィルス・クロ... もっと読む

クロイドン発12時30分 (創元推理文庫 106-11)

111
3.45
F.W.クロフツ 1959年6月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

派手さは無いけど、じっくり読ませる感じ。 フレンチ警部は、コロンボの原型かな。 もっと読む

クロフツ短編集 1 (創元推理文庫)

84
2.95
F・W・クロフツ 1965年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

独身時代に何回も読んだ作品の再読。 コロンボ方式で、最初に犯罪が行われており、それを解き明かすフレンチ警視…という短編集。いろんな動機でいろんな殺害方法が... もっと読む

フレンチ警部最大の事件 (創元推理文庫)

79
3.24
F・W・クロフツ 1975年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

宝石店の支配人が殺され、宝石やダイヤが盗まれる。怪しい人物はどんどん現れるのだが、絞れずに肩透かしを喰らう。 それにしてもクロフツの描く刑事、穏やかで紳士... もっと読む

二つの密室 (創元推理文庫)

74
3.84

感想・レビュー

ある時、都筑先生の本で読んだ。 『本格ミステリ』の本格とは? いわゆる『本格』であればあるほど現実的では無くなる。 舞台を密室にすればするほど、「殺... もっと読む

ホッグズ・バックの怪事件 (創元推理文庫)

69
3.79

感想・レビュー

フレンチ警部シリーズ。引退した医師が突然姿を消す。フレンチ警部が、丁寧に丹念に、事件を追う。看護師の失踪など、新事実が次々と現れ、意外な結末を迎える。 もっと読む

シグニット号の死 (創元推理文庫)

54
3.60
F・W・クロフツ 1985年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1938年発表、フレンチ警部シリーズ17作。序盤は、過去の作品を擦るかのような、お決まりの展開に不安を感じる。しかし、過去の反省を活かして違った視点から事... もっと読む

フレンチ警部と毒蛇の謎 (創元推理文庫) (創元推理文庫 M ク 3-34)

52
3.67
F・W・クロフツ 2010年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フレンチ警部シリーズ第18作。倒叙の形を底本に、配役の妙技を絡ませつつ、いつものフレンチ警部らしい地道で堅実な警察小説まで盛り込んだ中期の意欲作。三大倒叙... もっと読む

死の鉄路 (創元推理文庫 M ク 3-13)

46
3.47

感想・レビュー

ホームズよりも、モースよりも、今はフレンチ警部に夢中! 理由は優しくて面白いからです! (幼稚園の時から変わらない、私が人を好きになる条件) こ... もっと読む

船から消えた男 (創元推理文庫)

42
3.89

感想・レビュー

1936年発表のフレンチ警部シリーズ第15作は、いつにも増して地味な色目の落ち着いた作品。決して犯人当てにフォーカスを当てることなく、淡々と物語は進んでい... もっと読む

四つの福音書の物語 (論創海外ミステリ 222)

32
3.00
F・W・クロフツ 2018年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ミステリ界の巨匠クロフツが、福音書を再構成し、イエス・キリストの伝記として再構成した1冊。ミステリではなく、ある種の翻案(リライト)であるだけに、まさか邦... もっと読む

樽 乱歩が選ぶ黄金時代ミステリーBEST10(9) (乱歩が選ぶ黄金時代ミステリーBEST10) (集英社文庫)

14
3.25
F・W・クロフツ 1999年6月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前鮎川哲也さんの「黒いトランク」を読んだ時に、このクロフツの「樽」に似ていると言われたとの本人あとがきがあったのでずっと読んでみたかった。 確かに似て... もっと読む

死の濃霧 延原謙翻訳セレクション (論創海外ミステリ 250)

10
4.00
コナン・ドイル 2020年4月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題作はホームズものらしいけど、こんなタイトルあったっけ? と思ったら、「ブルースパティントン設計書」のことでした。 ホームズものは他に「赤髪組合」もあり... もっと読む

2
F・W・クロフツ 電子書籍 2014年5月23日 ブックライブで見る ブックライブ ¥ 600
埠頭で荷揚げ中に落下事故が起こり、珍しい形状の異様に重い樽が破損した。樽はパリ発ロンドン行き、中身は「彫像」とある。こぼ... もっと読む
全25アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×