Foreign Affairs Japanのおすすめランキング

Foreign Affairs Japanのおすすめランキングのアイテム一覧

Foreign Affairs Japanのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『フォーリン・アフェアーズ傑作選1922‐1999―アメリカとアジアの出会い〈下〉』や『フォーリン・アフェアーズ・リポート2013年3月10日発売号』や『フォーリン・アフェアーズ・リポート2011年5月10日発売号』などForeign Affairs Japanの全57作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

フォーリン・アフェアーズ・リポート2013年3月10日発売号

8
3.50

感想・レビュー

アメリカのリバランシング戦略の目的は経済、外交、安全保障上の目的を網羅する包括的なもので、伝統的な同盟諸国とjの関係を強化することだけではない。中国を含む... もっと読む

フォーリン・アフェアーズ・リポート2011年5月10日発売号

8
4.00
マイケル・グリーン 雑誌 2011年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

モバイル市場におけるインドモデルと中国も出る。 アメリカの場合は、インドも出るに近い。 モバイル産業にとってはどちらがよいともいえない。 モバイルに... もっと読む

フォーリン・アフェアーズ・リポート2011年1月10日発売号

8
レスリー・ゲルブ 雑誌 2011年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現状のアメリカのパワーは、アメリカの助けがなければ時刻の問題を解決できないと考え共通の目的を達成するためにはアメリカの利益にも配慮しなければならないと考え... もっと読む

フォーリン・アフェアーズ・リポート2011年2月10日発売号

8
クレイ・シャーキー 雑誌 2011年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アメリカがソーシャルメディア・ツールがもたらす恩恵を長期的に確保できるとすれば、それが短期的な失望につながるとしても、SNSが公共空間に与える影響を、民主... もっと読む

フォーリン・アフェアーズ・リポート2010年12月10日発売号

8
4.00
ジョセフ・ナイ 雑誌 2010年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中国のアジアにおける台頭を前にすれば、インドと日本が対抗していくだろうし、これはアメリカにとって大きなパワー面での優位をもたらす。 もっと読む

フォーリン・アフェアーズ・リポート2010年1月10日発売号

8
カルロス・ゴーン 雑誌 2010年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

米中のBOPが急速に変化してきている。 中国はアメリカがこれまで経験したことのない知的課題を突きつけている。 バランスとリスクヘッジという言葉を用いて... もっと読む

フォーリン・アフェアーズ・リポート2010年2月10日発売号

8
ブルース・ジリー 雑誌 2010年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・サイバー攻撃に対する防衛策を。→読む。 ・アメリカ以外の国で21世紀にパワーを持つ国:ロシアは無理。中国もポールケネディは無理だと思っている。大国の興... もっと読む

フォーリン・アフェアーズ・リポート2011年11月10日発売号

7
アーネスト・モニズ 雑誌 2011年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アメリカと中国が明らかに異なる朝鮮半島の未来像を想定している以上、朝鮮半島を不安定化させる要因、それが米中関係に与える意味合いを再検証する必要がある。 ... もっと読む

フォーリン・アフェアーズ・リポート2012年9月10日発売号

7

感想・レビュー

韓国の李大統領は、竹島を訪問し、日本は歴史問題を含めて大国にふさわしい行動をとるべきだと示唆する発言をしたことで、李大統領は韓国の地域的、グローバルな利益... もっと読む

フォーリン・アフェアーズ傑作選2008~2009 金融危機と無極世界を考える

7

感想・レビュー

アメリカの指導者がソビエトを含む協調的な戦後秩序をつくるのをあきらめて、共産主義陣営に対抗するために民主国家との一連の同盟ネットワークの構築を模索するよう... もっと読む

フォーリン・アフェアーズ・リポート2010年5月10日発売号

7
3.00
リチャード・レビン 雑誌 2010年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どうすれば、専門知識そのものでなく、新しい情報をうまく九州し、問題を解決する能力を持てるように教育できるか。ニューマンは19世紀における教育哲学の先駆者だ... もっと読む

フォーリン・アフェアーズ・リポート2013年8月10日発売号

7
アダム・ポーゼン 雑誌 2013年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アメリカによる諜報活動はヨーロッパ市民にとっては何の利益もなく政治的に非常に攻撃的な正確をもっていた。実際、情報収集活動の対象とされた欧州理事会本部はEU... もっと読む

フォーリン・アフェアーズ・リポート2011年7月10日発売号

7

感想・レビュー

かつてビルクリントンはサイバースペースを規制し中国をゼリーを釘で壁に固定しようとするようなものだ、と揶揄したが、それでも中国の指導者はこの進化するバーチャ... もっと読む

フォーリン・アフェアーズ・リポート2012年4月10日発売号

7

感想・レビュー

中国のサイバーセキュリティ対策の目的は政府の正当性と統治を守っていくことにある。北京はワシントンと違って通信技術が社会の不安定化を増幅させる危険があること... もっと読む

フォーリン・アフェアーズ・リポート2012年11月10日発売号

7
ロバート・ロス 雑誌 2012年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アメリカ海軍がアジアの海洋における支配的優位を持っている以上、中国に対抗していく決意をもつ同盟諸国を支える一方で、海洋の領有権論争からは距離を置き、朝鮮、... もっと読む

フォーリン・アフェアーズ・リポート2011年6月10日発売号

6

感想・レビュー

アルカイダにとって厄介だったのは、アメリカへの最後の一撃を加えずにアラブ世界で変化が起きてしまったこと。 いまやアラブの若者たちは自由、平和的行動主義と... もっと読む

フォーリン・アフェアーズ・リポート2012年7月10日発売号

6
3.00

感想・レビュー

多くの人がイランは合理的思考を理解するプレーヤーではないと缶上げている。しかしそうした一般認識とは逆にイランの政策を決めているのはイスラム法学者ではなく宗... もっと読む

フォーリン・アフェアーズ・リポート2013年9月10日発売号

6

感想・レビュー

中国にしてみれば、もっとも厄介なのはアメリカのアジアリバランシング戦略が北京の多国間外交と貿易戦略に重なり合うこと。 アメリカは亜細亜での軍事的優位を維... もっと読む
全57アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする