J‐P・サルトルのおすすめランキング

プロフィール

J‐P・サルトル(Jean-Paul Charles Aymard Sartre)
1905年6月21日 - 1980年4月15日
フランスの哲学者、小説家、劇作家。20世紀を代表する哲学者・思想家のひとりで、「実存は本質に先立つ」と語り、実存主義思想の代表的哲学者とみなされる。そして、発言と行動が注目される知識人のひとりであった。フランスのみならず、日本でも大きな流行が起こり、多大な影響を各方面に与える。代表作に、『嘔吐』、『存在と無』、『実存主義とは何か』、『自由への道』など。

J‐P・サルトルのおすすめランキングのアイテム一覧

J‐P・サルトルのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『嘔吐 新訳』や『嘔吐』や『実存主義とは何か』などJ‐P・サルトルの全5作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

嘔吐 新訳

867
3.78
J‐P・サルトル 2010年7月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

プルースト作品を読んで興奮冷めやらぬ私は、気づけばまたプルースト作品を再読しはじめている。シシュポス状態に我ながら唖然とし――要するにキリがなく、それこそ... もっと読む

嘔吐

734
3.60
J‐P・サルトル 1994年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み始めて最初に湧きあがったのは「人は、氷が溶けるように、突然に変化するんだな。」という気持ち。 -10度から1度ずつ温度を上げても、氷はまったく変化し... もっと読む

実存主義とは何か

522
3.55
J‐P・サルトル 1996年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 自分が良いと思えることを、一人一人がベストを尽くして、頑張るうちに、なんとなく共通事項というか普遍的なものがないかどうか、よくよく考えていきながら、生き... もっと読む

サルトル全集 第9巻 ― 文学とは何か, シチュアシオン

12
5.00

感想・レビュー

「文学とは何か」を中心に。 詩的言語の批判、散文のengagementの必要性。過ぎ去った地点から分析的視点で死人としての文学を眺めるのではなく、同時代... もっと読む
全5アイテム中 1 - 5件を表示

J‐P・サルトルに関連する談話室の質問

ツイートする