J.クリシュナムルティのおすすめランキング

プロフィール

1895年、南インドに生まれる。神智学協会において来るべき世界教師としての教育を受け、〈星の教団〉の指導者となるが、1929年、「真理は組織化しえない。私の関心はただひとつ、それは人々を、完全に、かつ無条件に自由たらしめることである」として、同教団を解散。以降、あらゆる権威や組織によらず、独力で真理を探究することの重要性を説き、一自由人としてさまざまな講話や対話を行いながら世界各地を巡った。その一貫した懐疑の精神と透徹した語りは、幅広い聴衆に深い影響を与えてきた。オルダス・ハクスレーやデヴィッド・ボームをはじめ、交流を深めた知識人も多い。1986年、カリフォルニア州にて逝去。

「2021年 『〈生のアーティスト〉クリシュナムルティの言葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

J.クリシュナムルティのおすすめランキングのアイテム一覧

J.クリシュナムルティのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『子供たちとの対話―考えてごらん (mind books)』や『瞑想』や『クリシュナムルティの瞑想録―自由への飛翔 (mind books)』などJ.クリシュナムルティの全52作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

子供たちとの対話―考えてごらん (mind books)

146
4.23

感想・レビュー

理想を捨てよ。それは他者をを押し退ける暴力を生む。 ありのままの自分の心の動きを見つめること。 どんなに愚かで傲慢かを、ただ見つめること。 改善しようとす... もっと読む

瞑想

112
4.00

感想・レビュー

すごいです。 これを正しく理解できたら、覚醒してます。 瞑想の考え方が根底から覆されました。 薄い本ですので、いつも携帯しており、 空いた時間に繰... もっと読む

クリシュナムルティの瞑想録―自由への飛翔 (mind books)

100
4.00

感想・レビュー

タイトルにある通り、いかにして自由を達成するかを考えていく書。 著者のクリシュナムルティにある人が相談を持ちかけ、その質問に応える形で彼の考えが述べられ... もっと読む

恐怖なしに生きる

99
3.82

感想・レビュー

こうなりたいという気持ちが、恐れや恐怖を産む 恐れや恐怖を抱く心に愛はない。 はあ、果たして私は野心を手放せるか。 恐怖を観察する。 自分は恐怖と分離し... もっと読む

クリシュナムルティの日記

79
3.83

感想・レビュー

世の中には何種類かの問題があって 簡単な言葉でかかれた易しい問題 難しい言葉でかかれた易しい問題 難しい言葉でかかれた難しい問題 簡単な言葉でかか... もっと読む

時間の終焉―J.クリシュナムルティ&デヴィッド・ボーム対話集

79
4.44

感想・レビュー

おはようございます。 午前2時前からの朝活で、ようやく読破しましたので書評を書いてみます。 といっても、本書の内容に関しては非常に前提知識如何で解... もっと読む

生の全体性

67
3.58

感想・レビュー

貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_s... もっと読む

私は何も信じない―クリシュナムルティ対談集

40
3.93

感想・レビュー

読み始めたのは10月の19日か20日だった。私はクリシュナムルティの名前は知っていたが、いかなる人物なのか皆目見当もつかなかった。ところが、『Zeitge... もっと読む

最後の日記

38
3.44

感想・レビュー

楽だからと言って、人が言ったことを真に受けるんじゃなくて、ちゃんと自分の頭で考えて、自分の答えを見つけて、ぶれずにその生き方を貫くことが大事だということ。... もっと読む

生と覚醒のコメンタリー―クリシュナムルティの手帖より〈1〉

36
3.30

感想・レビュー

クリシュナムルティの本はどれも同じ、という話もよく聞きますが、これは別格。 自然描写とクリシュナムルティの言葉が交じり合い、素晴らしいハーモニーを醸し出す... もっと読む

自己の変容―クリシュナムルティ対話録

33
4.21

感想・レビュー

とても衝撃的でした。ひとによっては、それは屁理屈とも映るでしょうし、ただの意味のない言葉と映るかも知れません。 ただ、私の心にはしっかり届きました。もう何... もっと読む

自由と反逆―クリシュナムルティ・トーク集

26
3.50

感想・レビュー

何かに、何者かになることが、それとそれではないもの二元性を生み出すこと。そうではなく、げんにあるもののままでいる。気づくこと。が、自由。 もっと読む

生と出会う―社会から退却せずに、あなたの道を見つけるための教え

26
3.33

感想・レビュー

いかなる権力(政治、教育、宗教、両親、グル)からも支配されることのない観察から自分自身(思考、感情)の悲しみを知ることが大切。 もっと読む

生と覚醒のコメンタリー―クリシュナムルティの手帖より〈2〉

23
3.75

感想・レビュー

『生と覚醒(めざめ)のコメンタリー』はクリシュナムルティがノートに記したもので、登場する人物はいずれもクリシュナムルティのもとを訪れて相談した人々だと思わ... もっと読む

あなたは世界だ

20
3.43

感想・レビュー

 クリシュナムルティの華厳経(けごんきょう)に該当する作品。四つの大学で行われた講話が収められている。やや難解となっているのは、若き知性に対して真剣勝負を... もっと読む

生と覚醒のコメンタリー〈4〉クリシュナムルティの手帖より

19
4.00

感想・レビュー

 本書が最終巻である。原書は全3巻で、執筆されたのは第二次世界大戦中のことであった。ということは、40代のクリシュナムルティの言葉が描かれていると考えてい... もっと読む

クリシュナムルティの教育・人生論―心理的アウトサイダーとしての新しい人間の可能性

19
3.67

感想・レビュー

 クリシュナムルティのトーク(講話)、質疑応答と大野純一の解説で構成されている。質疑は教員から寄せられており教育論に重きが置かれているが、未来に対して何ら... もっと読む

生と覚醒のコメンタリー〈3〉クリシュナムルティの手帖より

15
3.67

感想・レビュー

 原書は3冊でそれぞれ1956年、1959年、1961年に刊行されている。がオルダス・ハクスレーが「なぜあなたは何か書こうとしないのですか?」とクリシュナ... もっと読む
全52アイテム中 1 - 20件を表示

J.クリシュナムルティに関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×