Jean M. Auelのおすすめランキング

Jean M. Auelのおすすめランキングのアイテム一覧

Jean M. Auelのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『大地の子エイラ―始原への旅だち 第1部 (上)』や『大地の子エイラ―始原への旅だち 第1部 (中) (始原への旅だち 第 1部)』や『大地の子エイラ―始原への旅だち 第1部 (下) (始原への旅だち 第 1部)』などJean M. Auelの全229作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

大地の子エイラ―始原への旅だち 第1部 (上)

92
4.10

感想・レビュー

ひとりぼっちになってしまったクロマニヨン人の少女が、ネアンデルタール人の部族に育てられる話。 このあらすじ(?)を読んだだけで、本文を読んでみたくな... もっと読む

大地の子エイラ―始原への旅だち 第1部 (中) (始原への旅だち 第 1部)

55
4.03

感想・レビュー

内容 紀元前約三万年、大地震で両親を失った新人クロマニヨンの子エイラは、旧人ネアンデルタールの部族に拾われ育てられることになった…。大いなる運命の下に生ま... もっと読む

大地の子エイラ―始原への旅だち 第1部 (下) (始原への旅だち 第 1部)

44
4.00

感想・レビュー

友達が貸してくれて読んだ本。すごく面白かった。続きが気になる。(大長編のほんの一部です。) 洪積世あたりが舞台。ネアンテルダール人とかクロマニヨン人... もっと読む

恋をするエイラ―始原への旅だち 第2部 (上) (始原への旅だち 第 2部)

41
3.94

感想・レビュー

上中下巻をいっきに読んだ。 自分の子ども家族も奪われ、氏族を追い出されたエイラが、悲しみと戦いながら生きていくための知恵をしぼって1人で生活をしていく。... もっと読む

恋をするエイラ―始原への旅だち 第2部 (下) (始原への旅だち 第 2部)

35
4.07

感想・レビュー

エイラは、プラウドが、氏族のリーダーになることによって、 「死の呪い」を受け、デュルクをおいて、 洞窟から離れざるを得なくなる。 氏族の中に存在していた... もっと読む

狩をするエイラ―始原への旅だち 第3部 (上)

32
3.75

感想・レビュー

紀元前35,000〜25,000年のころのヨーロッパが舞台の小説 かなり考古学的時代背景の中での物語なのに 人間関係の辻褄に疑問を感じてしまう 現代... もっと読む

大陸をかけるエイラ―始原への旅だち 第4部 (下) (始原への旅だち 第 4部)

25
3.78

感想・レビュー

壮大な物語。映画化なら大人になってからの「エイラ」は 「アンジー」かな。 もっと読む

大地の子エイラ〈中〉 (評論社文庫―始原への旅だち)

23
4.25

感想・レビュー

この本を読み出すと暫くして世の中は夏休みに入った。そうすると、小さな女の子がTシャツなどの薄着で巷に飛び回っているのを目にするようになる。その女の子たちが... もっと読む

The Clan of the Cave Bear: Earth's Children, Book One

6
3.20
Jean M.Auel 洋書 1984年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 拾われて旧人の社会で生きることになる新人類Aylaの苦労と、育ての親である旧人のIzaやCrebとの愛情。 そして、次期リーダーBroudからの執拗な憎... もっと読む

The Shelters of Stone: Earth's Children, Book Five

2
4.50
Jean M.Auel 洋書 2003年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

原始時代に生きたAylaの物語、第5作目。第1作目を読んだのが1984年で、4作目は1991年に発売され、その後随分待たされました。Aylaがやっと自分の... もっと読む

The Clan of the Cave Bear: The first book in the internationally bestselling series (Earth's Children 1) (English Edition)

2
Jean M.Auel 電子書籍 2010年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「洋書を読む会」17冊目 読了者  sakurako3、neginohana もっと読む
全229アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×