第1回「ブクログ大賞」 - 本好きのみんなが決める 本当におもしろい本

小説部門 大賞「植物図鑑」有川浩

近刊予告
  • 6月『クジラの彼』(角川書店・文庫)発売予定
  • 今夏予定『ストーリー・セラー』(新潮社・単行本)発売予定
小説部門のノミネート作品一覧

著者 有川浩さんからのコメント

 ちょうど道草狩りに一番楽しいシーズンでの授賞にご縁を感じます。嬉しく頂戴いたします。
 この作品は恋愛小説の態を取りながら実は「道草」の提案だったので、「狩りに行きたい」というご意見をたくさんいただけて嬉しかったです。また、「おいしそうな」小説も目指していたので、「お腹が空く」というご意見にガッツポーズをしました。
 作者が道草のほうにばかり愛を注いでいて主人公カップルは若干ほったらかし気味だったのですが、その分読者さんにたくさん愛情をいただいて、こんな幸せな登場人物は滅多にいないと思います。
 今年は「この週末こそ」と思いつつ寒が戻ったり天気が悪かったりでまだ狩りに行けていません。せっかく嬉しい賞をいただいたので、そろそろ始動したいと思います。読者の皆様もよい道草を。
 それではこの度は本当にありがとうございました。

ブクログ大賞運営者のコメント

有川浩さんの『植物図鑑』は、圧倒的な女性の支持を受けての受賞となりました。
有川浩さんの作品は、本作品以外にも『海の底』が文庫部門にノミネートされ、2009年のブクログランキングでその名前を見ない日はないというくらいの人気でした。
作品の発表のペースとクオリティの高さからファンは増える一方です!2010年も素晴らしい作品を出していただけますよう期待しております!

投票してくれたみなさんのコメント

  • 春の野山を散歩したくなるような、そんな作品です。甘い恋もしてみたくなるよ!
  • 雑草の知識とその雑草のレシピが小説内で載っているのでとても楽しめました。ちょっと河原とかに出て探索したいです。
  • 二人の甘い生活にドキドキします。そして、食生活を見直そうなんて思ってしまいました(笑)
  • 草食系男子ならぬ植物系男子!なんとも美味しいお話でした><笑
  • 最初はほのぼのとしているなって思っていたら、まさかのラストでした。
  • 主人公の二人の会話や行動にいちいちときめいちゃいました。でもただ甘〜いだけじゃない。無性にお散歩して、草花を摘んで、美味しい料理をしたくなります、ほんと。
  • 勉強にもなるし、実際に料理を試してみたくて、春が待ち遠しくもなる。2人の間が気になって、一気に読まずにはいられない素敵なお話でした。
  • 二人の恋がとても素敵です。何度読んでも涙が止まらないシーン、逆に展開が分かっているのに笑ってしまうシーンもあり、ぐいぐいと引き込まれる感じが大好きです。
  • 構成がずるいです。最後の2章は涙なしでは読めませんでした。これを読んだら野草狩りに行きたくなること請け合い。
  • 有川浩=ベタ甘恋愛だけだと思って敬遠してる人にこそ読んでほしい。
  • 甘い恋物語。久しぶりに夜更かしして一気読みしてしまいました。さやかとイツキのやり取りが可愛らしくて、心がモフっとなりました。