第2回「ブクログ大賞」 - 本好きのみんなで決める 本当におもしろい本

マンガ部門 大賞「保健室の死神」藍本 松

著者 藍本 松さんからのコメント

藍本松さん直筆のイラスト
ノミネートしていただけた時点で「まさか!」という感じだったのですが、 そこからまさか大賞までいただけるなんて本当に光栄です!皆様、ありがとうございます!とても嬉しいです。

うちの漫画はあんまりジャンプの王道って感じではなく、 結構好き嫌いの分かれる漫画だと作者自身思うのですが、 ひとりでも多くの方の本棚に「保健室の死神」がお邪魔できるよう 頑張って描き続けますので、ぜひこれからもよろしくお願いします!

ブクログ大賞運営者のコメント

連載が続けば続くほど面白くなる!と、着々とブクログ内で人気を伸ばしていた「保健室の死神」が漫画部門の大賞に輝きました。
魅力的なキャラクターで、20代以下の女性に高い支持を得ている作品です。作者の藍本松さんは2006年デビューのまだ23歳ということで、デビューから見守ってきたファンからの熱い応援も大きく貢献し、今回の受賞となりました。
『保健室の死神』の今後の展開はもちろん、藍本松さんの今年のご活躍を期待しております!

投票してくれたみなさんのコメント

  • 騙されたと思って読んで欲しい作品。最近のジャンプマンガの中で一番おススメしたい!まだまだ明かされていない部分もたくさんあるのでこれからの展開も期待できます。
  • ギャグだったりシリアスだったりしますが、中学生らしく思いやりのある人間に成長していく過程に感銘を受けます。
  • 個性的なキャラ満載で掛け合いが面白い!大人達も生徒達も生徒の兄弟姉妹達も皆好き!!
  • ホラーあり、笑いあり、ほのぼのあり、感動あり、安田あり!顔がホラーだけど心が超繊細な養護教諭ハデス先生と、彼を取り巻く常伏中学校の生徒たちの活躍が楽しめます。
  • 登場人物の子供たちがちゃんと「子供」で、大人に頼る姿がかわいらしい。そしてそれに応える先生たち「大人」もかわいい&素敵!応援してます!
  • 画力も高いですが、途中からどんどん話の構成力が上がっていった稀代の成長株。前作から知ってるけど、正直ここまで成長するとは思っていませんでした。最近掲載順位が危ういけど、シリアス展開に入ってきたので期待!
  • 19歳で週刊少年ジャンプに初連載。その画力は只者ではないと思っていました。この作品では人間の心理を鋭く描いており、これもまだ23歳とは思えないです。
  • 今までもおもしろかったけど、これからももっと面白い展開が期待できる漫画です!今ジャンプで一番好きです!!
  • ありがちな設定だけど全然飽きません。おもしろい!
  • シンヤちゃんのクラスあたりに転入してみんなをながめていたい。新展開もたのしみ!