【ポプラ社編】ブクログユーザーさん注目のおすすめ作品10選!

こんにちは、ブクログ通信です。

ブクログユーザーさんにおすすめしたい出版社別の作品紹介第9弾!
今回は、児童書や小説に強みを持つ出版社「ポプラ社」さんの作品選です。

ブクログユーザーさんがまだ目をつけていない作品を揃えましたので、これを機にどしどし本棚登録してみてくださいね。レビュー投稿もお待ちしております!

オフィシャルページはこちらから

ポプラ社おすすめ作10選

栗栖ひよ子『純喫茶またたび』
森田碧『余命一年と宣告された君と、消えたいと願う僕が出会った話』
なかえよしを『ねずみくんからのおくりもの』
小田真規子『午前7時の朝ごはん研究所』
彩瀬まる『なんどでも生まれる』
河邉徹『ヒカリノオト』
あばれる君『自分は、家族なしでは生きていけません。』
小野寺史宜『町なか番外地』
似鳥鶏『夏休みの空欄探し』
河邉徹『蛍と月の真ん中で』

1.栗栖ひよ子『夕闇通り商店街 純喫茶またたび』(文庫)

夕闇通り商店街 純喫茶またたび (ポプラ文庫)
栗栖ひよ子『夕闇通り商店街 純喫茶またたび (ポプラ文庫)
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

こんな喫茶店に行ってみたい!「夕闇通り商店街」シリーズ最新刊!

内容紹介

夕闇通り商店街にたたずむ、レトロな喫茶店「純喫茶またたび」。店主は蝶ネクタイをつけた黒猫で、お代は頼んだメニューにまつわる「思い出」を話すこと。懐かしい料理を通して「思い出」に隠されていた〈自分の心〉に気づいてゆく……。

著者:栗栖ひよ子(くりす・ひよこ)さんについて

茨城県出身。2018年『菓子先輩のおいしいレシピ』で「小説家になろう×スターツ出版文庫大賞」の特別賞を受賞し、書籍化デビュー。その他著者に、『天狗町のあやかしかけこみ食堂』『京の鬼神と甘い契約』『夕闇通り商店街 コハク妖菓子店』等がある。

栗栖ひよ子さんの作品一覧

2.森田碧『余命一年と宣告された君と、消えたいと願う僕が出会った話』(ポプラ文庫ピュアフル)

余命一年と宣告された君と、消えたいと願う僕が出会った話 (ポプラ文庫ピュアフル)
森田碧『余命一年と宣告された君と、消えたいと願う僕が出会った話 (ポプラ文庫ピュアフル)
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

永瀬廉さん、出口夏希さん主演の映画化で話題!待望のシリーズ最新作。

内容紹介

姉を「虫喰い病」で亡くし、希死念慮を抱く高校2年生の青野悠人。毎晩、死ぬ方法を考えつつ彷徨うと、公園で何度か同級生の古河桜良を見かけた。他人に興味を持たず、いつも教室でイヤホンをしている桜良だが、ある夜、悠人は彼女の涙を見てしまう。その後、自殺を決行するも生き残ってしまった悠人は、退院の前日、病院で桜良に出会い……?

著者:森田碧(もりた・あお)さんについて

北海道出身。2020年『死神の制度』で、「LINEノベル第2回ショートストーリーコンテスト」の大賞を受賞。21年『余命一年と宣告された僕が、余命半年の君と出会った話』でデビューし、22年に第17回「うさぎや大賞」で入賞を果たす。

森田碧さんの作品一覧

3.なかえよしを『ねずみくんからのおくりもの』(ねずみくんの絵本)

ねずみくんからのおくりもの (ねずみくんの絵本 41)
なかえよしを『ねずみくんからのおくりもの (ねずみくんの絵本 41)
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

大人気絵本シリーズ最新作にして、50周年記念作!

内容紹介

ねみちゃんへヒミツのおくりものに、チョッキとおそろいの赤いリボンを用意したねずみくん。でもそこへ、いたずらビムくんがやってきたので、さあ大変!「ヒミツならだれにもいわないよ」と約束しますが……?

著者:なかえよしをさんについて

1940年兵庫県神戸市生まれ。日本大学芸術学部美術科卒業。広告のデザイナーを経て、絵本作家となる。『いたずらララちゃん』で第10回「絵本にっぽん賞」を受賞。主な作品に、『ねずみくんのチョッキ』『こねこのクリスマス』『まじょとタイムマシン』等がある。

なかえよしをさんの作品一覧

4.小田真規子『午前7時の朝ごはん研究所』

午前7時の朝ごはん研究所 (一般書)
小田真規子『午前7時の朝ごはん研究所 (一般書)
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

人気漫画家のスケラッコさんによる豪華描きおろし!

内容紹介

最近朝ごはんを抜きがちな62歳のテツローさんは、ある日「喫茶きつね」という見慣れない喫茶店を見つける。そこはなんと「朝ごはん研究所」だった——?朝食は食事にあらず「パズル」なり。今日から「めんどくさい朝」と決別しよう!

著者:小田真規子(おだ・まきこ)さんについて

料理研究家、フードディレクター、栄養士。1998年に独立し、スタジオナッツを設立する。各媒体でオリジナルレシピを発表する他、料理本の出版、企業へのレシピ提案、商品開発・販促へのアドバイス、広告・宣伝用撮影のフードコーディ―ネートなど多数で活躍する。

小田真規子さんの作品一覧

漫画:スケラッコさんについて

京都在住。漫画家。著書に『盆の国』『しょうゆさしの食いしん本スペシャル』『バー・オクトパス』、絵本『マツオとまいにちおまつりの町』など。銭湯では電気風呂と水風呂が好き。

スケラッコさんの作品一覧

5.彩瀬まる『なんどでも生まれる』

なんどでも生まれる
彩瀬まる『なんどでも生まれる
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

本邦初、キュートでユーモラスなチャボ小説!

内容紹介

外敵に襲われ、逃げ出したチャボの桜は茂さんに助けられる。茂さんは、仕事も人間関係も不調で、東京下町の商店街で営む“ジイチャン”の金物店に居候している。そんな茂さんを外へ連れ出してくれる相手を探しに出かけた桜は、様々な出会いを引き寄せることに。

著者:彩瀬まる(あやせ・まる)さんについて

1986年千葉県生まれ。2010年『花に眩む』で「女による女のためのR-18文学賞」読者賞を受賞し、デビュー。16年『やがて海へと届く』で野間文芸新人賞候補、17年『くちなし』で直木賞候補、19年『森があふれる』で「織田作之助賞」候補に。著書に『あのひとは蜘蛛を潰せない』『骨を彩る』『川のほとりで羽化するぼくら』『新しい星』『かんむり』など。

彩瀬まるさんの作品一覧

6.河邉徹『ヒカリノオト』

ヒカリノオト
河邉徹『ヒカリノオト
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

ミュージシャンの経験を持つ著者ならではの、瑞々しい連作短編小説。

内容紹介

大ファンだったアーティストを担当するも、結果が結び付かず苦悩する若手レコード会社員、上司の期待に応えるあまり、心身を壊してしまった40代手前の女性、久々の恋の予感にときめくカメラマン、合唱コンクールで伴奏と曲のアレンジを任された女子高生、海辺の町のリサイクルショップで物を修理し続ける男性。彼らの人生の岐路に寄り添う一つの音楽が、場所や時間を超えて広がってゆく。

著者:河邉徹(かわべ・とおる)さんについて

1988年6月28日、兵庫県生まれ。関西学院大学文学部文化歴史学科哲学倫理学専修卒業。2009年にピアノ、ドラム、ベースの3ピースバンド「WEAVER」のドラマーとしてメジャーデビュー。バンドでは作詞を担当。18年、小説家デビュー作となる『夢工場ラムレス』を刊行。翌年、2作目となる『流星コーリング』で第10回「広島本大賞」(小説部門)を受賞する。

河邉徹さんの作品一覧

7.あばれる君『自分は、家族なしでは生きていけません。』

自分は、家族なしでは生きていけません。
あばれる君『自分は、家族なしでは生きていけません。
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

人気お笑い芸人・あばれる君初の家族エッセイ!

内容紹介

ひとり暮らしのときは家族の大切さなど考えたこともありませんでした。そんな僕に人間的な思いやりを教えてくれたのは、僕の妻と、息子たちでした——。

著者:あばれる君について

1986年生まれ。ワタナベエンターテインメント所属のお笑い芸人。中学社会科と高校世界史の教員免許を取得している。ピン芸人として数々のバラエティ番組で活躍。YouTube配信にも力を入れている。2024年5月に、自身初となるエッセイ『自分は、家族なしでは生きていけません。』を刊行する。

あばれる君の作品一覧

8.小野寺史宜『町なか番外地』

町なか番外地 (一般書)
小野寺史宜『町なか番外地 (一般書)
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

小さなアパートの住人たちが紡ぐ愛しい日々の物語。

内容紹介

マッチングアプリで知り合った二人目と別れたばかりの佐野朋香。妻とも娘ともうまくいかず、仕事も行き詰まる片山達児。むかしの仲間を若くして喪った青井千草。後輩の陰口にショックを受けて会社を辞め、半年が過ぎた新川剣矢。平凡な暮らしが揺れ始め、岐路に立つ四人は——。

著者:小野寺史宜(おのでら・ふみのり)さんについて

1968年千葉県生まれ。2008年『ROCKER』で第3回「ポプラ社小説大賞優秀賞」を受賞し、同作で単行本デビュー。著書に「みつばの郵便屋さん」シリーズ、『ひと』『ミニシアターの六人』『レジデンス』『タクジョ!』『銀座に住むのはまだ早い』『君に光射す』などがある。

小野寺史宜さんの作品一覧

9.似鳥鶏『夏休みの空欄探し』

夏休みの空欄探し
似鳥鶏『夏休みの空欄探し
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

謎解きの先で待つものとは?心を満たす青春恋愛ミステリー。

内容紹介

会員が2名しかいないクイズ研究会会長の高校2年生・成田頼伸(ライ)は、クラス内で「じゃない方」と呼ばれている。それはダンス同好会所属の人気者・成田清春(キヨ)がいるからだ。クラスでの「成田君」は、キヨのこと。そんな性格も対照的な二人が、ひょんなことから夏休みの間、謎解きに挑む姉妹を手伝うことになり——。

著者:似鳥鶏(にたどり・けい)さんについて

1981年千葉県生まれ。2006年『理由あって冬に出る』で第16回「鮎川哲也賞」に佳作入選しデビュー。「市立高校」シリーズ、「戦力外捜査官」シリーズ、「楓ヶ丘動物園」シリーズなどの人気シリーズの他に『難事件カフェ』『迫りくる自分』『きみのために青く光る』『シャーロック・ホームズの不均衡』『レジまでの推理~本屋さんの名探偵~』『101教室』『彼女の色に届くまで』『100億人のヨリコさん』『名探偵誕生』『叙述トリック短編集』『そこにいるのに』『目を見て話せない』『生まれつきの花 警視庁花人犯罪対策班』などがある。

似鳥鶏さんの作品一覧

10.河邉徹『蛍と月の真ん中で』

蛍と月の真ん中で
河邉徹『蛍と月の真ん中で
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

自分の居場所を求める若者たちの姿を瑞々しく描き出す傑作青春小説。

内容紹介

小さな地方都市で写真館を営んでいた父の影響で、カメラマンを目指すようになった匠海。父の死後、母との関係性が悪くなり、逃げるように東京の大学へ入学した匠海は、写真を学び始める。学費と生活費を稼ぐ毎日で何とか自分を奮い立たせる匠海だが、あるきっかけにより、大学休学を決意する。実家にも帰れず、かつて父が蛍の写真を撮影した長野県・辰野町を訪れた匠海は——?


今回は、ブクログがおすすめする作品10選【ポプラ社編】をご紹介しました!
気になる作品には出会えましたか?ぜひ読書生活の参考にしてくださいね。

出版社別特集はこちら