自分を好きになる!世界が広がる!小学生向けの課題図書5選

こんにちは、ブクログ通信です。

第69回「青少年読書感想文全国コンクール」の課題図書はもうチェックされましたか?
身近な問題を乗り越えるためのヒントに気付いたり、自分の知らない世界の広さを知ったりできる課題図書は、子供たちにとって素晴らしい読書体験となるのではないでしょうか。

今回は、コンクールの課題図書の中から、小学生向けの5作品をご紹介いたします!低学年のお子さんが本に触れ合う機会になるような易しい作品から、大人が読んでも感動する伝記まで。ぜひこの機会に、気になる作品を見つけてみてくださいね。

1.礒みゆき『それで、いい!』大切なのは「好き」を貫く心

それで、いい! (本はともだち♪ 26)
礒みゆき『それで、いい! (本はともだち♪ 26)
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

あらすじ

きつねは絵を描くのが大好き。いつでもどこでも、夢中で絵を描いていると、ある時、絵を展覧会に出すことを勧められました。森の仲間から「変な絵」とからかわれていたきつねは、皆を驚かせるような凄い絵を描いてやる!と意気込みます。ですが、何を描いても、それが本当に凄い絵なのか、段々と自信がなくなってきてしまいました。上手に、綺麗に描こうとすると、今度は絵を描くこと自体が楽しくなくなって……。「自分らしさ」に気付く優しい物語。

おすすめのポイント!

低学年向けの課題図書に選ばれたこの作品は、新しい環境で頑張る子供達に、エールを送るような内容になっています。先生や家族から褒められたり、仲間から認められたりするのはとても嬉しいことですが、そのために自分を曲げる必要はありません。自分のままで良い。自分の「好き」を大切にして良い。そんなことを感じ取ってほしい作品です。漢字はほとんどなく、可愛らしい挿絵も入っているので、一年生でもしっかりと自分で読める児童書になっています。

礒みゆきさんの作品一覧

2.高久至『うまれてくるよ 海のなか』鮮やかな写真から、生命の尊さを感じる

うまれてくるよ 海のなか
高久至『うまれてくるよ 海のなか
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

あらすじ

海の中には、沢山の生き物達が生きています。海のお父さん、お母さん達は、大切に大切に卵を守り育て、そして沢山の子供達が生まれます。それでも、大人になれる子供はほんのわずか。それを知っているから、お父さん、お母さんは、必死でお世話をしたり、敵に見えないように隠したり、時には自分の命を賭けてでも、卵を守っているのかもしれません。子育てする生き物達にエールを送り、赤ちゃんの誕生を一緒に喜んであげてくださいね。

おすすめのポイント!

人間以外の生き物に対する愛情を育むのにぴったりの作品。美しいカラー写真が、海の生き物をぐっと身近に感じさせてくれるでしょう。子供と一緒に読みながら、その子が生まれてくるまでの話や、命名などについて聞かせてあげると、自分も大切に守り育てられている存在なんだと感じられそうです。こちらも低学年向けの課題図書となっており、目で見てぱっと理解しやすい作品なのも魅力的です。水族館で出会える生き物も多いので、本を読んだ後に、実際に見に行ってみるのも良さそうですね。

高久至さんの作品一覧

3.ヘレインベッカー『化石のよぶ声がきこえる: 天才恐竜ハンター ウェンディ・スロボーダ』情熱が、挑戦する力を与えてくれる

化石のよぶ声がきこえる: 天才恐竜ハンター ウェンディ・スロボーダ
へレインベッカー『化石のよぶ声がきこえる: 天才恐竜ハンター ウェンディ・スロボーダ
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

あらすじ

探検が大好きなウェンディは、皆が気付かない素敵なものを見つける天才。面白い形をした石も、アオカケスの鮮やかな青い羽根も、ウェンディにとっては宝物です。そしてある日、彼女はとうとう、誰も見たことのない恐竜の化石を発見しました。白亜紀に生きた「ウェンディケラトプス」の化石を世界で初めて発掘し、その名前の由来となった女性恐竜ハンター、ウェンディ・スロボーダを描いた伝記絵本。巻末には女性古生物学者二人による対談を収録しています。

おすすめのポイント!

興味のある分野を突き進むことで、誰も到達できなかった場所までも辿り着ける。そんな希望を感じられる作品です。中学年向けの課題図書にはなっていますが、ウェンディが恐竜ハンターの道を進むきっかけとなった珊瑚の化石と出会うのは12歳の時。夢を見つけること、それを仕事にすることを考え始めた年頃のお子さんに、特に読んでほしい作品になっています。「好き」だからこそ、乗り越えられる壁がある。情熱を持つ全ての人に勇気をくれる伝記絵本です。

へレインベッカーさんの作品一覧

4.オンジャリQ.ラウフ『秘密の大作戦! フードバンクどろぼうをつかまえろ!』スリリングな物語を通して貧困を知る

秘密の大作戦! フードバンクどろぼうをつかまえろ!
オンジャリQ.ラウフ『秘密の大作戦! フードバンクどろぼうをつかまえろ!
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

あらすじ

一年前に父さんが家を出て行ってから、僕は母さんと妹のアシュリーと三人で暮らしている。母さんは看護師として働いてくれているけれど、食べ物に困ることは多々ある。だから僕たちは学校の朝食クラブや、「銀行」を利用していた。「銀行」というのは、食べ物の銀行、フードバンクのこと。親切な人達の善意で寄せられるフードバンクだけど、最近はあまり貰えなくなっている。どうやら「フードバンクどろぼう」がいるらしいと知り、僕達は調査を始めることにした。

おすすめのポイント!

食事が十分にあること、綺麗な衣服を着られること、快適な住まいがあること。どれも、当たり前ではないのだということを、主人公のネルソン一家を通して学べる内容になっています。中学年向けの課題図書にしてはヘビーな内容と思われるかもしれませんが、挿絵も多く、考える力を育む作品になっています。SDGsが授業で扱われ始めているため、関心のあるお子さんも多いかもしれません。躍動感ある物語を楽しみながら、貧困や、他者への思いやりの心を学べる作品です。

オンジャリQ.ラウフさんの作品一覧

5.松島恵利子『大地をうるおし平和につくした医師 中村哲物語』生き方に感銘を受ける!今、知っておきたい偉人

大地をうるおし平和につくした医師 中村哲物語
松島恵利子『大地をうるおし平和につくした医師 中村哲物語
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

あらすじ

「治療どころではない、まずは水が必要だ」。2019年、アフガニスタンの地で銃撃に倒れた医師は何故、井戸や用水路を作ったのか。内戦や干ばつによる飢え、病気に苦しむアフガニスタンの人々を前に、哲先生は白衣を脱ぎました。彼らの風土や文化、歴史に合った方法で、彼らが自分達だけで生きていけるようになるために、哲先生は途方もない偉業を成し遂げます。人々に寄り添うことに力を尽くした哲先生の生き方が心に刻まれる感動の伝記。

おすすめのポイント!

本作は高学年向けの課題図書です。ウクライナ侵攻に揺れる世界の中で、「平和とは何か」や、「命の尊さ」について改めて考えたい今、ぜひ読んでほしい作品。昆虫が好きな少年だった哲先生が、アフガニスタンでの活動を始めるに到るまでの経緯も丁寧に描かれています。哲先生の人となりを知りながら、世界のために何ができるのか、考えさせられます。中村哲医師がどんな人物かよく知らないという、中学生以上の学生や、大人にもおすすめしたい伝記となっています。

松島恵利子さんの作品一覧


「好き」の持つ大きな力に気付いたり、他者を思いやり、寄り添う心を育んだり。読書によって得られる知識が、人生を豊かにしてくれることは多々あるでしょう。子供も大人も、気になるものから手に取って、ぜひこの機会に読んでみてくださいね。