推理力をフル活用!おすすめミステリー漫画5選

こんにちは、ブクログ通信です。

思わぬ仕掛けで読者の意表をつくミステリー作品。みなさんもミステリーを読むときには、主人公と一緒に推理してみたりするのではないでしょうか?

今回ブクログでは、ブクログのみなさんにも大人気のミステリージャンルから、おすすめ漫画5選をご紹介いたします!気になる作品は、ぜひ本棚登録してみてくださいね。

1.青山剛昌/新井隆弘『警察学校編 Wild Police Story』(少年サンデーコミックススペシャル)

名探偵コナン 警察学校編 Wild Police Story (上) (少年サンデーコミックススペシャル)
青山剛昌『名探偵コナン 警察学校編 Wild Police Story (上) (少年サンデーコミックススペシャル)
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

あらすじ

警視庁警察学校の同期である降谷零、松田陣平、伊達航、萩原研二、諸伏景光。だが降谷を除く全員は、もうこの世にいない。ずば抜けた才能を持ちながらも、問題視されるほどクセのある個性の持ち主である彼らの、知られざる警察学校生活とは……?

おすすめのポイント!

ミステリー漫画といえば『名探偵コナン』は外せないでしょう。今回は、2022年4月15日より公開の劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』にちなんで、こちらの作品をピックアップしました。大人気キャラクター・安室透の過去を描いた本作は、警察学校を舞台に繰り広げられる様々な事情を抱えた同期たちの青春群像劇となっています。本作では、作者の青山剛昌さんが作画を務めておらず、再現度の高い絵柄がファンを驚かせました。安室さん好きの方は必見の作品です。

青山剛昌さんの作品一覧

アニメ化が決定したので購入した。もっと一話一話に連続性があるものと思っていたけど、意外とそうでもなく、、、警察学校って一人部屋なんだなーと思ったり。やっぱり警察官に憧れてしまう!

怜さんのレビュー

2.田村由美『ミステリと言う勿れ』(フラワーコミックスアルファ)

ミステリと言う勿れ (1) (フラワーコミックスアルファ)
田村由美『ミステリと言う勿れ (1) (フラワーコミックスアルファ)
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

あらすじ

冬のカレー日和。アパートに暮らす大学生の久能整(ととのう)は、材料のタマネギをザク切りしていると、突然やってきた警察官に任意同行を求められた。大学の同級生を殺害した容疑にかけられ、次々と犯行を裏付ける証拠を突き付けられる整だったが……?

おすすめのポイント!

菅田将暉さん主演の月9ドラマも好評を博した、田村由美さんの人気漫画です。何かと事件に巻き込まれる大学生の主人公が、持ち前の知識量と推理力で事件を解決してゆく本作は、少女漫画のような綺麗な絵柄に反した本格ミステリーで話題となりました。周囲にウザがられながらもシュールに蘊蓄(うんちく)を語る主人公の、どこか天然で掴みどころのないキャラクターが読者の心を捉えました。今後の展開にさらなる期待が高まります。

田村由美さんの作品一覧

この方の漫画はだいたい面白いです。昔の作品から。長編の方が面白いと思います。短編は、気楽に描かれているのかな、と思う感じもあります。この作品はドラマも素晴らしいですが、主人公はもう少しほわっとした雰囲気です。耳に痛い事を痛いと思わせない感じ。一巻は二つのお話です。どちらも面白く、考えさせられます。作者の方は、普段どんな事を考えてらっしゃるのだろう、と思います。必読です。

と窓さんのレビュー

3.石ノ森章太郎/三条陸/佐藤まさき『風都探偵』(ビッグコミックス)

風都探偵 (1) (ビッグコミックス)
風都探偵 (1) (ビッグコミックス)
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

あらすじ

小さな幸せも大きな不幸も運んでくる風の街「風都」。そんな風都にある「鳴海探偵事務所」の私立探偵・左翔太郎とフィリップの元には、今日も超常的な事件の数々が舞い込んで……?

おすすめのポイント!

桐山漣さん、菅田将暉さん主演の「仮面ライダーシリーズ」の最高傑作と称された『仮面ライダーW』。本作では、そんな『仮面ライダーW』のTV放送後の世界が、最強スタッフにより完全再現されました。そのクオリティは特撮ファンも大絶賛で、役者たちの顔に似せない漫画らしいキャラクターデザインも好評を博しました。「2人で1人」の仮面ライダーとして、探偵ものには欠かせない胸熱なバディ要素も含まれているので、特撮ファン以外の方にもおすすめしたい作品です。

石ノ森章太郎さんの作品一覧

どんな感じなのかなと、なんとなく読んでみたら、思いのほか仮面ライダーWで、とっても嬉しかった。ここに!翔太郎と!フィリップが!いる!!ほんとに続きなんだなぁ、2人の物語はまだ終わってなかったんだなぁと、感動しました。

さゆさんのレビュー

4.城平京/片瀬茶柴『虚構推理』(講談社コミックス月刊マガジン)

虚構推理(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
片瀬茶柴『虚構推理(1) (講談社コミックス月刊マガジン)
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

原作はこちら!

あらすじ

“怪異”の知恵の神になった少女・岩永琴子。そんな彼女が一目惚れした桜川九郎は、“怪異”にさえ恐れられる男であった!?推理、妖怪、都市伝説……果たして二人の恋の行方は?予測不能の物語が幕を開ける!

おすすめのポイント!

原作は、『絶園のテンペスト』の作者・城平京さんの人気小説です。第12回「本格ミステリ大賞」を受賞し、コミカライズ版、アニメ化と次々メディアミックスが展開されました。可愛らしい絵柄が印象的な本作は、義眼義足の主人公と不思議な力を手にした青年が、妖怪にまつわる事件を解決してゆくファンタジーホラーミステリとなっています。見た目に反した言葉使いと、おどろおどろしい妖怪にもロジカルに対抗する主人公の、初々しいラブコメディにも注目です。

城平京さんの作品一覧

まず、絵が好みです。妖怪ネタを使い、けどよくある退魔行となっていないのがいいです。しかも、現代世界を舞台にした小説で、ラブコメ要素も含まれており、とってもいい感じですね。もともと「絶園のテンペスト」が好きで、原作者に注目しており購入したのですが、コミカライズも最高にいい感じでした。妖怪とラブコメ要素が好きな方はぜひご一読を。

hachimamakkoさんのレビュー

5.知念実希人/緒原博綺『天久鷹央の推理カルテ』(KCx)

天久鷹央の推理カルテ (1)
知念実希人『天久鷹央の推理カルテ (1)
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

原作はこちら!

あらすじ

「診断困難」と判断された患者が集まる「天医会総合病院」統括診断部。河童に遭った、人魂を見た、突然赤ちゃんを身篭ったなどなど、摩訶不思議な“事件”に見舞われた人々は、ある“病”に犯されていた……!?その謎を、頭脳明晰な天才女医・天久鷹央が診断する!

おすすめのポイント!

原作は、『硝子の塔の殺人』『真夜中のマリオネット』の著者・知念実希人さんの小説です。本作は、知念さんの短編作品『泡 統括診断部の事件カルテ』に書き下ろしを加え文庫化、その後コミカライズ化されました。患者のわずかな症状から病名を言い当てる天才女医が、優れた診察眼で謎を解くメディカルミステリーの本作ですが、わがまま気質の主人公に振り回される後輩助手との掛け合いも絶妙で、医療系といえど堅苦しくなく気軽に楽しめることでしょう。

知念実希人さんの作品一覧

率直にとても面白かった。話が軽快で飽きさせることなく進んでいき、それぞれの話(患者の症例)の終盤には、「えっ、そういうことだったの!?」と、毎回驚かされる結末になり、気がついたら一冊読み終わっています。主人公以外に出てくるキャラクターもそれぞれに面白い個性があり、各話の裏にある共通ストーリーが進んでいくところも次の本が読みたくなる伏線にしてくれています。

幸せ読書さんのレビュー


みなさんいかがでしたか。気になる作品には出会えましたか?
ぜひ読書生活の参考にしてくださいね!