【子供編】男女ともにおすすめ!プレゼントしたい面白本10選

こんにちは、ブクログ通信です。

プレゼント選びって楽しいけれど何をあげようか悩みますよね。ここは一つ、貰った相手が楽しくなるような面白い本をプレゼントするのはいかがでしょうか。

今回は、男性にも女性にもおすすめのプレゼントしたい面白本を10選ご紹介いたします!
大人編】【子供編】と5選ずつご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.ヨシタケシンスケ『りんごかもしれない』

りんごかもしれない
ヨシタケシンスケ『りんごかもしれない
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

あらすじ

ある日、学校から帰ってきた男の子は、テーブルの上のリンゴに気がついた。そのリンゴを見た瞬間、男の子はふと考えた。「もしかしたらこれは、りんごじゃないのかもしれない」と……。

おすすめのポイント!

数々のヒット作を連発する人気絵本作家・ヨシタケシンスケさん初のオリジナル作品です。一つのリンゴをきっかけに、一人の男の子が豊かな想像を繰り広げてゆく発想絵本シリーズです。男の子がリンゴに対して「これはさくらんぼかもしれない」「家になるかもしれない」「もっと兄弟がいるかもしれない」と、どんどんどんどんユーモラスな発想にハマってゆく様子が、面白くも考えさせられる内容となっています。ほのぼのとした可愛らしい絵柄で描かれる、変幻自在なリンゴと男の子の姿が笑いを誘います。

ヨシタケシンスケさんの作品一覧

テーブルの上に置いてあるりんごから妄想が限りなく広がっていく、その広がり方が半端ない。どんな物もどんな事もついつい見える部分だけで判断しがちだけど、ちょっと見方、視点を変えるだけで全く違う物に見えてくる。宇宙的規模で広がっていく「かもしれない」が面白かった。

LULUさんのレビュー

2.ピエルドメニコ・バッカラリオ『13歳までにやっておくべき50の冒険』

13歳までにやっておくべき50の冒険
ピエルドメニコ・バッカラリオ『13歳までにやっておくべき50の冒険
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

あらすじ

真の勇者だけが達成できる50のミッション!果たしてきみには、このミッションをクリアする覚悟があるだろうか!?

おすすめのポイント!

世界で500万部を突破した謎解き冒険ファンタジー『ユリシーズ・ムーア』シリーズで知られる、イタリアの児童文学作家・バッカラリオさんらによるアドベンチャーガイドです。本作では、木登りや雪合戦、キノコの見分け方、はては魔法の薬の調合まで、アクティブからクリエイティブに渡る、多彩な50のミッションを提案してゆき、遊びを通じて子供たちの好奇心や行動力を伸ばしていく内容となっています。ぜひとも親子で一緒に、ミッションにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ピエルドメニコ・バッカラリオさんの作品一覧

日常の中で非日常を自分から求めること大人にはできない「無茶」をここですること私はこういう経験を、しただろうか、できただろうかこのあたりを許す親になりたい。子供の時にしかできない、広がっていく世界を味わうこと大切なことがこの本には詰まっている。

ひとこさんのレビュー

3.柴田ケイコ『パンどろぼう』

パンどろぼう
柴田ケイコ『パンどろぼう
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

あらすじ

ある日、「世界一おいしい森のパン屋」を見つけたパンどろぼう。「これは、いかにもおいしいパンを焼きそう!」と思ったパンどろぼうは、パンにまぎれて店に忍び込み、目当てのパンをかすめとった!期待に胸をふくらませ、大きなお口でパクッっと一口。果たしてパンのお味は……?

おすすめのポイント!

シリーズ累計50万部を突破した柴田ケイコさんの人気絵本です。発売から数ヶ月で第11回「リブロ絵本大賞」、第1回「TSUTAYAえほん大賞」のW受賞を果たし、話題となりました。食パンからネズミの目や手足が出た、シュールだけどとってもチャーミングな「パンどろぼう」が巻き起こす愉快な世界観が、子供たちの心をがっちりと掴みました。盗ってきたパンを愛でるパンどろぼうと優しいパン屋の主人のほのぼのとしたやりとりは、子供のみならず大人の方も思わず癒されてしまうことでしょう。

柴田ケイコさんの作品一覧

表紙がキャッチーで、本屋でとても気になり購入した絵本。絵とストーリーがとてもかわいらしく、心が癒された。パンどろぼうの正体は読んでビックリだった。こどもから大人まで楽しめる絵本だと思います。

なべさんのレビュー

4.山崎聡一郎『こども六法』

こども六法
山崎聡一郎『こども六法
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

あらすじ

いじめや虐待は犯罪です。ですが法律を知らない子供たちは、大人が助けてくれるまで一人で犯罪被害に苦しんでいます。もし法律のことを知っていたら、子供たちは救われるかもしれません。そのためには、子供たちや保護者、先生の誰しもが読めて、法律とはどんなものかを知ることができる本が必要なのです。

おすすめのポイント!

累計発行部数60万部を突破した、山崎聡一郎さんの子供向け法律解説本です。親子で読みたい本として話題を呼び、大好評につきコミカライズもされました。大人でも分からないことだらけの「法律」について、可愛らしい動物のイラストとともに子供たちにも分かりやすく説いた一冊です。子供たちに身近なイジメに関する事例をはじめ、罪の意識もなくついやってしまいそうな事柄にも着目し、それらがどういった犯罪行為に繋がるのかを解説して、子供たちに「自分がするべき行動」や「罪の重さ」を考える力を与えてくれる作品となっています。

山崎聡一郎さんの作品一覧

簡単な文章で書かれており、理解がしやすくなっています。実際に遭遇しそうな場面を想定して、挿絵もあるのでとても分かりやすいと思います。法律を知っておくことで自己防衛ができることは多くあるので、子どもが本を読めるようになったら絶対に読んでほしい一冊。強かに生きていってほしいので、この本を通じて法律を覚えてもらいたいです。

麦の海さんのレビュー

5.山本健太郎『文房具図鑑 その文具のいい所から悪い所まで最強解説』

文房具図鑑 その文具のいい所から悪い所まで最強解説
山本健太郎『文房具図鑑 その文具のいい所から悪い所まで最強解説
ブクログでレビューを見る

本棚に追加する!

あらすじ

小学六年生の文房具マニアの男の子が、夏休みの自由研究で作成した文房具図鑑!お母さんからもらった白紙の本に、一年間かけて丁寧に描きあげた。小学生と侮るなかれ、並々ならぬ文房具への知識量が詰まった、至極の文房具解説本。

おすすめのポイント!

小学六年生の健太郎くんが作成した、夏休みの自由研究が書籍化されました。題字から中の文房具の絵の全ては、健太郎くん直筆のイラストそのものが使用されています。小学生らしい絵柄に微笑ましさを覚える本作ですが、ありとあらゆる文房具を実物大で細部までしっかりと描写し、さらにはその特徴や使い心地の感想についてを詳しく説明した、立派な文房具解説本として仕上がっています。その並々ならぬ文房具への熱量に、プロの文房具ライターやマニアの方々も絶賛の声をあげています。自由研究に悩むお子様にプレゼントしたい一冊です。

山本健太郎さんの作品一覧

文房具好きにはたまらない一冊。ユーザー視点からの良い点も悪い点も惜しみなく描かれている。これほどまでに詳しく書かれている書籍は観たことがなく、イラストも大変良かった。メーカーからのコメントも魅力的。このクオリティを小学6年生の方が書いたとは…驚く限りです。

もっこすどっこすさんのレビュー

おわりに

今回は、プレゼントにおすすめの面白本をご紹介しました!
気になる作品には出会えましたか?ぜひ読書生活の参考にしてくださいね!
大人編】はこちら!